毒ガス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

毒ガス(どく-)とは戦争や拷問、粛清されましたなどに使用される有毒な気体である。「貧者の核兵器」とも呼ばれ、価格のわりに殺傷能力が高い。低級な毒ガスであればスーパーでも手に入るし、君自身が体内で製造することもできる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「毒ガス」の項目を執筆しています。

主な種類[編集]

サリン
殺傷能力が非常に高い。皮膚に一滴垂らすと確実に死が訪れるといわれている。これを使えばゴキブリなんかイチコロなので、人間やめる覚悟があるのなら一度使用してみてもよいかもしれない。日本にはサリン等による人身被害の防止に関する法律という法律があり、無数にある毒ガスの中でサリンが特別扱いされている。
VXガス
人類が作りだした化学物質の中で一番毒性が強いといわれている。しばしば2,3,7,8-TCDDというダイオキシンとともに毒性談義に登場するが、サリンに比べて知名度が低いのが悲しいところ。
催涙スプレー
毒ガスとはなじみが薄いかもしれないが、これも一応は毒ガス。人が密集しているところで使用すれば立派なテロ行為になる。防犯用として市販されているので調達が簡単なことがメリット。
Tウィルス
アンブレラ社が作り出したウィルスで、どちらかというと生物兵器に近い。このウィルスに感染すると一週間ほどで人間ではない生物に進化する。実際の患者の日記はこちら
人の肛門から放出される気体。これもどちらかというと生物兵器か、いややはり化学兵器か。ごく希に固形物を放出してしまった場合、大変なことになる。これを他人のいるところで放出するのはタブーとされており、実行した場合は別の意味で大変なことになる。
一般には問題ないが、一部のお察し下さいの吐く息は異臭扱いされ、さらに進化すると毒ガスとなる。毒ガスの発生確率と容姿との間には強い相関が認められる。
塩素
第一次世界大戦でも使用された由緒ある毒ガス。その後その材料が一般家庭に普及し、おもにトイレ掃除に使用されるようになった。市販の材料だけでも、とくに屁の強烈な悪臭に威力を発揮する。要するに「毒をもって毒を制す」を地で行く作戦である。殺傷能力を上げたければサンポールと漂白剤を混ぜ合わせて、正真正銘の塩素を作ってしまえばいいが、それで実際に殺傷されてしまうのは製造者自身という例が多い。
一酸化炭素
火事の時なんかに発生するガス。火災で死ぬ人はだいたい焼け死ぬか、この一酸化炭素によって死ぬかである。炎に焼き尽くされて死ぬか、一酸化炭素を吸い込んで苦しみながら死ぬかなんて考えたくない…。実は空気中にもごくわずかながら含まれている。意外。
酸素
一般に人間にはなくてはならない存在と思われているが……空気中に21%程度存在している限りは問題ないが、100%に近付くと人体にとって有毒となる。もっとも、二酸化炭素を欲する植物にとって場合によっては猛毒となりうる。結局のところどんな気体も毒ガスになりうるというわけだろう。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

自分で使う場合[編集]

自分で使用する場合は、まず毒ガスを作り出すところから始めなければいけない。主な用途として、

  • ゴキブリなどの害虫駆除
  • 嫌いな人間の駆除

等に使われる。屁なんかは簡単に製造できるが破壊力は低い。確実に獲物を駆除するのならサリンなんかを使った方がよい。使用する際は目標となる場所に投げ込めばよい。ただし君がこれを所持しているのがばれた場合、桜田門組の皆さんが君の家に遊びに来て君をしかるべき場所に連れて行くだろう。

もっとも、君が毒ガスに関する正しい知識を持っておらず、目標物に行くまでにスーパーの袋やタッパに詰めて運んだ場合、君自身が毒ガスの餌食になる可能性があるから十分に注意されたい。

実際の使用例[編集]

毒ガスは第一次世界大戦に初めて使用され、絶大な効果を発揮した。日本も中国人に対し使用。あか、きいろ、みどりという三種類ので中国人を虐殺したのは世界でも有名であり、今も中国人のトラウマにもなっている。イタリア軍もエチオピア征服のためエチオピア軍に対し使用したがあまり効果はなかった。ただ、エチオピア征服は成功した。また東京の地下鉄でオウム真理教がサリンを使って駆除を試みたことは記憶に新しい。

高等戦術としては、農薬を所持する善意の民間人宅の近くで使用し、彼に無実の罪を着せるという技がある。これをやると、警察幹部やマスコミを巻き込んで盛大なエクストリーム・謝罪を行うことができるが、罪を着せられたほうはたまったものではない。

また、クルド人難民に対して使用したといちゃもんをつけて経済制裁や軍事制裁を行うという作戦もあるが、これは物事をうやむやに出来るだけの力をもつ強大帝国にのみ許された作戦である。

関連項目[編集]