水曜どうでしょう

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
革命軍により使用された紋章。
革命軍は静岡でもトップニュースで報道される。

水曜どうでしょう(すいよう - )は、1996年より北海道にて勃発した、テレビ番組制作に対する革命運動、革命運動の作戦名称、及びその運動に携わった集団の名称。

時代背景[編集]

1990年代、日本におけるテレビ業界、特にバラエティ番組における品質の低下は予想以上の勢いで進行していた。お決まりのネタ、いちいちバカみたいにセリフをなぞるスーパー、緊張感の無い編集、そして変わり映えのしない出演者の振る舞い。日本国民の大多数が、大本営放送局が垂れ流すバラエティ番組のプロパガンダに対し飽和感を覚え、さらにインターネットの勃興なども影響した結果、国民はテレビ離れを起こす。しかし、既存の大本営放送局はそれらに対し何の解決策を用意できないまま、似たような番組を放送しつづけるにとどまっていた。

だが、このような大本営放送局の動きに満足しない地方のレジスタンスが存在した。北海道テレビである。大本営が早くから深夜帯で実験を繰り返していた『お色気路線』『ナンセンス』などの戦闘手法を貪欲に取り入れ、それまで大本営の傀儡政権でしかなかった地方放送局とは一線を画したプロパガンダ戦略を取っていた。しかし、他の傀儡局の攻撃や、特別警察として機能していたPTAの攻撃にあい、その戦力は縮小を余儀なくされる。気がつけば、レジスタンス活動に投入できる時間は、わずか30分のみになっていた。そんな時…、彼等が現れたのである。

惜しむらくは、彼等が革命を起こした後も、日本のテレビ業界は旧態依然でつまらないものしか作れないことである。10年以上経った今でもこの革命軍がバカ売れしていることからもそれは理解出来よう。

どうでしょう軍団(構成員)[編集]

得意技のダルマウィリーが炸裂!

にょういずみ[編集]

本名不明。日本のタレント俳優声優歌手エッセイスト神様冒険家料理人写真家登山家陶芸家バス芸人釣りバカカヌーイストミステリーハンターラリースト校長タレント議員ジャングルトレッキングガイド。コードネーム『スズムシ』または『バカ』。北海学園大学在籍時より学生運動団体『チーム・ナックス』に参加。既存の演劇団体との抵抗活動に身を投じる。その傍ら、北海道テレビのレジスタンス活動に共鳴し、1996年頃に挙行されたテロ活動『モザイクな夜作戦』に参加。自ら特攻隊長『元気くん』として前線に赴いた。現在は革命運動の成果が認められ、北海道民の英雄として絶大な人気を誇っており、『北海道のキラ星』の異名を持つ。持ちでギックリ持ち。愛用のジャケットは日本で買えば5~60万する「BALENTINO」(3万円)。愛用の靴は「雪面の飛魚」。
得意技は、ダルマを1基搭載したスーパーカブでウィリーしながら「安全第一」に突っ込んでいくこと。

デビュー作は東映『喧嘩の道 男の道』。『レイトン教授』シリーズの中の人でもあり、『ハウルの動く城』の案山子でもある。

つい最近は期間限定で坂本龍馬よる大政奉還目的のレジスタンス団体に饅頭屋・近藤長次郎として参加するも、やはり期間限定で現代に戻る羽目になってしまった。

普段はモンゴルに在住していて万一の襲撃に備え1人1つの家(ギリシャの神殿風大内裏、マーライオンつき)があり1000人のメイドからなるうずまきと両親と祖父の田吾作氏と一緒に暮らしているが、一度旅に出ると軽井沢でチャタレー未亡人と恋に落ちたり、アラスカで犬ぞりに乗っている最中アザラシの群れに襲われているアラスカの女(日系3世、ボルビック)を助け、一夜の恋に落ちるなど武勇伝には事欠かない益荒男。 ちなみに、神様であり成田山と仲が良い。

たっくん[編集]

