毛呂山町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「毛呂山町」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「毛呂山町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「毛呂山町」の項目を執筆しています。

毛呂山町(もろやままち、「けろやままち」「げろやままち」とも)は彩の国さいたま中西部(一説によると群馬県。詳しくは後述。)にある病院である。町民は病人、医者看護士看護学校生、周辺の商店街の人、その他で構成されている。また焼肉の町としても有名である。

概要[編集]

1939年に、現在の町域中部である毛呂村と、同じく町域西部である山根村が合併して、双方の頭文字をとって毛呂山町となった。しかし、後の1955年に現在の町域東部である川角村と合併するが、この時は川角村の頭文字「川」はとられず、毛呂山町に編入合併されるという形であった。 しかし、現在の人口構成で見ると、旧毛呂山町域の人口と、旧川角村域の人口はほぼ同じであり、本来なら毛呂山川町、または、毛山川町となるべきであったはずである。もしこれが実現していたならば、日本最強の難読地名が誕生していたことであろう。

人口推移[編集]

表向きには人口4万人弱とされているが、あくまで役場に届出た人のみの数であり、入院患者や住民票を移していない医者も含めればその数は50万から60万人(一部の専門家からは100万人超とも)と言われる。 ちなみに、公表している4万弱の人から病院関係者を差し引くと禁則事項です

ちなみに、これでも全国811の町のうち、人口は27番目に多い町である。

産業[編集]

病院[編集]

毛呂駅からの風景。奥のビルが病院

JRハチ公線毛呂駅を出るとまず最初に高層ビル群に圧倒される。驚くのも仕方がない。山に囲まれた本来田舎であろう平凡な町にそびえ立つこの高層ビル群こそが埼玉医大(毛呂病院)…いや、毛呂山町なのだ。

高層ビルへ向かい歩くと商店街がある。この商店街は全て病院からのまわし者であり、売店としての役割をなす。商店街一帯の地主も病院のトップであり、実質ここも病院である。

数百メートルの商店街を抜け県道に出ると辺りは騒然。初めて来た人ならば交通事故でもあったのかと思うほど救急車が並んでいる。この救急車による渋滞はお盆の時期になるとさらに酷く半径3km圏の主要道路はすべて救急車によって制圧され、常に患者を運搬している。(首都高の竹橋JCTの車が全て救急車になったと考えてくれれば分かりやすい。)

どれほど毛呂駅前が病院に依存しているかがおわかりだろう。極論を言えば病院が潰れれば駅周辺、いや、町全体は壊滅することになる。

ところで、何故このしがない一大学が、一つの自治体を支配するほどの影響力を持っているかというと、検閲により削除

農業[編集]

「ユズの町」として売り出すことに町は必死であり、シンボルマークもユズをかたどったものとなっているが、収穫量では、隣の「梅の町」として売り出している越生町に負けている。でも、秋には町東部にはいい香りが流れているよ。

観光[編集]

町内の観光の目玉である、埼玉医大の高層ビルと、隣接する毛呂駅とのコントラストを除けば、町内には特にわざわざ観るのに値するようなものはないかな・・・いえいえ、もちろんありますよ。

  • 西部には、県立黒山自然公園に指定されている、乙女の湖の異名を持つ「鎌北湖」や「宿谷の滝」があり、そのすぐ近くには、かの武者小路実篤が理想社会を目指して創設した「新しき村」がある。
  • 毎年秋に、出雲伊波比神社で行われる「流鏑馬」には、埼玉医大関係者を除く、全ての町民が集まり、盛大な祭が開催される。
    • ただし、ここで言う、「埼玉医大関係者を除く、全ての町民」とは、前述の通り禁則事項です


焼肉の町[編集]

毛呂山町は病院以外にも焼肉が有名である。なぜかと言うとこの前毛呂山町で焼肉を食べる夢を見たから……ちょっと裏で話そうか。よく血のついた手術着を着た検閲により削除がジェラルミンケースを片手に焼肉店の搬入口に入っていったそうな……また、この町の焼肉店に共通して言えるのが、

  • 食感が牛、豚、鳥、馬などと微妙に違うこと
  • 肉の値段が時価、ばらつきが異常に大きい。
  • 病院近辺にしか立地してない。
  • 食べるとかゆ うま

などがある。つまりこの町の焼肉は……お察し下さい

毛呂山町で焼肉店を経営してる方がいらっしゃったらごめんなさい。貴店の肉は常に上質なものを使われています。本当にありがとうございました。

その他の地域[編集]

しりません。東側にお住まいの方々はいたって平凡な生活をしています。母さん、僕は元気にやってます。そう言えば全身がかゆいな……。

グンマー化する毛呂山[編集]

20世紀終盤から現在にかけて、毛呂山町は徐々にグンマー化しつつあると言われている。 現在、毛呂山町はJR毛呂駅と東武線東毛呂駅の間の空間を中心に、複数のグンマー企業が展開している。一部報道によると、これはグンマーが自らの影響範囲を広げようとしているためであり、徐々に町は群馬資本に握られつつある。
これに恐れをなしたのか、隣町の人口は不自然に減少しつつあり、数年のうちに、毛呂山町はグンマーに編入される、あるいはすでに水面下で群馬県毛呂山町となっているのではないかという説も囁かれ禁則事項です
この項目の冒頭で盛んに埼玉医大の影響力が喧伝されているが、お察しの通り、これはグンマーが自らの影響力を隠す(能ある鷹は爪を隠す。グンマーの力は鷹の比ではないが)ための工さ禁則事項です
もちろん、上記のかゆみ(全身)の原因もグ禁則事項です

ウォグォスェムァツィとの関係[編集]

前述したグンマー企業が運営する施設には、しばしば(といいうよりも頻繁に)、ウォグォスェムァツィという地区から人々が訪れる。ウォグォスェムァツィは、しばしば「おごせまち」と誤って発音され、甚だしくは「越生町」なる当て字が表記されることがある。
本来、毛呂山町よりウォグォスェムァツィの方がグンマーに近いのだが、なぜかグンマーはウォグォスェムァツィを避けている。

関連項目[編集]


Abe いいこと思いついた お前 がテンプレ貼った この項目「毛呂山町」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)