池田勇人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池田勇人」の項目を執筆しています。

池田 勇人(いけだ はやと、1899年明治32年)12月3日 - 1965年昭和40年)8月13日)は、日本政治家。半世紀以上前に、今日の飽食によるメタボリックシンドローム生活習慣病の危機を予見し、国民に麦飯を食べることを薦めたことで有名である。

池田勇人

来歴[編集]

広島の作り酒屋に生まれ、京都帝国大学(現京都大学法学部を経て大蔵省(現財務省)へ入省。大蔵省では病気もあって苦労が多かったが、1949年総選挙で初当選して衆議院議員になると、なんとその年いきなり大蔵大臣に大抜てきされる。どう考えてもこの抜てきのされかたは尋常ではないので、多分吉田茂の弱味をにぎっていたのであろう。 その後いろいろあって安倍ちゃんのおじいちゃんの後をひきつぎ掃除大臣になる。体調不良で入院中にもかかわらず、東京オリンピックを首相として天皇の次にいい席から観戦した後、閉会式の翌日に辞意を表明した。よほどオリンピックを見たかったのであろう。ちなみに後任は安倍ちゃんの大叔父。翌年死去。

活動[編集]

栄養学への開眼[編集]

彼が食品問題に目覚めたのは旧制高校在学中からであった。当初はまだ麦飯食ではなく、蕎麦食による栄養状態の改善を考えていたようである。アルコールの服用と蕎麦食の組み合わせは江戸時代以来の伝統的健康法である。この普及を図った彼は、自ら屋台を出店して、学友らにこの健康法をすすめた。残念ながらこの試みは経営上の都合により短期間で終わったが、この経験が後に国家的栄養改善事業への取り組みへとつながるのである。

経験による深化[編集]

大蔵省在職中、「世界に3人とかの」奇病に罹り、5年にわたって死の淵を彷徨った。その間、彼の母は献身的な介助に尽くし、民間療法を含むあらゆる治療法を試した。小骨と塩抜きの野菜を食べ続け、塩分ゼロの醤油を摂取したかいあってか、奇跡的な回復を遂げ、大蔵省に復職した。こうした経験が彼のその後の政策志向に与えた影響は極めて大きい。彼の食と栄養に関する見識は、個人的な信念と経験に支えられたものでもあったのである。

発言[編集]

以下に述べるように、現代であれば至極尤もで何ら非難されるところのない発言であるが、当時は理解されにくく誤解されやすかったためにいろいろと問題となった。時代を先取りしていたところから、実はタイムスリップした21世紀人であったとも言われている。

  • 「中小企業の五人や十人、倒産してもやむを得ない」
これは正確には「闇取引など正常ならざる経済原則に違反して、よからぬことをやった人間が倒産してもやむを得ない」という、現在のコンプライアンスの考え方を先取りした至極真っ当な発言だったのだが、なぜか前述のようなものであったとされ、それが元で通産大臣の職を失うこととなった。
  • 「貧乏人は麦を食え」
これも本当は全然違う言葉である。「所得の多い人は米飯と豊富な副食で栄養のバランスがとれた食事ができるが、そうでない人は米の飯では栄養素に偏りがでるので、米の代わりに麦を食べることで健康に留意してもらいたい」という意図の発言であったはずだが、マスコミによって前述のように報じられたために「貧乏人を差別するのか」と激しく糾弾されることとなった。昔の日本では脚気と結核は二大国民病であったが、麦を食うことで脚気が防げることは、当時としてはあまり理解されなかった。
  • 「浅沼稲次郎追悼演説」
彼は自由民主党の総裁であるが、右翼に暗殺された社会党の党首浅沼稲次郎の追悼演説を引き受けている。
「社会党の党首、諸君らが愛してくれた浅沼稲次郎は死んだ! なぜだ…
この悲しみも、怒りも、忘れてはならない! それを、浅沼は、死をもって我々に示してくれた…
国民よ!悲しみを怒りにかえて、立てよ国民よ!」
このような型破りな演説により、政権の危機は救われたと言われている。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
池田勇人が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。
この項目「池田勇人」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)