本名不明。コードネーム『ミスター』。自称 『ハイパーメディアパーソナリティー』。1990年代前半よりレジスタンス集団『OOPARTS』を結成。ガラスの破片を使用した攻撃法を武器に武闘派集団として君臨し、北海道内の演劇勢力を掌握していた。OOPARTSを解散後、北海道テレビの活動に参加。軍事参謀として活動の中核を担う。特にモザイクな夜作戦においてその才能を遺憾なく発揮。のちの水曜どうでしょうにおいても参謀に就任する。「ミスターのいいじゃないか!ドクトリン」発布後は一線を退いており、その後も継続している水曜どうでしょう作戦においても一歩引いた布陣を敷き、戦地に赴いている。現在はやる気が少なくなったのか、作戦中に一言も言葉を発しないときがある。

また、甘いものが好きで好きで×7しょうがないため何度も敵襲を受け、そのたびに生き地獄を味わったことがある。それらの敵襲は、作戦名にずんだ餅などといった菓子の名前が付けられていたらしい。

ふじやん[編集]

本名不明。名古屋で小人から産まれたという噂がある。コードネーム『ヒゲ』または、『魔神』、他に『ゲンゴロウ』『』『カブトムシ』とも。水曜どうでしょうのリーダーであり、総司令官を務める。原付運転時には赤いヘルメットを装着。夫人と共に移動する際は馬車に乗る。大学を卒業後、すぐに北海道テレビの活動に身を投じる。入団当初は東京へ潜入し、傀儡局、及び大本営局へのスパイ活動を主な任務としていた。北海道に帰還後、たっくんと共にモザイクな夜作戦を開始。しかし、敵方の激しい反撃に遭い、一時撤退を余儀なくされる。だがこの敗戦の経験を元に研究を重ね、うれしーと共に水曜どうでしょう作戦の原型を開発。自ら実戦に投じた。現在も水曜どうでしょう作戦専任の総大将として、戦績を積み上げている。過去にシェフ大泉が家に乱入し、一家全員パイを御見舞いされ、名古屋の実家もお見舞いされた模様。 その戦果は水曜どうでしょう作戦内にとどまらず、NHKの番組に出て、相変わらず喋りっ放しだ(後述「大本営の動向」を参照のこと)。また、洗脳電波を半年以上受け続けた状態にもかかわらず、いい年こいた赤いおっさん軍による北海道テレビ奇襲作戦を単騎で打ち砕き、バカ輸送ルートをそのまんまなぞって千歳に送り返してみせた。 娘はスパイになるための英才教育を施され、隠密行動のために幼い頃から常に裸足で行動している。

うれしー[編集]

本名不明。コードネーム『先生』。以前よりフリーランスのレジスタンス活動を行っていたが、そのほとんどが戦況を見極めるための隠密行動だったため、世に知られるものは少ない。その後北海道テレビの活動に共鳴し参加。水曜どうでしょう作戦の重要な活動の一つである「撮影」関連の活動を一手に担う。水曜どうでしょう作戦の原型となるプランを最初に作り上げた人物でもあり、軍団内での信望は厚い。普段は温厚な性格だが、好物のクリームパンを奪われると抑え付けられていた破壊衝動が解放される。現在も戦場にてカメラを握り締め、どうでしょう作戦専任として活動を続けている。なお、先生はビデオカメラには大して興味がなく、寝ながらでも撮影できるという特技を持っているが、写真に関しては紙にまでこだわっている。

この他に準構成員として、同作戦の最前線で御旗を振る重要な役どころを務めるヤスケン(コードネーム『onちゃん』)、息を吹きかけることで雲を蹴散らせる森崎(コードネーム『リーダー』)、常識を逸するほどの派手な戦闘服を開発し、作戦を影から支えるコマツ(コードネーム『オヤビン』)などがいる。

概要[編集]

水曜どうでしょう作戦では、作戦を遂行する構成員4名を「どうでしょう軍団」、支持者を「どうでしょうバカ」「バカ」、同作戦へ資金提供を行う行為を「年貢を納める」、資金提供のため支持者がDVDを購入する行為を「討ち入り」と呼称する。

