永田寿康

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この方は亡くなられました。謹んでご冥福をお祈り・・・申し上げたほうがいいでしょう、多分。
「こやつの爆弾メールは常勝織田軍の鉄砲隊に匹敵する」
永田寿康 について、織田信長
「メールの伏字には多分エロいことが書いてあったのさ」
永田寿康 について、オスカー・ワイルド
「お前はもう濡れている」
永田寿康 について、松浪健四郎
永田
永田裕志が血だるまになっているとき、永田町関係者の永田元議員は……

永田 寿康(ながた ひさやす、1969年9月2日 - 2009年1月3日)は、名古屋共和国出身の日本の政治家、元衆議院議員、元コメディアンであり日本を代表したコメディアン東京大学工学部卒。インテリ芸人の先駆けである。

菅直人の弟子である。その芸風は突っ込みたい相手に手製爆弾を仕込むというもので、巷では非常にデンジャラスな芸人として白い目で見られている。

様々な爆弾を持っているが持て余して暴発させてしまうことが多く、師匠の菅直人とともに自爆芸人と呼ばれている。また、折り紙作家としても知られ、特にエクストリーム折り紙の先駆者としては世界的に有名である。

名前をカタカナにすると「ナガタヒサヤス」となり、線を一本加えれば「ナガ死サヤス」となる。こいつが死ぬことはあらかじめ決まっていたんだよ! 「な、なんだってーーーっ!」

爆弾の種類[編集]

  • 野次を飛ばす爆弾
  • 他の議員に檄を飛ばす爆弾
  • 他の国に本物のミサイルを飛ばす爆弾
  • 自分の意見に反するものに対して爆弾を飛ばす爆弾
  • 芸能界に対して鋭いメスを入れる爆弾
  • 様々な怪我をする危険性を持つ爆弾
  • DHMOをかけられてもはじき返す爆弾
  • メール爆弾

と様々な爆弾を作って遊んでいたが終に自メール爆弾で自爆してしまい、それを期に芸人を引退してお遍路の旅へと出掛けた。その後の消息は不明である。一説には、師匠の菅直人と比べあまりに自分の芸の受けが悪く、デキの悪い弟子として師匠に申し訳なく、傷心のあまり師匠を見習ってお遍路の旅へ出たと言われる。しかし、その後は全くウケることがなかったため挫折してしまったようだ。

趣味は千羽鶴折り。自分が世話になっている組織の勝利のため折っているとされるが、未だにそれが実ったためしは無い。

2009年1月3日、福岡県北九州市八幡西区内で死亡している姿が発見される。福岡県警は現場を実況見分した結果、新年を迎えるにあたって永田が祝賀のために花火を打ち上げようとしたところ、間違って自殺爆弾のスイッチを押してしまったものと断定している。また、現場には彼が飲み干したとおぼしき焼酎の一升瓶が残っていたため、泥酔した状況で爆弾の操作を誤ったのではないかとされている。

新開発の爆弾[編集]

お金で魂を売ってるのは自分じゃないですか!爆弾

関係項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「永田寿康」の項目を執筆しています。