殺し屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

殺し屋(ころしや)とは、殺害活動を販売するやお店のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「殺し屋」の項目を執筆しています。

歴史[編集]

殺し屋の歴史は古く縄文時代にはもう存在していたと考えられている。その証拠に貝塚と呼ばれる死体安置所や大仙古墳と呼ばれる殺し屋事務所などが今までに発見されている。その当時は石や枝で仕事を行っていたのだろう。しかし時代が進むにつれ戦国時代日本刀江戸時代は日本舞踊、そして現代はM134による殺しと発展してきている。いわば武器の歴史・人類の歴史は殺し屋の歴史ともいえなくもない。これを信じるかどうかはその人しだいだ。

なり方[編集]

殺し屋は、殺害に身をささげると誓うと同時に国家試験に合格する必要がある。試験内容はペーパーテスト、実技、面接に別れており難易度は最も難しいとされている。ペーパーテストでは主にについての問題が多く出題される傾向がある。人間として、依頼を忠実にこなす忠誠心よりも殺す相手に敬意を払う心のほうが大事なのでそんな心を持っているかどうかを試験する。実技では殺される側にとって辛い殺し方とそうでもない殺し方を身につけているかどうかを試験する。面接では本当に殺しを職業にするだけの意思があるのか試験する。かといって聞かれることは好きな食べ物や、休日の過ごし方についてがほとんどである。

仕事内容[編集]

気づけば奴は真後ろに……

殺し屋の仕事内容は依頼主からの依頼を受けてそれを実行、達成するだけである。しかしテロ組織の壊滅や、国家の崩壊を依頼するような依頼主もいるため依頼主の話はよく聞こう。また「銃を使うな」といった依頼や「で殺せ」、「世界を3遍回ってワンと言ってから遣れ」といった依頼も少なくない。さらにぶっ飛んだ依頼主は「目標は箱根にいるから名古屋からロンドンを経由して行け」といわれることもある。 しかしどんな依頼でも殺し屋にとって依頼人は神様であるため依頼内容と少しでも異なった場合はそれなりの処分を強いられることになるため、依頼を実行する前にはもう一度依頼を確認しておくのがのぞましい。

収入[編集]

依頼の内容によって報酬金額は都道府県で決まっており、それを守らなかった場合は痛い目にあう。平均年収は1500万円。大卒程度でも800万円は軽く超える。また依頼主によっては口止め料として●●万円という額を支払う場合もあるので、売れっ子殺し屋になるとチップだけで2000万円を超える場合もザラである。近年、姑問題などでいろんな家庭内にたくさん亀裂が入っているので依頼はどんどん増えるだろう。

[編集]

数多くの依頼を短時間で愛を持って行った殺し屋に対する<殺し屋オブザイヤー>や<今年の殺し屋大将>など数多くの賞があり、また依頼主たちも注目しているためもし賞をとることが出来れば世界一ビッグな人になるのは夢ではない。そのため年々参加者のレベルが半端なく上昇している。

捕まる人[編集]

しかしなんだかんだいって憲法及び法律に反することを仕事にしているため殺し屋で捕まる人はおととしの8000人から去年の30000人と激しく増えている。また賞の受賞者は警察のブラックリストにバッチリ載るため、受賞者は100%刑務所行きというデータもある。さらに警察官をさばいてしまったため刑罰が重くなるケースも多い。(約99.9パーセント) なお、殺しを100回行った人間には、「100KILLマン」の称号を与えられるが、それは人生のゴールを迎えたも同然なんで、その称号を手に入れた瞬間その人間の全財産が失われ、さらにはその人間を100回ガス室に送る「100ガス室刑」が与えられる。 ああ怖い怖い。気をつけましょう。

主な殺し屋[編集]

関連項目[編集]