また、水曜どうでしょうの一連の作戦活動は、以下のような特徴を持つ。

  • 大胆、かつスピード感・テンポを重視したカット編集
  • どうでしょう口調と呼ばれる、独特の符丁、合いの手
  • にょういずみとたっくんの2名が出演者ながら、ふじやん、うれしーも声で画面に登場する。場合によってはふじやんの手まで見切れ、時には完全に映り混む(テレビ番組不文律の破壊その1
  • 無駄に力の入ったテロップと、それに反する気の抜けた効果音
  • グダグダなトーク
  • 主ににょういずみとふじやんとの間で交わされるケンカ
  • 破天荒、かつその場その時でゲリラ的に変わる番組展開
  • 地方のレジスタンス活動レベルの規模であるにも関わらず、世界各国へ旅に出てしまうダイナミズム
  • 映像が無いときはテロップでどうにかしてしまう大胆さ(テレビ番組不文律の破壊その2
  • 一つの作戦行動が何週に渡って決行されるか構成員にもわからないという、いきあたりばったり感(テレビ番組不文律の破壊その3

また、同作戦では北海道本土での行動と平行して、日本全国を対象としたDVD販売によるプロパガンダ活動を行っている。

撮影[編集]

水曜どうでしょうでは、作戦における重要な役割を果たす撮影活動において、以下のような特徴・手法がある。

  • MiniDVテープをメディアとするデジタルビデオカメラで撮影する。BetaCAMなんてもっての他。だってデカいもの。
  • 延々と風景を撮影する。出演者がしゃべってもいちいち話者の方へパンしない。
  • 半民生用のカメラを使用していることにより、レンズの効果で映像が「魚眼」っぽくなっているが、気にしない。
  • ふじやんの「拳」や『はい、キュー!』による「手」の見切れにも動じない。
  • 状況に応じて、出演者であるにょういずみやたっくんにカメラ撮影を任せる場合がある。

このような手法は、専任構成員であるうれしーによって開発された。影響の項目でも述べる他地方におけるレジスタンス活動でも同手法の一部が採用されている。また、2000年頃に決行された作戦『四国R-14』では、

  • 当初、照明は一般で販売されているライトや蛍光灯(もちろん全て構成員の私物)を使用していたが、最近では自動販売機の明かりを使うという合理化がなされている。
  • 地面と平行移動する映像の撮影は一般の台車やおもちゃの車で代用(大本営ではドリーと呼ばれる専用の台車を使う)。

などの手法が採用されている。

どうでしょう口調[編集]

水曜どうでしょう作戦の大きな特徴の一つとして挙げられるのが、作戦独自の符丁である「どうでしょう口調」である。作戦中に構成員がこの符丁を繰り返し喧伝し、支持者への浸透を図った。この符丁により、支持者・構成員の士気を高め、どうでしょう軍団への求心力・カリスマ性を高める効果を得たとされている。主な符丁は以下のとおり。

  • それ魅力
  • おい、パイ食わねえかあ
  • じゃじゃじゃじゃじゃあ(亜流として、もももももももももう)
  • ビシッ、バキッ
  • カチッ
  • なまら怖かったよ
  • バカ言うな
  • ~しなさいよ、~すればいいじゃないの
  • よく聞けぇ、ここをキャンプ地とする。
  • 小林製薬糸ようじ
  • エッチデーデー
  • みすた君を告発せざるを得ない。
  • 腹を割って話そう。
  • シカでした
  • ドゥッ チョラ シエナー ハー
  • 集え(魂心書体)
  • 撃つぞぅ
  • あははははは(悲痛の叫び)
  • はっぱむしです
  • 始めに「おすぎです」ってのはいらないから

また、このどうでしょう口調の中でも支持者から最も熱狂的に愛用された「一生どうでしょうします」は、同作戦の統一スローガンとしても使用されている。

来歴[編集]

同作戦は1996年より活動を開始した。当初は作戦自体の弱小な側面(当初は半年程度の作戦期間であると考えていた旨の総司令官ふじやんの発言がある)が災いし、さほどの戦績を得られなかったが、北海道テレビの他作戦の失敗とそれでも維持された野心的な戦略構想により作戦継続が決定され、これにより1998年頃になって活動に共鳴する大量の支持者が発生、急激にその支配地域を拡大した。さらに、北海道のみならず日本全国からも支持者が現れるようになり、北海道の国土約18%以上を掌握するに至った。以下、現在までの簡単な来歴について述べる。

