水戸黄門

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水戸黄門」の項目を執筆しています。
水戸黄門。

水戸 黄門(みと こうもん)とは、日本の私設軍の代表者である。中華マニアで、ラーメン餃子朱舜水の紹介ではじめて食べた日本人でもある。水戸拷問ではない。

概要[編集]

一般的な水戸黄門の武装

実在の人物である徳川光圀がモデルとされるが、名前以外は一切関係がない。

日本各地を巡回しており、官僚の不祥事を捜索してはこれを武力で制圧してから説得するという治安活動を行う。直近の部下である佐々木助三郎および渥美格之進ともに3名による1個班編成で行動することが多いが、作戦によっては風車の弥七うっかり八兵衛らとともに小隊以上の編成を執る場合もある。

年齢は不詳だが、頭髪、眉毛および髭は完全な白髪であり相当な高齢であると推測される。心身ともに健康で、日本国内を徒歩で移動するほか、徒手または杖を用いた棒術の類の格闘技能を有する。

作戦[編集]

捜査[編集]

捜査段階では、自らを「縮緬問屋のクソジジイ」と称し素性を秘匿して目標に接近することが多い。

捜査は、主に被害者や周辺人物からの事情聴取からなる。また、部下数名をもってして夜間に目標陣地内に潜入させて現場検証を行い、証拠などを確保する。潜入経路は目標陣地の屋根が多用される傾向にある。潜入または離脱の際に治安当局に発見された場合は、市街地であっても戦闘をためらわず強行突破を試みる。これは100%に近い成功率を誇る。

制圧[編集]

捜査を終了すると制圧の段階に移行する。

武力行使は、暗殺のような非合法な手段が用いられることはなく、相手に先に攻撃させてからそれに反撃するという正当防衛の手順をとる。これは、あくまでも日本は法治国家であり憲法以下の法的条件を回避する手段である。攻撃号令としての定型文があり「助さん、格さん、懲らしめておやりなさい!」などである。

戦闘は、刀剣または徒手による近接戦闘が中心で、決まって目標陣地内で行われる。一般に捜査に投入された人員は引き続き戦闘にも動員され、戦闘のみに参加する者もいる。作戦の全行程で戦闘に投入される人員が最多であるが、戦力は相手よりも必ず少なくなければならないという不文律がある。戦闘は数分の至短時間で決着させる。また、水戸黄門が戦闘に参加するとき杖は常に刀より強いし健康な若者に老人の水戸黄門が勝る。

なお、ジョージ・ルーカスによるスター・ウォーズシリーズのライトセイバーによる格闘は、これらの戦闘シーンを参考に撮影されたといわれている。

説得[編集]

化学剤を充填した印籠

作戦開始から概ね45分後、「助さん,格さん、もういいでしょう」の合図をキッカケに複数回「控えい」と発声したあとに「この紋所が目に入らぬか!」と誰何し、護衛役の渥美格之進が印籠を掲げ説得にあたることが定められている。

印籠は、当初はその名が示すように印鑑および朱肉を携行する容器であったが、江戸時代からは薬品や化学剤が充填されることが多くなった。このためジュネーブ条約で制限されている大量破壊兵器ではないかとして使用の是非をめぐる議論があるが、抑止力を期待した使用ならばジュネーブ条約に違反しないという説が有力である。

説得は、目標および被害者など関連人物を召集し、模擬法廷の様態をとる。ただし、被告人弁論が行われることはなく判決文のみを言い渡すといった、非常に簡略化されたものである。

真の正体[編集]

徳川幕府という中央政権の一員でありながら、地方政権有力者と地方の財界有力者との商談を身分を隠して調査・妨害・処罰することから、地方分権反対活動中の秘密警察との疑いも一部では囁かれている。

プレスリリース[編集]

すでに1000回以上の作戦に成功しており現在も活動中であるが、その部隊行動がTBS系列以外の報道局で公表されることはない。


歴代の見て肛門[編集]

初代 - 東野英治郎
以前は悪行を繰り返しており、かなりグレていた。特に二次元の世界では山椒大夫として人身売買を行うなど非道の限りを尽くした。当人もその当時を「外道の所業」と述べて反省している。
「東野英治郎のやつ、二次元を批判しおって、けしからん!」
東野英治郎 について、磯野波平
「はっきりしろ、大カス!!」
東野英治郎 について、TBS
2代目 - 西村晃
若い頃は神風特攻隊員として特攻出撃、敵空母20隻を体当たりで撃沈して生還した暴れ者。二次元の世界では複製人間としてとある有名な大泥棒と戦う。
3代目 - 佐野浅夫
影が薄い。
4代目 - 石坂浩二
デビュー直後は徳川綱吉と仲が悪かったことは今や黒歴史。お宝の鑑定を見学するのが大好き。引退後は伊達政宗と共に外様・親藩の枠を超え国営航空会社の不正と戦う羽目になる。その後、警察庁次長になった。
5代目 - 里見浩太郎
その戦闘力は歴代最強なのではないかと言われる。実は彼のみ父親が徳川頼房ではなく、三代将軍家光の弟忠長の隠し子と言う噂があるが、いんろういんどうと発音し葵の御紋を見せびらかして脅しを入れるなど真偽はともあれ徳川一門に変わりないので無問題。
6代目 - 武田鉄矢
教師としての活動を経て襲名。以前の名は坂本金八である。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

主な編成[編集]

佐々木助三郎(護衛)
後述の格之進と共に、「格助詞」とよばれる詔を読み上げる。ロシア語における「ロシア的倒置法」のように、格助詞は日本語の中で大きな位置を占めるようになった。
あおい輝彦
退職後は九代将軍家重に仕え政の実権を握る。しかし手鎖人のせいで失脚し、悲惨な生活を強いられているとか。二次元の世界ではボクサーだった。
岸本祐二
子孫は人造人間だという説がある。
渥美格之進(護衛)
脂目マンプク
日下部彦馬
志葉烈堂(子孫は超力戦隊オーレンジャーのブルー)
水戸徳川家なのか志葉家なのかはたまた外道衆なのかわかんない連中多数。
風車の弥七(狙撃手)
渥美深雪
八兵衛
うっかり八兵衛
諜報。歌手としても活躍し、爆笑問題似の兄弟ヒーローの主題歌を歌ったことがある。
ちゃっかり八兵衛
霞のお新(潜入)
佐々木志乃
かげろうお銀(お色気)
煙の又平(破壊工作)
柘植の飛猿(破壊工作)
おるい
疾風のお娟
せん
みつ
ひで
素破の次郎坊
八重
風の鬼若
ギンガの森出身の怪力忍者。劇中で爆死したと思われたが、彼の子孫が活躍していることから生存の可能性あり。
アキ
よろず屋の千太
おけらの新助

はてしない物語もビックリの大編隊である。

関連項目[編集]