歯科医院

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
歯医者から転送)
移動: 案内検索

歯科医院(しかいいん)とは、ソフト・キャバクラの一種である。都市部のビジネス街は勿論、郊外の住宅地や農村部でも営業が行われており、近年ではコンビニよりも数が多いと言われている。

サービス内容[編集]

プレイの様子

の治療が受けられる点で普通の水商売と一線を画している。もちろん、最終的には女性の質が勝負で、魅力的なスタッフを揃えられなかったばかりに廃業するところも多い。女性は全員看護婦姿であることが義務付けられ、ピンク色で裾の丈が短いことが暗に推奨されている。

サービスは「はい、あーん」から始まり、患者の体に胸が触れるか触れないかの間での焦らしプレイを中心とするが、たまに強く押し付けたり体の上に胸を乗せるなど、スペシャルタイムも用意されている。類の代わりにリステリンが出されるが、料金はこういったドリンク(?)や治療でなく女性スタッフの色気とサービスに対して課金される。

虫歯の検査や歯石の除去など割とどうでもいいケアは女性スタッフが対応してくれるが、肝心の治療になると支配人のおっさん自ら対応し、患者を恐怖と失意のどん底に叩き落すようなぼったくりバーまがいのサービスを行う店舗も数多く存在するので、利用の際は注意が必要である。その一方で、「女医」と呼ばれる上級スタッフを常駐させ、治療にあたらせている良心的な店舗も数多く存在する。

また、近年では減少傾向にあるものの、特に未成年の患者に対しては、ネットを使用したSMプレイが行われることもある。

利用方法[編集]

会員証[編集]

歯科医院は格式の低い風俗産業であり一見の客でも比較的利用しやすい。大抵の歯科医院は会員証を持っていけば7割引きでの利用が可能である。また、風俗産業であるにも関わらず、18歳に満たない未成年にも、利用の制限は特にない。

割引パスは自宅のどこかの引出しにしまわれていることが多く、パスの見出しには「健康保険被保険者証」と記載されていることが多いが、職業によっては「国民健康保険被保険者証」「地方職員共済組合員証」「自衛官診療証」などと書かれていることもある。「防衛省共済組合員証」は自衛官本人は使用できないので自衛官は気をつけなければならない。材質は紙やプラスチックが一般的である。格式が低いので会員証が無くとも利用可能であるが、割引が無く利用料が高額になるので注意が必要である。また、会員証があっても、後述の通り、プレイの内容によっては割引対象外となることもある。

予約・営業時間[編集]

営業日は月曜日~土曜日というのが一般的で、都市部の住宅地には日曜祝祭日も営業している店舗もあるが、夜間・休日人口の少ないビジネス街では月曜日~金曜日という店舗も少なくない。営業時間は店舗により様々で深夜営業している店舗もあるので事前にチェックしておくことが大切である。また予約制をとる店舗が多く、予約せずに訪れると断られるか、相当待たされることとなる。

プレイまでの流れ[編集]

利用する際は会員証を受付に出す。希望するサービスを記入する紙を渡されるので希望のコースを記入することとなるが、この紙の「保険診療にこだわらない」趣旨の項目にチェックしてしまうと、利用料が相当高額になることもあるので気をつけなければならない。会員証の有無にかかわらず割引対象外となり、結果として利用料が超高額になりやすいサービスの例としては「インプラント」などが挙げられる。

コース選択が終わると待合室で待つこととなる。待合室には漫画の単行本や小説・雑誌が置かれているが、ほとんどの店舗が予約制をとっているため待ち時間はそれほど長くなく、一冊も読み切れずに呼び出されることとなる。

プレイ後[編集]

プレイ後は受付で会員証が返され、料金を支払う。多くの客は病み付きになって次回の予約を入れる。予約を入れて通う回数は平均5回ほどと言われているが、しばらく通うのをやめた後で再び通いだすケースも多く、リピート率は総じて高い。


やめられない、止まらない この記事「歯科医院」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)