水曜日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

水曜日(すいようび)とはなぜか夏になると大雨洪水が多い曜日である。なぜ、洪水が多いのかは不明。なかでも2003年の6~8月は大雨、洪水が6割を占め、その殆どが近畿地方で発生した。英語のWednesdayもやはりwater(水)が語源。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水曜日」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「水曜日」は何故かアンディクショナリーにも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

概要[編集]

水曜日は一週間の真ん中で火曜日木曜日の間にはさまれている。「週の真ん中水曜日、真ん中モッコリ」の発言を聞くために夕方無理やり早く帰ったせいで、先輩に後でボコられたりした思い出がある人も13万人くらいいるだろう。そんな水曜日も、土曜日月曜日よりはラッキーであると爆笑問題太田光は発言している。ただ、金曜日よりはあんまり運気が良くないとも発言している。

ちなみに、2006年の水曜日はいじめが多発していたので、苦しかった模様である。そのため、2006年の水曜日はあまり水曜日らしくなかった。

また、2007年の水曜日は先勝なので、午後はあんまり運勢が良くない模様だ。「24歳の水曜日」と「29歳の水曜日」といった物語もある。「29歳の水曜日」は映画化されたが、「24歳の水曜日」は映画化されなかった。しかし、「24歳の水曜日」はフジテレビの深夜ドラマ枠「ディビジョン」で2004年に放送された。

水と言えばDHMOの毒性も忘れてはならない。2002年アメリカで行われたマラソン大会でDHMOを大量に摂取しドーピングを行った選手が死亡したのも水曜日であった。同じくアメリカで2007年に水飲みコンテストで28歳の女性がDHMOを大量に摂取したことで死亡したのも水曜日である。

1週間のなかでもっとも辛いのも水曜日。月曜日は休みボケで過ごし、火曜日は現実社会に引き戻され、水曜日はリアルと向き合い朝から鬱。テレビも面白くない。小鹿が水曜に生まれた場合、産後に立てない可能性は95%であり、死を意味する。  ちなみに木曜は「あと一日…」と現実逃避の余裕ができ、金曜は休みの予定しか考えてない。 ただし、休みに予定がないことに気付き、むしろ鬱になる人もいるが、以下略。

休日としての水曜日[編集]

縁起を担ぐ風習の強い日本では、水曜日を定休日とする企業が非常に多い。そもそも水と言うものは昔から不吉なものとの関連性が強く、縁起物やゲン担ぎなどといったものとは相容れない関係なのである。

例を挙げると「水に流す」と言う慣用句がある。これは過去のことをなかったことにするという意味の言葉であり、契約がお流れになることなどを連想させるため、企業では縁起が悪いとされている。そのため、零細企業から一部上場の大企業に至るまで、水曜日を定休日としている企業は多い。

また、神主巫女、住職、イタコなどの霊的な要素に関わる職に就いている人々の間では水は霊的な力を高める触媒と認識されていることが多い。 現に水場では力の高まった悪霊によって水難事故が多発したり、霊的な抵抗力の低い人間が憑き物に憑かれたりする被害が多い。そういった被害を軽減するため、寺社仏閣の関係者や霊能力者は水曜日には仕事を請け負わないことが多いと言われている。

それ以外の場所でも、海や川に近いところでは雨による土砂崩れや津波などの水害を連想し、市民プールを見かければ溺死した子供のニュースを思い出し、定食屋でお冷を出されれば夏の車内で水も飲めずに熱射病で死んでいった幼児が脳裏をよぎるといった様々な要因で鬱病を発症する人が後を絶たなかったため、学校や公共事業までも水曜日は休みになっている。

関連項目[編集]