1999年
北海道テレビから功績が認められ、同局におけるレジスタンス運動の中心に位置づけられた。同年12月15日には全軍一斉活動(作戦名『ゴールデンスペシャル』)を決行するも、返り討ち。
2000年
たっくんが独自のレジスタンス作戦『man-hole』を決行するため、戦線を離脱。 その間残された3名は、学生運動団体から発展し、レジスタンスとして同作戦に帯同していた『チーム・ナックス』と共に奇襲作戦『四国R-14』を決行。 また、鳥取砂丘を持ち帰るという略取活動を行う。
2002年
軍法会議において統一スローガン「一生どうでしょうします」を採択し、表上における作戦の終了を宣言。しかし、これは既存の傀儡局、大本営に対する情報かく乱作戦であった。当初9月4日を終戦、及び停戦協定締結日としていたが、同軍団は当時決行していた作戦『原付ベトナム縦断』の継続を突如発表し、敵方のみならず大多数の支持者をも煙に巻いた。この時にょういずみが、後世に残る名言「さすがはどうでしょう軍団、支持者をも騙す!」を残す。
2003年
DVD販売によるプロパガンダ活動を開始。また10月より、陽動作戦『蟹頭十郎太』を『四国R-14』のメンバーにて決行。
2004年
『原付ベトナム縦断』以降、沈黙していた同軍団が大規模作戦『ジャングル・リベンジ』を決行。水曜どうでしょうが未だ活動中であることを全国に知らしめる。これにより、それまで同軍団を完全に黙殺していた大本営テレビ朝日が水曜どうでしょうとの同盟締結を打診し、『ジャングル・リベンジ』にて部分的ながら合同での派兵活動を展開した。しかし、この作戦の後に双方の交渉は決裂するも、2007年になりようやく和解へ向けての交渉を行った。
2005年
実に2年ぶりの遠征作戦となる大規模作戦『牛追い祭り』を敢行するとジャングル・リベンジ終了後にアナウンスするが、それはまたしても大本営に対する情報かく乱作戦であった。当初、実際に総司令官ふじやん自らスペインへ斥候に赴き、スペイン遠征の準備を着々と進めていると見せかけながら、実際に決行された作戦は初の沖縄遠征であった。作戦名も決行日当日に『激闘!西表島』に変更されるという周到さで、いつものようににょういずみが騙された。一方で、総司令官が斥候に出た時点でその旨を聞いたたっくんは、スペイン遠征の情報は欺瞞であると見抜いていたとされる。さすがである。また、10月に北海道テレビが水曜どうでしょう作戦の一環として、北海道支持者一斉決起集会『UNITE 2005』を決行。北海道内外から45,000人もの支持者を動員した。
2007年
2006年に挙行されると思われていた大規模作戦は当初の予測をあざ笑うかのように2007年に敢行。作戦名も『ヨーロッパ20ヶ国完全制覇完結篇』と正式に公表された。2004年の項にも記したとおり、大本営であるテレビ朝日との和解交渉が再開され、その結果、関東地域限定という条件ながら2度目の合同派兵が実現した。一方、2000年の活動において行われた略取活動の不当性を訴えた怪文書が広範囲に出回り、結果、大日本帝国環境省より非難声明が発表される騒動が発生している。
2008年
この年もどうでしょう軍団としての正規活動は行われなかった。しかしどうでしょう軍団は水面下で新たな形での作戦展開を模索していたのだ。そして9月、北海道テレビ放送が結団40周年となるのを記念する形で、2000年以来となる奇襲作戦『歓喜の歌』を、今回は大本営局テレビ朝日の旗振りのもと全国同時決行するという快挙を、ついに成し遂げる。今回はチーム・ナックスの力は借りず、たっくんも限られた時間の中でなんとか参加にこぎつけた。
2009年
どうでしょう軍団の破竹の勢いは、もう何人にも止める事はできなかった。3月にはふじやんが、下記の通り国営放送で催された軍法会議に3時間も姿を現すという歴史的瞬間を迎え、4月からは大本営局テレビ朝日が、中心となる部隊ではなく別系統で組織された『BS朝日』、5月からは『テレ朝チャンネル』、なる部隊を動員する形とはなったものの、とうとう『水曜どうでしょう』本隊の指揮下による全国同時定期派兵を行う事を決定した。さらにふじやんは大規模作戦を本年決行することを複数回ほのめかしており、今後の動向にますます目が離せない情勢となっている。
2010年07月27日
どうでしょう軍団、4年振りの再始動を宣言。
2011年
『日本制覇』作戦開始。既に日本列島の大部分と世界各国に進駐した歴史を持つ彼らは、日本列島における積み残しを完全征服するため、重装甲車による最後の侵攻を行った。この作戦は過去最大規模の作戦であると折に触れてヒゲは公表し、実際にその規模はこれまでの最大である「対決列島」を凌駕し、放送用語でいう1クールにわたって行われた。また、有志の出資で全国どこにおいても参加できるシステムも初採用されたが、ずっと飢えていた藩士の特攻によりシステムの門扉が破壊されるという前代未聞の「アクトビラの扉が開かない事件」が起こる。また地デジ化に伴いうれしーの装備が一新されたが、うれしーの体がもたず途中でダウン。後半はこれまた史上初のHTBスタッフによる進行が行われた。
2013年
4月、約2年9か月振りとなる再始動。
7月、鳥取県民の抗議により長らく封印映像とされていた『西日本制覇作戦』の映像が、様々な大人の事情を乗り越え解禁される。
9月、8年振りとなる北海道支持者一斉決起集会『UNITE 2013』が決行予定。

