池田市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池田市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「池田市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「池田市」の項目を執筆しています。

池田市大阪府にある、歴史ある街。そして、池田駅前のマンションがここ十年で倍増するまでに増えたため、今や淀川区の三国と変わらない。

概要[編集]

池田市は豊能町と合併する可能性があった。全体の池田市の人口は103,000人。人口集中地区は98,600人。伏尾台の人口は5,600人。池田市街は93,000人。

人口密度[編集]

4,600人毎平方キロメートル。人口集中地区は9,400人毎平方キロメートル。

面積[編集]

22,09平方キロメートル。人口集中地区は10,5平方キロメートル。伏尾台の面積は1平方キロメートル。池田市街の面積は9,5平方キロメートル。  

地理[編集]

隣接する自治体は豊中市(千里ニュータウンのある大阪でも大都市といえる街。)、箕面市(新御堂筋の新船場南橋と新船場北橋の間に駅が設けられる他、かやの中央にも駅が設けられる。それは千里中央駅から北大阪急行が延伸されるからである。)川西市(元々池田市には池田駅高架化のついでに、阪急大丸などが設けられ、阪急池田駅は能勢電鉄の終点駅になるはずだった。しかし、栄町商店街の反対により、この街に百貨店をたくさん建てた。)そして伊丹市(この街伊丹市は、伊丹空港の入口以外が設けられている。)。有名な山として秦野鉱山という鉱山があり、その鉱山では鈴のような、きれいな石がたくさんとれる。気候は、大阪市と同じかそれより少ない積雪量である。石橋駅前の瀬川は昔、宿が存在したらしい。池田市北部の伏尾町には伏尾温泉という27度の温泉がある。掛け流しではないが、不死王閣の部屋から見た景色はとても良い景色。しかし、その景色の奥は伏尾台であり、がっかりする人も少なくないだろう。

そんな池田市の人口[編集]

我が池田市はとてもネイチャーな町であるが、アルビス五月丘団地、公団緑丘団地、阪急バス停八王寺一丁目の目の前にある、池田副都心の公団アルビス池田などがある。その影響で池田市の南部は93,000人まで上り、現在に至る。一時期、町おこしてるてる家族での自爆により全体の人口が98,000人ほどまでに陥ってしまった。我が池田市の人口は地球から七万分の一であり、太陽系から見てもそうである。そんな街我が池田市は惜しくも西宮市の人口密度、大阪狭山市の人口密度に敗れ去っている。我が池田市の人口密度は日本の市区町村では100位であり,その件に関してはとても有利である。しかも限定された地域では10,000人毎平方キロメートルを超えているのである。それは障害物二つのダイハツ工場を抜いた、南部の事なのだ。我が池田市の面積は22,09平方キロメートルであり、幅広い領域である。

産業[編集]

後述の企業のほか、植木産業が盛んであり、市内北部の片田舎で生産されている。ほかに日本酒も生産しているらしいが、伊丹のほうが有名。

歴史[編集]

呉織(クレハ)と穴織(アヤハ)織姫姉妹が中国の(戦艦大和の模型の無い方)からやってきて織物(おりものでは無い)をおったという言い伝えが残っている。

ひらがなで書けば「あやは」。「くれは」と小学生にしか見えないエロゲヒロインか、近年の夫婦が双子か姉妹の娘につけそうな名前をつけているあたり、当時の中国の先進性がしのばれる。

第一、穴を織るとかそんな名前の時点で大変エロく感じられ、ここから当時の池田市民はカルチャーショックを受け、潜在的な「萌え」「萌え」「姉妹丼」「はじめてのおるすばん」となってしまったようで、彼女たちを忘れられず、市内に伊居太神社・呉服神社を立てたという。

なお、池田市内の商店街「ハロー本町」では彼女たちをモチーフにした天井の看板があったが、かわいくない上、ちっとも萌えないので、区画整理の際に撤去された。

池田はその後、能勢豊能など山奥で取れた品を集積する陸上・河川輸送の拠点として発達したため、池田市民はそれらド田舎に対して差別的な感情を抱くが、近年はそれらド田舎がそれなりに発達したため、ゲシュタルト崩壊を起こしつつある。

なお、隣接する川西市はバルバロイの住む地として軽蔑されており、呉服橋以南は邪悪なものが渡ってこないよう軍行橋(かなり先)まで橋を架けていない。当然のことながら川西市は十分に発達したため、池田市など毛先ほどにも気にしていない。

第二次大戦中は一応アメリカが空襲に来たがあんまり被害は出なくて助かったようだ。

長らくロリ路線で進んだ当市がオーストラリア・タスマニア州のローンセストン市と姉妹都市になったことから、ローンセストン市から送られた動物を五月山の動物園という実際は強制収容所のようなところに監禁していたことから、市民から「獣っ娘萌え」と新たな属性を開花させ、現在は一番人気であったヒロインのウォンバットちゃんが 市民の紋章のように扱われている。

