水族館

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水族館」の項目を執筆しています。
水族館
Aquarium Co., ltd.
種類 株式会社
設立 1882年4月1日
業種 小売業
事業内容 飲食店経営、食品加工・販売、
資本金 72億8577万円
従業員数 20,584人
主要株主 さかなクン 43.12%
マクドナルド 15.14%


水族館とは、などの海棲生物が泳いでいる水槽から、好きな食材を選んでその場で食べることができる海鮮レストランチェーン及び、それを経営する企業名である。

概要[編集]

水族館が生まれたのは近代ヨーロッパにおいてであった。週末になると当時の人々は水族館に行き、色鮮やかな熱帯魚を観賞しながら魚料理を食べて楽しんだ。新鮮な魚を目の前で調理して客にふるまう水族館は、魚の生食文化があった日本人にとっても大変親しみやすいものであったため、水族館は日本でも広まった。現在日本には100店舗近い水族館があり、日本人の腹を満たしている。

水族館では世界中のありとあらゆる魚を食べることができる。中には明らかに有毒そうな物や、明らかにワシントン条約に抵触する種が含まれているが、どうしてそのようなものを食べることができるのかについてはお察しください

システム[編集]

水槽の前で自分が食べる魚を選ぶ水族館の客

魚類、貝、カニなどの場合[編集]

客はあらかじめ、自分の選んだ食べ物を置くと、飲み物用のコップ、魚取りを持って入場する必要がある。ご飯は水族館の中で無料でもらえるため、あらかじめ用意する必要はない。ご飯の場所が分からない場合には近くの係員に聞くとよい。玄関では入場料を支払う必要があるが、これにより小型の魚1匹が無料で食べられる。入口から入ると、様々な地域に分布する様々な種類の魚が水槽に入っているので、進行方向に沿って見て回る。自分の食べたい魚が決まったら、近くの係員に魚の種類を言う。魚介類を調理してほしい場合には、このときに料理の種類を言っておく必要がある。

小型、あるいは中型の魚介類の場合、領収書が渡されるのでそれを受け取る。そうすると係員が水槽から救いあげ、あなたの持ってきた皿に新鮮な魚介類を乗せてくれる。近くに係員がいない水族館もあるが、その場合はセルフサービスであるので、自分で水槽の近くに行って魚取り網で魚をすくう。出口の近くにレストランがあるので、そこで調理をお願いし、領収書を受け取ることになる。大型魚の場合には、係員に先に現金を渡す必要がある。

近年では係員の代わりに無人販売の形態をとっている水族館もある。その場合には、水槽の前に押しボタンがあるので、ボタンを押す。すると魚類についての説明がなされるので、説明が終わった後に魚の種類と数量、調理方法を機械に向かって大声で言えばよい。

哺乳類の場合[編集]

哺乳類の場合、1日に数回「ショー」と銘打った競売が行われるので、そこで購入することになる。ショーの中では、係員がイルカアシカなどの動物たちに様々な動きをさせるので、客はどの個体が新鮮であるのか品定めをすることができる。ショーが終わった直後から競売が始まる。このとき、一番活きのいい個体は競争率が高くなるので、中くらいに活きのいい個体の競売に参加したほうが安上がりで得策である。競売参加者は、提示する金額が決まった場合、ステージ上の係員に向かって大声で「その個体を○○円で売ってください」と叫ぶ。競売は最初の提示価格に左右されることが多いので、ショーが終わったら真っ先に叫んだほうがいいだろう。見事に競り落とした場合には、現金を支払った後に調理方法を伝えると、レストランに案内されて料理を食すことができる。

有名な水族館[編集]

美ら海水族館

沖縄の水族館らしい様々な熱帯魚に舌鼓を打つことができる。水族館の目玉は、世界最大の魚類であるジンベイザメや体長1.5メートルを超えるマンタで、ジンベイザメの活け造りは人気ナンバー1メニューとなっている。

加茂水族館

山形県にある、世界でも珍しいクラゲをメインに据えた水族館である。水族館の中では様々なクラゲが販売されているが、そのクラゲの中からえりすぐりのものを用いたクラゲコースが一番の人気メニューである。

関連項目[編集]


この項目「水族館」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)