江戸

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「江戸」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
大江戸が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/都市伝説」へ収録されています。

江戸(えど)とは、かつて日本関東地方に存在した一大都市である。

ロンドンパリをも凌ぐ人口を有していて、現代の目からすると数奇な人間が多く存在した街であったことと、京都関西)方面からの侵略者(天皇同盟)により攻撃され、1868年に突如としてその姿を消してしまったことでよく知られている。

このいわば都市伝説と化したような江戸の消失事件は、今の日本では「1868年事件」とか「明治維新」と呼ばれている。

江戸の概要[編集]

江戸は平安時代に生まれた地名で、鎌倉時代以降に港がある地域となった。しかしまだ関東の一農村という感じが強く、ここが本格的に発展するのはこと徳川家康が入植するのを待つ必要があった。

彼はこと豊臣秀吉の謀略に乗せられる「ふり」をして、広い平野の真ん中という地政が気に入り、街をまるで化かしたかの如く関東の一大都市に作り変えて、中心には壮大な江戸城を建立した。

最盛期の江戸の街の姿は、まるで狸に化かされたかのような壮大さと優雅さを兼ね備えていた所であったといい、そこの住民は当時の欧米でもまだ見られなかった上下水道を活用していて、文字を読める人の割合(識字率)も世界のトップレベルに立ち、さらには道端に屎尿が撒き散らされていたパリベルサイユなどとは違って、汚物を金をあげずに(むしろくれた)処理してくれるがたくさんいて街の清潔さが保たれる、さらには公然と売春が奨励されるなど、当時の世界情勢からすればまるで桃源郷のような所だったといわれている。

この江戸の繁栄は、前述した西方からの侵略者によって滅びるまでの間、おおよそ250年以上は続いていたと噂されている。

江戸の歴史[編集]

室町時代まで[編集]

見よ!! これが偉人や凡人が憧れるピンクタワーだ。ってこれってあの建築物ですか!?

古代、江戸はここに都市を開発する見込みではなかった。なぜならこの地は山と川、それに血のついた地面が多く存在していたことからこの地が発展することはなかった。そして平安時代になっても、カール大帝が「ここに城を構えることは非常に危険じゃ」といって敬遠された。平清盛はこんな所、辺鄙だからよー住めんわーと言う理由でここに住むことを拒否した。

平清盛が死亡した後に登場したのが、時の戦士、チンギス・ハーンである。彼が全世界を支配しようとこの地域にも目を向けていた。そしてこの地方を制圧したときにはピンクタワーを作ってやると構想していた。しかし彼の計画は源頼朝によって挫折させられた。頼朝が「ようっ!! 笑ってよりとも」と言うキャッチフレーズでこの地域を支配していた。しかし彼の本拠はあくまで鎌倉でこの地域に目もくれなかった。当然のごとくピンクタワーをつくろうとは考えなかった。頼朝が死亡すると誰が誰だか支配したのか分からない時代になってしまった。いわゆる暗黒時代となってしまったのである。

しかし一部の歴史家はあっ、誰だ分からない人がここを支配するようでは編集を消しちゃえ~と勝手に黒歴史にしようとしたのだが、それを待ったをかけたのが太田道灌である。彼はそんなに歴史を消されちゃあ困るぜと言うような感じでここを支配していた。そして江戸と言う名前はかろうじて残ったのである。そして道灌はピンクタワーを作ろうとしたのだが、志半ばにして亡くなった。

戦国時代[編集]

そして時に戦国時代ここに拠点を構えた上杉某(上杉謙信ではない)や太田某がこの近辺を支配していたものの、武田信玄北条氏康等にあっさりと潰される悲劇が生じている。特に太田某は出てきてからすぐに滅亡される(1ヶ月もたたないうちに)悲劇も起こっているため一部のマニアには珍重されている。

太田某は1555年に「よっしゃー。俺が天下統一してついでに世界もしちゃうもんねー」と言ったものの、それを先に意識していた武田と北条が、ここにお前がいてもしゃーねーやろ、と武田信玄は甲州人なのに畿内辯をまくし立てて(この逆のパターンが小倉隆史だな)で太田某に向けた宣戦布告をした。一方の北条氏康も早く死ねよ、と半ばあきらめムードを送っている。運が悪く僅半年で太田は滅んだ。太田はピンクタワーを作ろうと絶対に作り上げようと考えていた一人である。しかし、太田某はピンクタワーってどんなものと判っていなかったようだ。

そしてこの地方は北条が支配することとなった。北条もピンクタワーを作ろうとしたのだが、当時の猿だった豊臣秀吉によってその計画は大きく狂って終った。豊臣の北条には容赦はしねーぜ作戦でピンクタワー建築は失敗、そして北条は滅亡した。秀吉はここにピンクタワーを作ろうと言うことも考えなかった。すでに秀吉は猿となっていたからである。猿となった秀吉は現在で言う韓国金王国に対してボランティア行為を行おうとしたのであった。秀吉はここにどでかい都市を作る必要はないよと江戸を放棄し掟を守った。

安土桃山時代から江戸時代まで[編集]

しかしその後、法を破った徳川家康が、江戸と呼ばれた農村地帯にお人よしにも住み着いて、広い土地だから発展が見込めると開発を行った事に、発展の礎がある。しかし、豊臣秀吉による半ば強制的な移住命令がなければ、日本の首都は京都のまま、それか大阪長浜であった可能性が高い。

そんな日本の首都に成りそうになった江戸は、桁違いならぬ基地外振りに発展する。江戸が滅茶苦茶発展したときは宇宙船やバイク、さらにはヘリコプターなども往来していたようだ。当時の江戸は郊外の田舎と違ってなんでも手に入ると言う特異な地域であった。そして、地方が飢饉に遭ったとしても特に何もなかったの様に食事をしていたりするなど、江戸は裕福な生活をしていた。

鎖国」の時代、幕府はピンクタワーを作ろうとは考えなかった。これを建築したらバベルの塔見たいに崩れてしまうぞと考えられたためだけでなく、江戸自体だめになってしまうのではないのか、と疑問に思われていた。そのためピンクタワーを作らなかった。

江戸の遺構[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「小江戸」の項目を執筆しています。

江戸は前述したように、1868年に侵略者の攻撃を受けてこの世から消失(核兵器でも使用したのか?)し、現在ではその姿を見ることは出来ない。消滅した理由として、徳川家康の魔術が説けた―すなわちそんな街など元から存在しなかったのだという説も、根強く残っている。

しかし日本各地に、この数奇な都市に住んでいた人々の末裔が作った街や建造物が存在する。これはムー大陸などと同様、日本の領土上に存在したという「伝説の地」に対し、強い親近感と羨望間を抱く者が多いからだといわれている。具体的には、以下のような所がある。

また江戸の街を「模倣した」ものをつくり、観光客集めに躍起になっている都市もある。以下が主なそれである。

関連項目[編集]

歴史の渦に巻き込まれる! この項目「江戸」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)