死後の世界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「死後の世界」の項目を執筆しています。

死後の世界(しごのせかい、:Dead Space)とは、死んだ後の独特な世界のことである。しばしお付き合い願いたい。

死後[編集]

直後[編集]

一般的なタマの姿

ぬと、どうなるか。まず、身体からタマ(タマシイとも呼ばれる)が飛び出す。タマは即座に教官(守護霊)と出会う。

教官の姿は、死んだ当人のタマの腐り具合によって変化する。タマが腐っている人間は、目も腐っているので、見るもの全て腐り切って見える。哀れなことである。

タマの大きさや、腐り具合は人それぞれであるが、大抵の人間のタマは腐っているので、教官は「目も当てられない姿」で登場する。その禍々しい姿を見た当人は、自分のせいであるにもかかわらず、「なんという鬼教官…」と陰口を叩く。心まで腐っているようである。

教習[編集]

教官の仕事は教習である。

教習とは、人間のタマを完璧にするプログラムであり、完璧なタマを持つ人間を天国に送ることが最終目的である。

教官は各タマの指導者を社長()に任命される。その決定は絶対的であり、相性が悪いとしても交換は許されない。

教官は何個ものタマを担当することもできる。

教官は、担当するタマを持つ人間が天国に行けるまで磨き上げること補助すること任務としている。

近頃あまりにもどうしようもないタマが多く、面倒でずる休みする教官も多数見受けられる。そのため、現在天国では入国規制が急務の課題となっている。

反省[編集]

教官は、各タマに、前回の路上でのタマ腐食ポイントを、タマの様なものを使ってみせる。腐食ポイントは大抵、何らかの手入れミスによるタマ本来の機能の低下や変質である。それらミスのせいでタマがどんどん腐っていってしまう。

当人が理解する迄、何回も何回も、タマ腐食の恐ろしさの解説ビデオを見せられる。この期間中教官は「予防は大切だ」と口酸っぱく言っている。

よく見受けられるミスの種類

プロフィール
ミスると訂正するのにとても勇気がいる。
友達
選択ミスする場合が多く見られる。
恋愛
ミスると解約が大変なこともある。
結婚
ミスると解約が大変なこともある。
葬式
TV
見るとミスりやすくなる。
新聞
読むとミスしやすくなる文字配列が組まれている。
雑誌
見るとミスしやすくなる画像処理が行われている。
学校
行くとミスしやすくなる。
教師
「ミスのススメ」を教える。

テスト[編集]

社長によって、前回の路上の反省点と、次回の路上で、一体どう行動すれば良いかという簡単なテストが行われる。85点以上であれば、幽界で次回の路上に備える。但し、社長は多忙であるから、500年以上待たされる事もざらにある。待機している間は、教官と常に同伴であるから、怖いものが平気な人間は、テスト迄の待ち時間が長かった人である可能性が高い。

主な過去問

問い1
あなたはコンビニでタマを買った帰り道、橋を渡っています。ふと、川をのぞくと、自分と同じような人間が、自分より新しく大きなタマを持っている姿が見えます。あなたはどうしますか?
回答例
  • 飛び込みタマを奪い、付ける。
  • 付けたいなあと思い、流れた涙によって生じた波紋の力でタマ以外のものを粉砕し、タマを手に入れる。
  • 付け終わるまで本人を凝視し、付け終わった頃に自分のタマを見せて、自分の方が新しいタマを持っているように見せかける。
  • タマは大きさではない。
  • タマが実在していることに驚く。
問い2
天国と地獄に行くタマが有ります。タマ番は各タマの前に一人ずつ居て、片方は嘘しか、片方は本当のことしか言いません。天国に行く為、あなたはどうしますか?
回答例
  • タマ入れをする。
  • 棒倒しをする。
  • 大タマ転がしをする。
  • そんなタマじゃないぞ!
  • タマでピタゴラスイッチをする。

幽界[編集]

タマの生活風景。タマ達は年金をもらって海外で生活する友達の居ない老人のように暇だ。

次回、路上に出る迄の期間を此処で過ごす。空きが出次第、路上での生活が開始される。

幽界での生活[編集]

  • タマなので、食事を取る必要が無い。
  • タマなので、仕事をする必要も無い。したくても誰も仕事を提供しない。
  • タマなので、毎日遊んでいても文句を言われない。しかし、タマ単独では特にこれといった娯楽が無いので、タマ達は年金をもらって海外で生活する友達の居ない老人のように暇だ。
  • タマは刺激を求め、早く路上に出たいと思うようになる。

幽界での一日[編集]

別に太陽が昇って明るくなるわけではないので、朝になったと気付かないタマさえ居る。
やることが無く、年金で海外暮らしをしている友人の居ない老人よりも暇だ。
お腹が空かないので、夜になったと気付かないタマさえ居る。
やることが無く、年金で海外暮らしをしている友人の居ない老人よりも暇だ。

幽界で出来る事[編集]

  • 何でもできる。
  • 何でもできすぎて何にもしたくなくなる。

幽界で出来ない事[編集]

  • 殺人。既に死んでいるため。
  • 自殺。既に死んでいるため。
  • 路上体験。どんなに路上に出たいと思っても、テストに合格するか、路上に空きがでないと出られない。

路上[編集]

路上に出るとタマを磨く為の修行が行われる。 タマを磨く方法については様々な説があるが、身体によってやり方が異なるので完璧な方法は見つかっていない。

天国VIP[編集]

路上テストによって、合格ならば、天国に送られる。 本来は、タマの美しさにより輝いている場所である。

最近は路上世界での宗教ブーム(どうすれば簡単にタマを磨けるかを教えている。)と、教官の怠慢により、違法入国者が続出した。戒厳令が敷かれている。 「自殺サークル」と言う名のツアーを行う旅行会社まで出て来て、無法状態となっている。

関連事項[編集]

この項目「死後の世界」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)