毛利良勝

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

毛利良勝(もうり よしかつ、毛利秀高とも)は、日本の一発屋の一人である。通称は新助(しんすけ)。なお、毛利だからと言って毛利元就とは何の関係もない。また、毛利勝永とも関係がない。要するに、ただの一般人である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「毛利良勝」の項目を執筆しています。

生涯[編集]

尾張国の出身であり、織田信長に馬廻として仕えたとされるが、小姓であったとも言われている。つまり、それほど出自すらもわからないほどの、どこの馬の骨かもわからないような人間である。

彼は一人の信長の臣下として、(一瞬を除いて)人生に光も当たることなく、本能寺の変の際に信長の息子である織田信忠とともに討ち死にした。



とまあ、ここまではしがない普通の一兵卒の話である。

もし、後述する桶狭間の合戦での大活躍さえなければ、彼は日の目を見ることもない一足軽で終わっていただろう。

輝かしい一発屋としての歴史[編集]

時は1560年6月12日(新暦では5月9日)。このしがない一兵卒は、光を浴びてしまったのだ。

世に言う桶狭間の合戦であるが、当時の信長は今川義元に押され、滅亡も時間の問題だったことは周知の事実であろう。

織田信長は、悪天候の下、酒に酔っていた今川義元に奇襲を仕掛けることにした。

今川義元は御輿に乗って逃げるも、あっさりと良勝らに追いつかれる。

真っ先に一番槍を与えたのは服部小平太こと服部一忠である。しかし、義元は一忠をなんとか撃退した。

その次に太刀を与えたのは、良勝だった。良勝は義元に指を食いちぎられるも、今川義元の首を取ったのだ。

もう一度だけ言う。





今川義元を討ち取ったのだ。

この、どこの馬の骨かすらわからない奴が。






…活躍はこれだけである。

こいつはただの一発屋で終わり、桶狭間以降表舞台に出ることはなかった。なお、一番槍を与えた一忠は小田原征伐で活躍し、松阪で3万5000石(後に秀次事件に連座して改易、その後切腹を命じられる。)を与えられるほどまでに出世したのとは全く対照的である。

信長の野望での登場[編集]

先述の通り、桶狭間の合戦のイベントで名前だけは信長の野望に登場する。しかし、だからといって武将として載ったことは一度もない。しかも、戦国史などを始めとする他の歴史ゲームにも出た試しがない。なぜならば、彼は単なる一発屋止まりであり、桶狭間以降は大した活躍もないからである。

関連項目[編集]


この項目「毛利良勝」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)