死体遺棄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「死体遺棄」の項目を執筆しています。

死体遺棄(したいいき)とは、人間と微生物が協力して行う異色のエクストリームスポーツである。

概要[編集]

人は様々な理由で死体を遺棄する。殺人がばれないように、殺人と間違われないように、もしくは葬式代が足りないから……その他大人の事情により…… いずれにしても、できるだけ見つからないようにしないと刑事責任を問われ非常に面倒なことになる。

しかし死体というものは生命機能を失った有機物の塊であるから、代謝が起こらず腐敗していき、異臭を放つので運が悪いとすぐに見つかってしまう。その腐敗・異臭の原因は微生物が有機物を分解しているせいで、アミノ酸などに含まれるN,S,Hなどが硫化水素やアンモニアなどの臭気となるためであるが、微生物が完全に分解してくれれば無機物で構成された「白骨」だけになり、逆に異臭は完全になくなって、本人を特定するだけでも遺伝子レベルの解析に迫られる。ましてや犯人を探すのは極めて困難になるのだ。そこまで維持、もしくは一生発見されなければプレイヤーの勝利・見つかって逮捕されたら警察の勝利である。

プレイヤーの戦略[編集]

人間はできるだけ早く分解して白骨にしてほしい、微生物はもっと栄養がほしいという利害が一致しているので必然的にチームになる。人間と微生物のチームをプレイヤーチームと呼ぶ。

人間チーム[編集]

まず、捨てる場所が重要になる。以下にいくつかポイントを挙げる。

山奥
極めてありきたりで、人が失踪した場合に真っ先に探される場所なので隠す場所としては不適ともいえるが、ありきたりになるほど使われる理由はそれでも発見が困難であるためである。特に跡をつけずにうまく埋めてしまえば探すのは困難で、微生物も分解しやすく素早く白骨化が可能である。群馬県の山中が有名。
自分の家
これは自分に矛先が向いて家宅捜索されるまではまず見つからない。しかしうまく異臭を隠さなければ近隣住民に通報される危険があるため常に気を張っていないといけない上、家屋の内部には微生物があまりいないので地下に土間を作って埋めるなど工夫が必要。
海・川・池などの水中
海ならば沖の方まで運んで捨てれば探すのはほとんど不可能。水中は微生物も豊富ですぐに分解してくれる。しかし、水中というのは流れなどの不確定要素で人前にさらけ出される危険があるため運が悪いと発見が極めて早くなる。だがサメなどがおいしくいただいてくれれば永遠に発見されることはない。

又、船などで、沖に出て、石や、コンクリートなどの重しをつけたり、 ゴミ同然にポリ袋のなかに入れ、 袋に小さな穴をあけたりすると・・・お察しください

心の中
まず人を殺そうという思いを心の中にしまいこんでください。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

また、微生物チームが分解しやすいような配慮も必要。たとえば微生物は、低温・乾燥などの環境下では働きが鈍くなるが、死体はどんどん乾燥していくので放置してると微生物が弱ってしまう。微生物の働きを活発にするため温度や湿度を適度にコントロールしてやることが重要。だが異臭はその分強くなる。

微生物チーム[編集]

有機物を分解するといっても、人間の死体は自分たちよりとてつもなく大きいため細胞単位の細かさで作業を分担することになる。従って大量の仲間が必要になるためいかに素早く増殖するかが重要。幸い増殖に必要な栄養分は人間チームが十分に用意してくれているのでそれに関しては気にせずバンバン増えて大丈夫である。十分に数がそろったら自分が分解しやすい有機物から分解する。うまく作業を分担して各自が自分の得意な物質を分解する流れ作業の体制を作ってしまえば非常に素早い分解ができるうえ、効率よく栄養を取れるのでさらなる増殖を望むことができる。

得点[編集]

基本得点(人間チーム固有)
隠匿時間(時間.hour)×100点
基本得点(微生物チーム固有)
全員で分解した物質量(mol)×100点
クリアボーナス
白骨まで持続した場合両者にボーナス100000点
特殊ボーナス/ペナルティ(人間チーム固有)
家宅捜索を乗り切った 100000点
近隣住民に通報された -50000点/その後家宅捜索を乗り切った場合は帳消しとする。
特殊ボーナス/ペナルティ(微生物チーム固有)
湿度50%以下の環境の場合、基本得点の増加率を(55-湿度)/5倍に。
気温15度以下の環境の場合、(20-温度)/5倍に。

敗北時のペナルティの不平について[編集]

人間・微生物チームが敗北した場合、人間だけが警察に逮捕され刑事責任を問われるので負けた時のペナルティで不平が生じるという人間チームの主張がある。しかし、それを言えば微生物の方がよほどつらいペナルティを受けることになる。死体があった場所はきれいに消毒されるため微生物は消毒液に殺されてしまうのである。まだ人間は死なない可能性があるだけましだと思った方がよい。

真理[編集]

そもそも人間に限らずあらゆる地球上の生命体は星によって命を与えられたわけで、死体遺棄とは即ち与えられた命を元の土(地球)に還元するという、いきものとして当たり前の行為に過ぎない。にも拘らず一部の正義漢気取りの人間は倫理観だの衛生観念だの狭隘な俺ルールを持ち出して死体遺棄を悪だと指弾する。死体を土に還すという当然の行為を悪行であると指弾する彼らの独善的な言行は最早お笑い種としか言いようがない。死体を捨てて何が悪い!

しかし、人の土地に勝手に死体を捨てるのだから不法投棄に当たる可能性は大いにある。これを口実に警察に拉致されて…以下略

関連項目[編集]


この死体は作者によって遺棄されています。誰か拾い上げて罪をかぶってくれる人を探しています。 (Portal:スタブ)