その後は何事も無く歴史が続いた。しかしながら、近年は隣の川西市に人の流れを奪われている。 元々、能勢電を阪急池田駅に繋ぐ計画だったが駅前の地元商店街が「人の流れが変わる」と反対し、ゴルフの打ちっぱなしの跡地に阪急百貨店を建てる計画だったが駅前の地元商店街が「人の流れが変わる」と反対し、どっちも川西能勢口に持っていかれて結局は人の流れも持っていかれ、今は商店街にもシャッターが目立つ。まずは地元に人を呼ぶという基本を忘れてしまった結果の貧乏くじとも言えよう。そして最後には、たいした戦国武将がいたわけでもないのに池田城をリメイクして市の経済状態をどん底に引き下げてしまうあたり、この市の住民の性格がうかがわれる。お目出度いんだか何なんだか。。。

池田市商店会連合会はびんちょうタンの友達のくぬぎタンの出身地として広報しているあたり、萌え属性はロリ化しつつあることが嘆かれている。

企業[編集]

こんな片田舎にも本拠地を構える稀有な企業が存在する。おそらく設立時に酒を飲んでいたか、何か弱みを池田市民に握られたのであろう。

大企業・ダイハツ[編集]

日本有数の大自動車製造企業であるダイハツ自動車の本拠地が存在する。大阪民国からの軍需産業摂取を懸念してから滋賀県の竜王第二工場に移動する計画があったが、池田市が「税収がへっちゃう!らめぇぇぇ!」と待ったをかけたかどうかは知らないが、今のところ、池田市内に存在する。

現在はトヨタに首根っこを抑えられ、細々と軽自動車を作っている。スズキは宿敵。

豊洲のあられ[編集]

ご存知アレである。最近はアラレを売るのみでは満足せず、あられを料理に用いて提供するレストランもあり、豊洲のアラレ好きには脱帽せずにはいられない。

日清とインスタントラーメン[編集]

安藤百福は自宅のある池田市でインスタントラーメンを発明した。俗に言うチキンラーメンである。これにより当時不可能とされていたものぐさな若者の一人暮らしが実用化され、下宿宿は大きな被害をこうむった。

池田銀行[編集]

阪急王国中央銀行であるが、都市銀行としての役割も兼ねている。中央銀行であるだけあって、当然他の都市銀行はおろかメガバンクとのしがらみすら一切無い。ところが、阪急側が勝手に消費者金融業を始めたことに業を煮やして、岸和田の泉州銀行と合併することにしてしまった。

阪急電鉄・阪急阪神ホールディングス[編集]

本店所在地である。その本店とは阪急池田駅で、阪急池田駅は特急停車駅である。阪急電鉄NO1と言える特別特急、特急日生エクスプレスが停車する阪急池田駅だが、乗車人員は特急日生エクスプレスが通過する阪急豊中駅と同じくらいである。阪急池田駅と隣の駅は全ての列車が必ず停車する。

大阪国際空港[編集]

大阪国際空港はかつて、池田・豊中と共に大きな領有権争いを起こしていたが、そこに伊丹市が自衛隊を率いて乱入、三つ巴の戦になる。時の大阪の使者春日歩と兵庫側の使者(委員長)が仲裁。

結局、三つの市が領有することとなったが、現在でもここはイスラエルのように争いが耐えない。現在のところ、略称が伊丹空港であるため、伊丹の勢力が強いといえる。

関西国際空港ができたので、重要性が少なくなり、逆恨みした豊中市民・伊丹市民と謀って関西国際空港を空爆しようと考えられたが、全員ヘタレだったので中止となった。

最近は箕面市の猿戦争への援軍として近所の新明和工業(旧川西飛行機)が暇つぶしで作った局地戦闘機「紫電改」を数機送り込んでいるらしい。

NHKドラマ・てるてる家族[編集]

いわゆる姉妹丼をテーマにしたパン工場の物語だが、池田市が舞台となっている。四人姉妹であるところからエロゲ・の影響ではないか?ともささやかれている(痕ほどレイプシーンが多くないという理由から近年は否定されている)が、姉妹萌えな池田市民にはおおむね好評なようだ(アニメ化が要請されている)。

阪神・淡路大震災[編集]

あまり被害は出なかった。やはり、大して強運ではないが悪運は強いようだ。

附属池田小学校[編集]

大阪教育大学附属池田小学校に殺人鬼タクマ・ジェイソン・マモルが乱入した悲惨な事件。これにより、防犯意識や危機管理が再度見直され、生徒児童にAK47・RPG7などで武装させ、攻撃ヘリ・ハインドなどで登下校させるなど重武装が進んでいる。

軍靴の音が…といった連中もいたが、Su27とT90、ツァーリ・ボンバで吹き飛ばした。

運動場地下にはF-22やSu-47を収納しており、マスコミのヘリの迎撃として使用している。

余談であるが、大阪教育大学自体はテレポーターの罠を外せず、壁の中に行ってしまったようで、現在池田には存在しない。 (ご冥福をお祈りします。)

関連項目[編集]