水戸線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「水戸線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「水戸線」の項目を執筆しています。
「全然揺れねーじゃねえか!!」
東京近郊の電車の「揺れますのでご注意下さい」アナウンス について、水戸線ユーザー
「帰っていいよ、お前!!」
水戸線ユーザーの発言 について、JR東日本佐野実
「この路線、ホームラン級の大バカだな!!」
水戸線 について、大和龍門

水戸線(みとせん)は、栃木県小山市小山駅から茨城県笠間市友部駅までを結ぶ束日本旅客鉄道の路線である。

概要[編集]

水戸線という割には、その名前に反して水戸駅まで路線が延びていないため、初めて乗る乗客などから「看板倒れ」だと疑問を投げかけられる事も多い路線である。しかしながら、横浜線奈良線など似たような路線があるため、ここだけを責めるわけにはいかない。まぁ、大半の便が水戸駅まで行くのでよしとしよう。

ちなみに全線単線であるが、関東平野には山ほど単線路線があるので驚くに値しない。とは言え、小山駅から出る所から単線ってのはどうよ?

大都市近郊区間の割に、無駄に影が薄い。大周り乗車では八王子方面から高崎へ抜けるのによく八高線が利用されるのに対し、そもそも認知度が低すぎることと常磐線が単調で途中飽きる事から、大周りの際には見向きもされない事も多い。

小山を出てすぐのデッドセクション死電区間)は恐ろしく無名、だから永遠に交直流。両毛線に直通しないとMOTTAINAI。横川まで延ばすと上信電鉄の客が増えるが、下仁田で途方に暮れる。平行在来線じゃないの?

JR酉日本だったらディーゼルカーを走らす無駄な行為をするだろうが東日本はしない、プレハブ導入は10年先か?

歴史[編集]

水戸線は、水戸鉄道により小山~水戸間が開業した。水戸に到達した最初の鉄道であったが、海岸線(常磐線)が開通すると、水戸線の存在意義は著しく低下した。友部~水戸間は、後に常磐線に編入されている。新前橋~高崎間を上越線に編入された両毛線と同じような境遇である。

運行[編集]

殆どの列車が線内折り返しと常磐線水戸勝田発着であるが、中には友部駅停まりの便もあるので油断しないこと(ちなみに乗り換えで十数分ほど待たされる)。ごーくまれにいわき駅までいく列車がかつて存在した。現在はせいぜい高萩駅までしか行かない。かつては「北関東縦貫線」と銘打って、一部の列車が両毛線桐生駅まで乗り入れていたが、不発に終わった。

主要駅[編集]

余談[編集]

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「水戸線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)