影響[編集]

水曜どうでしょうが行った一連の作戦により、地方を舞台とした革命運動が連鎖的に発生し、その運動は全国へと波及していった。このことから一般的に、この一連の運動を『1996どうでしょう革命』と呼ぶ。また、水曜どうでしょう軍団の4名は同作戦の他にも様々な作戦や戦闘に参加し、その名を轟かせていった。

大本営の動向[編集]

直接の大本営局であるテレビ朝日は2000年代後半に入ってもこの作戦をほぼ黙殺していたが、にょういずみの人気に着目した他の大本営局であるフジテレビ日本テレビがにょういずみとの会談を実現させ、同局が展開する定期派兵活動や結団55周年記念作戦に従軍させるなど、その影響力が確実に日本全土に広がってきたことを受け、2009年にはBS朝日において全国同時定期派兵を開始するという大英断を下した。

また国営放送NHKは2009年3月、『日本の、これから』という、リアルタイムで実施される実験的作戦シリーズのとある回において、『テレビの、これから』という副題をつけて日本の軍事活動についての3時間にわたる軍法会議を行った際、全ての大本営局から派遣された士官級の軍人に混じってふじやんを参加させた。ふじやんは国営放送の大抜擢という期待に応え、大本営の士官をしのぐ存在感を全国に見せつけ、隠密活動を行っている日本中のレジスタンスたちに勇気を与えた。

他地方レジスタンスへの波及[編集]

水曜どうでしょうの一連の作戦は、同活動の特異な戦術、及びその多大なる戦果に影響を受けた他地方のレジスタンスが各地で一斉に蜂起するという相乗効果をもたらした。

主なレジスタンス運動に、CBCテレビのノブナガ作戦、秋田朝日放送のぷぁぷぁ金星作戦、tvkのsaku saku作戦、日本海テレビのDoubt!作戦、毎日放送のロケみつ作戦などがある。その多くは水曜どうでしょうの作戦プランを劣化コピーした程度のものに過ぎず、芳しい成果を得るにはいたらなかったが、その中でノブナガは既に大阪方面で大きな戦果を挙げていた大規模な民兵集団『吉本興業』の懐柔に成功し、saku sakuは水曜どうでしょう作戦展開以前より活動していた実戦経験値の高さと、リーダーである白井ヴィンセント(当初は増田ジゴロウと名乗っていた。コードネーム『黒幕』)の活躍により、一定の戦果を挙げている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水曜どうでしょう」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「水曜どうでしょうファン」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「水曜どうでしょう」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「水曜どうでしょう」の記事を執筆しています。

外部サイト[編集]