民族自決

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

民族自決(みんぞくじけつ)とは、ある民族一体が揃って集団自決を行うという、非西洋世界での一般的な民族贖罪法である。

概要[編集]

非西洋において、責任を取らずに恥を晒し続けることは非常に不名誉なこととされており、自決は美徳とされてきた。民族自決は民族の責任を償い恥をすすぐために行われている。

自殺もしくは集団自殺が罪とされている一部の国や地域においては、民族自決の権利は民族における自然権であるという意見があり、民族自決権の正当性が議論されてきた。民族自決権を求めるために、前世からの独立運動が多数行われている。

方法[編集]

Construction.png この節はまだ工事中ですが、人員が足りていません
そこのあなたこの工事を手伝っていただけませんか?(Portal:スタブ)

不発弾などの火器の利用・高所から飛び降りる等の方法が知られている。政治家 (民族)においては、腹を切って死ぬのが、又吉イエスも認める最高の流儀とされている。詳しい理由は世界経済共同体党の選挙公報等で熟知すべし。 また、お互いに刀で相手の体をなであったり銃で打ち合ったりすることで、この行動に競技性が出て楽しみながら民族自決できる

民族自決の例[編集]

  • 中国の少数民族ロ・ビタ(盧鐚。民族的に名前が単一)が民族自決を行っている。核実験場のあった東トルキスタン地域のロプノールでの緑化事業に雇われていたロ族の一人が、雇い主の子供を故意に放射線量の高い場所に連れ込んで殺したとされた。容疑者は否認し、ロ族側は容疑者を匿ったものの、長年の裁判の末に死刑を宣告された。これに対して、ロ族はこの判決を恥とし、民族自決を行った[1]
  • ロシアにおけるアラル海の狩漁民族は、アラル海の縮小や農薬混入によって狩漁ができなくなったが、農耕に転換することを恥として毒物となった魚を食べつづけることで民族自決を行ったとされている。そのため、アラル海周辺にはゴーストタウンが広がっている。

大和民族における民族自決[編集]

大和民族は民族的に自決を行うとするステレオタイプが一般化しているが、あくまで個人個人の自決であって、民族自決の例は少ない。大和民族は恩に報いる精神も持ち合わせているため、第二次世界大戦中にアメリカに寝返る在米日本人は後を絶たなかったとされる。また、恥を忍ぶ精神も持ち合わせているため、帝国政府によってドミニカに棄民された大和民族も、民族自決は行われなかったとされる。大和民族が戦時中に集団自決したのは「生きて虜囚の辱めは受けず、死して罪過の汚名を残すこと勿れ」という軍事教育によるものであり、民族の伝統や習慣によるものではなく、中国の自刎に対する日本の切腹のように、中国の文化の劣化コピーによって作られたと見られている。よって、民族自決は中国でこそ存在しうると言える。

東欧での民族自決[編集]

民族自決という言葉が国際舞台で最も注目を浴びたのは、第一次世界大戦後の東欧諸国だった。欧州の実情など知らぬ米国のウィルソン大統領がこうした概念に最も熱心であり、その熱意でポーランドなどの独立が実現した。

だが、権謀術数の何たるかを理解する欧州の政治家たちは集団自決的側面をよく熟知していた。彼らは負け組のオーストリアドイツとかだけを分割して少数民族を独立させ、植民地内の異民族には独立させなかったのである。「見よ、多民族帝国ハプスブルク帝国が民族的に集団自決して解体していく」ベルサイユでは、政治家たちがこうした話に薔薇を咲かせていた。これが東欧独立の裏話である。

なぜアフリカに民族自決がなかったのかというと、当時の西欧では「アフリカには部族しかいない」と認識されていたからだ。

植民地での民族自決[編集]

第二次大戦が終わって暫く経つと、西洋の植民地で独立の機運が高まってきた。独立運動家たちもまた、民族自決による薔薇色の幻想に花を咲かせた。

しかし、欧州の政治家は老獪だった。彼らは植民地に押し寄せる内乱の兆しをいち早く察知し、どうすればそうした出来事から西洋人の目を逸らすことができるかを考えていた。そこに民族自決の主張が盛り上がってきたので、彼らは「そうだ、いっそのこと不毛の大地に住む彼らを独立させ、民族自決させてやろう」と画策した。

そして、植民地は独立した。予感通りに植民地では内乱が相次いだ。しかし、民族レベルの自決行為が発生しても、旧宗主国の国民は誰も気にしなかった。気にした例外的国民も、自分たちの問題とは受け止めなかった。植民地主義者はほくそ笑んだ。「独立前だったら、同じ植民地帝国臣民として本心から痛みを感じる者がいたことだろうに。独立させてやったら、一般国民は皆無視だ。内戦に苦しむ民は、ほんの数年前まで自分たちと同じ国民というのに、それを認識する者は僅かしかいない。民族自決作戦は大成功だ」

入植先での民族自決[編集]

ドイツにおいて、移民に不利となる法改正を不服として思想誘導やストライキや反乱などの犯罪を犯した中東のユダヤ民族は、ゲットーを経由して刑務所へと送られた。しかし、戦後公開されたナチス・ドイツの機密文書及び「続シオン賢者の議定書」によれば、良心あるドイツ内のユダヤ民族は後にこの自らの犯罪が恥だったことに気付き、ユダヤ民族の名誉を挽回しユダヤ民族による世界征服を貫徹する為に、死刑囚用のガス室を用いて民族自決を行ったとされている。ドイツ内のユダヤ民族は民族自決によって民族の責任を取ったため、現在のドイツにおいてユダヤ人へのわだかまりは残っていない。

主な民族自決運動家[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

出典[編集]

  1. ^ 火の鳥 復活編 手塚治虫 1970-1971

関連項目[編集]