水野勝成

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水野勝成」の項目を執筆しています。

水野 勝成 (みずの かつなり、永禄7年8月15日 (1564年9月30日) - 慶安4年3月15日 (1651年5月4日) )は、戦国時代のサムライ、戦闘民族、キリングマシーンである。戦国DQN四天王候補に名前が上がるも、候補止まり、五人目の四天王扱いに止まった。

生涯[編集]

狂乱の御曹司時代[編集]

水野忠重の嫡男として生まれる。幼名は国松、通称は藤十郎。

初陣は天正7年(1579年)、高天神城の戦いである。城将は桶狭間の戦い後、負けた腹いせに、ただそこに城があったからとの理由で刈谷城を攻め、叔父を殺し、城を焼き払った岡部元信である。後詰がない城兵は城を出て戦った。勝成は憎き元信を狙うが、別の人物が討ち取ってしまった。仕方ないので、高天神城の城内にあった天神像を奪った。初陣で多くの首級をゲットした勝成は、織田信長から感状と左文字の刀を与えられた。これより、戦国時代が誇るキリングマシーンが本格的に稼動を始める。

天正10年(1582年)、信長死亡後、天正壬午の乱で徳川家康に属して戦った。特に黒駒合戦では、抜け駆けした鳥居元忠にお前の指図は受けんと勝手に戦闘を始め、多くの首級をあげて、武名を上げた。この戦果は置いといて、徳川軍諸将は思った。こいつのコントロール無理じゃね?

天正12年(1584年)、小牧長久手の戦いでは織田信雄に属して戦った。父と共に豊臣秀次を襲撃した際、眼痛で兜をつけなかったことをバカにされ、秀次軍に一番槍をつけて、そのまま家康軍に合流する。ひこにゃんこと井伊直政と共に戦い、DQN四天王東の鬼武蔵・森長可の消滅に成功する。これには敵味方関係なく大喜びし、その日は戦いなんかどうでもよくなり、祭りとなったという。

その後、睨み合いの対峙となり、暇を持て余した勝成は、女とイチャイチャする金をせびったが、忠重の家臣がいい返事をしないので、イラっとして殺してしまった。怒った忠重は、ありのままを出し過ぎる勝成にイラっとして、勘当及び他国への仕官禁止を命じる。放逐しちゃいけない獣を野に放つ。

千石フリーター時代[編集]

京へ出て、流行りの傾奇者として生きようと考えた。しかし、すでに前田慶次が傾奇者ポジを確立しており、勝成のポジションはなかった。殺害欲求に負けて、大喧嘩して大勢の人々を殺害して、何かスッキリした感じになった。

これを聞いた大名が勝成を求めたので、以後は戦国(千石)フリーランス(傭兵)として、俸禄千石をもらい、戦いに出て、仕事キッチリとこなした。放浪時代に仕えた主君も、仙石秀久豊臣秀吉佐々成政黒田長政小西行長加藤清正立花宗茂三村親成という錚々たる面々である。しかし、泳ぎ続けないと死んでしまうマグロのごとく、殺害し続けないとどうにかなってしまう勝成は、同僚・仲間を殺して、出奔するという属性を持っていた。

面目潰された主家は、追っ手を出すのだが、それは勝成にエサを与えるに等しかった。虚無僧となり、方々を流浪する勝成が歩いたあとには、斬殺された追手の死体が累々と横たわっていたという。放浪時代にあれこれと、やっちまった伝説を作っている。

新たな機能発見時代[編集]

あれこれしている間に、秀吉が死に、家康の元に参じた勝成は、父と15年ぶりに対面して、和解した…とされている。しかし、この通説には疑問が残る。家康についていってる最中、忠重が暗殺されたとの知らせが届いた。家康から刈谷城へ向かい、家督相続するようにと命じられる。

家督相続したばかりで、家臣にいいとこ見せないとと関ヶ原の合戦に出ようと意気込む中、家康から大垣城の抑えを命じられる。コントロール不能時、予測しえない行動取られる可能性大アリとの家康の判断だった。そりゃあねえよと抗議するが、無視して家康は関ヶ原へ向かった。

これでは家臣に示しがつかないと、勝手に大垣城を攻めることにした。勢い込んで攻撃を決めたはいいが、攻撃側が守備側より兵が少ないという無謀極まりない攻城戦だった。三の丸を落としたが、二の丸が落ちないので、放火して帰った。その間に関ヶ原の合戦は東軍の勝利に終わり、運のいいことに、放火によって大垣城が落城したと思い込んだ鬼島津は入城せず、結果、大垣城を開城させることができた。

勝手に攻めたんで加増はなく、代わりに日向守の官位をもらった。日向守は明智光秀のイメージが強く、呪いのアイテムのごとく、人々から避けられていた。しかし、勝成は喜んで日向守を名乗った。家康は光秀の武名にあやかれと、光秀所用の呪いの槍を与えた。これより鬼日向の渾名で呼ばれた。

