民法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「民法」の項目を執筆しています。


民法(みん ぽー)は、サッポーアルチュール・ランボーエドガー・アラン・ポーなどと並び称される、詩人

民法の作品[編集]

民法の詩は、短い散文形式で書かれているのが特徴である。民法の作品を掲載した作品集は、「民法典」と呼ばれている。

民法典に収録されている作品には番号が付けられており、番号には、「第703条」というように、「条」という単位が用いられている。「条」の中には、さらに「項」「号」と呼ばれる番号が付された短い詩の集合によって構成されているものもある。また、条と条の間に新たな条が書き加えられた場合などには、「98条の2」というように、枝番と呼ばれる番号が付される。なお、かつては「398条の10の2」というように、枝番と枝番の間にさらに孫番と呼ばれる番号を付した条が存在していたが、2005年に出版された作品集で番号の調整が行われた際に、孫番はすべて整理されたため、現在の民法典には存在していない。

民法の作品のうち最も大きな番号が付されているのは第1042条であるが、削除され存在しないもの(第208条など)や、上述した枝番が付されたものなどがあるため、民法典に収録されている作品数とは一致しない。

民法典論争[編集]

民法の作品は、現在では六法全書をはじめとする多くの書籍に収録されており、誰もが簡単に読むことができる。

しかし、1890年、日本において初めて民法の作品集が出版されようとした際には、帝国大学の学者であった穂積八束 が『民法出デテ忠孝亡ブ』と題する論文を発表するなど、内容に関する国内の批判が高まり、出版の是非が争われた(民法典論争)。結局、1892年、初版本の発売は無期限に延期された。幻となったこの初版本は、特に「旧民法」と呼ばれている。

現在の民法[編集]

現在の民法の基礎となる作品集は、1898年、旧民法の内容を改める形で出版された。

時代への迎合[編集]

民法の詩作は、社会迎合的であると言われている。その最たる特徴が、現在に至るまで繰り返されている、加筆・修正である。

民法は、作品が時代に合わなくなったり、世論の批判を受けたりするたびに、詩の内容を書き改めたり、作品集から詩の一部を削除したりといった改正を繰り返している。近年では、2005年に、それまで大部分が漢字とカタカナによる文語体で書かれていた民法典を、多くの人にとってより読みやすく、理解しやすいものにするため、すべてを漢字とひらがなによる口語体に書き改め、さらに、難解な単語については平易なものに改めるという、大規模な改正がなされた。

これまであまりにも多くの加筆・修正がなされてきたため、現在の民法典には、削除されて存在しない条や枝番が付された条が数多くある。

他方で、「夫婦は、婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する。」(第750条)のように、一部の世論からは強い批判を浴びているにもかかわらず、内容を書き改めないという、頑固な一面もある。

時代遅れな作品[編集]

頻繁に加筆・修正が繰り返される民法典だが、時代の流れに追いつくことができなくなり、削除すらされないまま取り残されている詩も存在する。

中でも、雇用労働を謳った第623条から第631条までの詩は、ブルジョワジーによる搾取を肯定し、労働者の不利な立場を無視するものだとして、民法典出版当初からプロレタリアートの人々を中心とする批判がなされ、戦後には、労働環境の改善や労働者の団結を主張する他の詩人が労働に関する詩集を次々と発表するに至った。雇用と労働に関する民法の詩は、現在では、民法研究者と呼ばれる人々からさえその存在意義を否定され、無視されている。

民法の作風[編集]

民法の詩は、いずれも、人間関係における規律を描いた社会派ともいうべき作品である。それゆえ、非現実的、理想論的などとする批判を浴びることもある。

作品はすべて散文形式で書かれているが、中には、「相続は、死亡によって開始する。」(第882条)というように、俳句の語調を応用したと考えられるものも存在する。

作品の傾向[編集]

民法の作品を傾向ごとに分類するならば,以下のとおりである。

  • 「年齢二十歳をもって、成年とする。」(第4条)、「各人の生活の本拠をその者の住所とする。」(第22条)のように、世の中において常識とされている事象をあえて言葉にすることで、人間生活における多様な場面の定義づけを試みた作品。
  • 「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない。」(第732条)、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」(第752条)のように、男女間のをうたった作品。
  • 「土地の所有者は、隣地からが自然に流れて来るのを妨げてはならない。」(第214条)、「故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」(第709条)のように、社会悪に対抗しようとする作品。

  ときには、「権利の濫用は、これを許さない。」(第1条第3項)のように、激しい感情をむき出しにすることもある。

  • 「第六百二十条の規定は、委任について準用する。」(第652条)のように、他の条を引用した手抜き作品。
  • 「法令中の公の秩序に関係しない規定と異なる慣習がある場合において、法律行為の当事者がその慣習による意思を有しているものと認められるときは、その慣習に従う。」(第92条)、「動産の保存の先取特権は、動産の保存のために要した費用又は動産に関する権利の保存、承認若しくは実行のために要した費用に関し、その動産について存在する。」(第320条)のように、ちょっと何言ってるのかよくわからない作品。

関連項目[編集]