気象庁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
第19回 (1960年
エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「気象庁」の項目を執筆しています。

気象庁(きしょうちょう)とは、全国各地の文部科学省管轄下の小中学校の休校を命ずる機関。休校命令の表向きの理由を工作するために、莫大な税金で大雨、竜巻、雷などなどを発生させていることが問題となり、古くから批判の的となっている。

概要[編集]

気象庁は国土交通省の外局である気象庁本庁のもとに、管区気象台、海洋気象台、地方気象台などが各所に配置されている、そうそうたる政府機関であるが、いずれも「下駄を使用した天気占い」で今後の天気を予測する。表向きは莫大な税金を投入し、観測衛星やアメダスといったハイカラなテクノロジー(ハイテク)を導入した科学的予測を売り物にしているが、内部資料では「ハイテク予測も下駄占いもたいして的中率は変わらない」ことが判明しているため、科学信仰の強い日本人をけむに巻く目的でアメダスなどのデータを活用している素振りを見せている。安価な下駄占いを導入することで浮いた血税は、「しかるべき所=ちょ金ばこ」が吸い上げている。

今日の天気[編集]

今日の天気は晴れもしくは曇りまたは雪、所によって雨でしょう。降水量不足の地域では乾燥に気を付けて下さい、降雨及び降雪がある地域では地滑りや洪水に気を付けて下さい。

明日の天気[編集]

明日は明日の風が吹くでしょう。

緊急地震速報[編集]

短時間の間に大きな地震が来るかもしれません。来ないかもしれません。誤報だったからってあんまり怒らないで下さい。地震予知は難しいのですから。

詳細は緊急地震速報を参照。

津波警報・注意報[編集]

とりあえず聞いて下さい。ただし、聞いた所で命の保証はしません。いつもの事ですが海底を震源とする地震がありましたので、津波が来るかも知れません。高さはたぶん50センチくらいです。津波が来ることを保証するわけではありません。ほとんどの場合は津波が来ることは無いですが、念のために言っておくお約束なのです。はい、そこの君、狼少年とか言うな。1960年、当局はこのシステムで死者数142名とぶっちぎりの効果を挙げ、エクストリーム・謝罪で優勝を果たした。

大津波警報[編集]

2011年3月11日に、当初は「予想される津波の高さは3メートルです」と発表。「そこらの高台に逃げれば大丈夫」「頑丈な建物の屋上なら大丈夫」と多くの避難者が誤った判断を行うことになり、その後「予想される津波の高さは10メートル以上」と訂正したが、津波が到来した後のことであった。このシステムで2万人をこの世から三途の川のあちら側へと送り、エクストリーム・謝罪で優勝を狙ったが、東京電力に邪魔されて念願はかなわなかった。

その他の警報・注意報[編集]

とりあえず仕事しているフリをしなけりゃいけないんですよ。可能性の有無など関係なく。

[編集]

  • 夏の定番だが、年間通じて出しまくる雷を愛している県がある(特にここここ)。
  • オオカミ少年にもなりやすい注意報のひとつ。
  • 発生してもしなくても注意報なら恨みっこなし。

乾燥[編集]

  • 冬の定番。火事が起こらなくても邪魔にならない。

中国の天気[編集]

あすは沿海州では検閲により削除です。北京検閲により削除であり、ところによって強く検閲により削除でしょう。上海検閲により削除で、ぴーが多く飛ぶため、お洗濯物には注意が必要です。検閲により削除の天気は曇りです。沈黙をどんどんぶっ殺検閲により削除い。なお、山の天気は変わりやすいので、ぴーなどのどシロウトはダサい極地法で登ってください検閲により削除は晴れます。気持ちのいい爆撃日和になるでしょう。

予測方法[編集]

基本的に各地の予報官が気象台の屋上で片足に下駄をつっかけ、思い切り蹴り投げて、下駄がどちら側を下にして落ちるかを見て天気を占う。予報官には気象予報士の資格を持っていない者もいる。


この項目「気象庁」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)
にほんのおやくしょ
ほんぶ
なんでもや てんのう ゆうびん
きまり おつきあい ちょきんばこ とりひき こうつう
おひゃくしょう おべんきょう けんこう かんきょう くにをまもる
ねんきん てんきよほう やま ざおらる(にせもの)
きゃくほん ねんぐ おほみこともちのつかさ