慶長(1614年)からの大坂の陣に参戦し、大坂夏の陣では大和方面軍先鋒大将となった。その際、家康から「もう一軍の将なんだから、一番槍だの一番首だの、イキがったことするんじゃないぞ」と、大事なことなんで、二回釘を刺された。大和郡山で大野治房軍を覇気を使って追い払い、道明寺の戦いで後藤基次軍と戦った。戦いは激戦となり、滾ってきた勝成は家康の厳命をダチョウ倶楽部の鉄板ネタのフリだと考えた。そして先頭切って飛び出し、一番槍をつけた。ありのままの自分を見せた勝成に、縛るものなど何もなかった。追撃中、そこに食べ頃のオレンジが実っていたので、おいしくいただきました。明石全登軍との戦いでも、首級をあげて、敵味方関係なく、このキリングマシーンには立ち向かってはいけないと思った。

戦後、大和郡山6万石への加増転封を命じられる。ここで初めて、家康の言葉がガチな戒めと知った。大幅な加増を期待していた勝成は、関ヶ原、大坂と報われぬ現状、廃墟と化した大和郡山への罰ゲームのような転封に、ガチで家康を殺ってやろうかと考えた。そんな空気を読んだ徳川秀忠が、あのタヌキが逝ったら、いいとこに加増させるからと空手形を切った。これに勝成はしぶしぶ了承する。

家康が逝き、元和(1619年)、備後福山10万石の加増転封を命じられる。勝成の領地を確保するため、エクストリーム・御伽衆において不興を買った福島正則を改易しての加増転封であった。

ここで勝成は新たな才能に目覚める。シムシティの才能である。放浪時代に培った人脈、知識、経験を活かして、現在、広島県第二位の人口を誇る福山市を一から作り上げた、と言われている。しかし、この通説には疑問が残る。あまりの名君ぶりに、別のプログラムを組み込まれた、大坂の陣以後、別人に入れ替わった等の諸説が出され、周囲の大名たちは困惑した。

晩年時代[編集]

寛永15年(1638年)、島原の乱鎮圧のために九州以外の大名で唯一、参陣を命じられる。着陣した勝成は、軍議の席で皆殺しを主張する。これを聞いた諸大名は、「ああ、別人じゃないわ」と妙な安堵感を持った。総攻撃に際し、水野軍は最後列にいたが、味方、死体を踏み越えて本丸一番乗りを争った。

寛永16年(1639年)、隠居はしたが、隠居料を注ぎ込むほど、シムシティに没頭した。慶安4年(1651年)、戦国の世を好き勝手に渡り歩いたキリングマシーン・水野勝成は稼動を停止した。

人物・逸話[編集]

  • 前半生は高性能なキリングマシーンとして有名であり、数々の大名の元を渡り歩いた。多くの場合、千石で仕官しており、武辺者として高く評価されている。
  • 後半生は別人のごとく、名藩主として善政を行ったため、戦国DQN四天王入りを逃した。
  • 於大の方によれば、勝成はまともな部類らしい。この言葉から勝成以前の水野家当主は、彼以上のDQN揃いであることを示している。
  • 旅館に宿泊中、盗人に大小の刀を奪われた。逃げる盗人を追いかけ、勝成は全裸で追いかけた。盗人に追いつき、取り返した刀で盗人を殺害した。
  • 旅館に無銭宿泊中、旅館の子供が病気になった。勝成は垢を丸め、秘伝の丸薬を調合したところ、子供の病状は快方に向かった。喜んだ親は、勝成の無銭宿泊を許し、さらに謝礼を与えた。この薬の調合能力も勝成が大名らに引っ張りだこだった一因と言われる。
  • 呼吸するように殺人を繰り返した勝成であったが、中でも勝成自身、これは理不尽だなとの理由で殺された者が五人いた。この五人で結成されたのが、怨念戦隊ゴレイジャーである。勝成自身には祟れなかったが、後年、水野家を無嗣断絶による改易へ追い込んだ。
  • 仙養坊という法螺吹き名人がいた。この噂を聞いた勝成は、召し抱えようとするが断られてしまった。イラっとした勝成は「こんなホラ吹き野郎は生かしちゃおけねえ」と殺してしまった。
  • 大坂夏の陣で同じ大和方面軍に戦国DQN四天王北の政宗・伊達政宗がいた。道明寺の戦い後、追撃しようとけしかけるが、政宗は断った。しつこく勝成が言うので、政宗自身がやってきて、追撃要請を断った。これにイラっとした政宗は、その後の戦いで伊達軍の前にいた味方を全滅させた。この中に水野軍の一部が含まれており、勝成が家臣に与えた名馬が奪われた。その後、勝成は凱旋する伊達軍を襲撃して名馬を取り返した。これに伊達側から抗議の声は上がらなかった。
  • マジンガーZが好きで、主題歌の歌詞にある鉄の城に触発されて、福山城の天守閣に鉄板を貼り付けた。さらに秀忠に頼んで、伏見城の建物を移築させた。
  • 健康に気をつけていた風ではないが、健康志向の徳川家康(75歳没)よりも長生きした(88歳没)。長寿の秘訣について、勝成は「好き勝手に生きる」と答えたという。
  • 死の1年前、鉄砲を撃って見事に的へ命中させた。人々は87歳になってなお、ヒットマンのようなギラついた目つきの勝成に驚き、やっぱり立ち向かっちゃいけないと改めて思った。
  • ゆるくない一生であったにもかかわらず、現在は刈谷市のゆるキャラ『かつなりくん』として、活躍している。