気仙沼市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「気仙沼市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「気仙沼市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「気仙沼市」の項目を執筆しています。

気仙沼市(けせんぬまし)は、宮城県じゃなかった、岩手県じゃなかった、釜石県の南部に位置する港町である。

地理[編集]

三陸の中部に位置する港町の一つ。世間一般にはフカヒレの水揚げで知られているが、気仙語の本場としてもおなじみの土地である。

それ以上に気仙沼が有名な要因は、とにかく、どっかの政治勢力から分捕り合戦の標的になって来た歴史である。12世紀には平泉藤原家の領地、戦国時代には石巻とその周辺を本拠地とする葛西家の領地、徳川時代には伊達家が治める仙台藩の領地になった。そして、戊辰戦争後の廃藩置県では、気仙語地域(中三陸)である気仙沼は、大船渡と一緒の県に入るはずだった。しかし、大船渡は盛岡に県庁を置く岩手県に入れられたのに、気仙沼は強引に大船渡と切り離されて、仙台に県庁を置く宮城県に入れられた。この為、名目上は宮城県でも、岩手県にグイッと食い込んでいる為、「岩手県気仙沼市」、はたまた宮城と岩手をくっつけて「宮手県気仙沼市」と呼ばれて来た。対する大船渡も、岩手県に入れられる前は、これまた内陸の一関に県庁を置く磐井県に入れられていた。

しかし、気仙沼市民にとって、仙台や平泉や盛岡へ行くのは罰ゲームみたいなもんである。仙台は同じ沿岸でも、まともな交通路は国道45号のみで、高速道路も無けりゃ仙台直通の鉄路も無い(しかも130kmも離れてる)。平泉に行くにも、北上山地を越えて60kmも要する。盛岡へ行くには、北上山地を越えて平泉まで進んでから北上しなきゃ行けない。勿論、内陸の平泉や盛岡にとっては、山越えした沿岸の気仙沼や大船渡や宮古なんて疎い土地である。

このように、気仙沼は、県境での不毛な争いや、仙台や平泉や盛岡との利害の食い違いに悩まされて来た。この悪しき現状を脱却すべく、気仙沼は、大船渡や釜石や宮古などと一緒に宮城県や岩手県から脱退して、釜石県に加入して現在に至っている。

メディア[編集]

前述の通り、ここはもはや宮城県ではない。電車で仙台に行くには一関まで出なきゃ行けない。しかも、電車で行くなら仙台より平泉の方が近い。

この交通事情が、メディア事情とも重なっている。気仙沼にも小さなラジオ局や地域情報誌はあるが、ぶっちゃけ、北隣の高田松原のラジオ局や地域情報誌の方が、気仙沼の話題を豊富に採り上げている。そりゃあ、仙台のメディアや行政屋は、山形ばっかり優遇して、気仙沼を僻地扱してるから。

交通[編集]

無料道路
南・北・山側、まともな交通網がこれぐらい。
有料道路
平泉の南隣にある東北自動車道の一関ICは、案内標識が「一関 気仙沼」と表示されている。三陸自動車道は開通していない。
鉄路
宮古方面と一関方面はそこそこ便利だが、仙台方面はめっちゃ不便。

名産[編集]

  • フカヒレ
  • サンマ

漁港町だけあって、魚メニューがやたら多い。

関連項目[編集]