武部勤

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武部勤」の項目を執筆しています。

武部勤(たけべ つとむ)とは、日本の与党第一党の自由民主党の元幹事長、オホーツク武部党党首である。

人物像[編集]

またの名を偉大なるイエスマン、即ちノーなし能なし武部と称し、その他の愛称としてはブブキンブブブーブーなどがある。また、鬼才堀江貴文の実の兄であり、実の父親でもある。また、ハロー・小泉純一郎の御子息の世話を託された乳母でもある。

ジャイアン並みの歌唱力を持ち、政界の能登麻美子と呼ばれている。

エピソード[編集]

  • 息子であり、弟でもある堀江を溺愛し、鯉を釣ってプレゼントしようとしたがあえなくボウズに終わった。
  • たびたび後先を考えず、前言をもくつがえすその堂々たる発言が現代アートとして国内外から高い評価を得ている。
  • かつて、永田寿康に爆撃を受けたが、永田萌え原前民主党代表や執行部を巻き添えに自爆し九死に一生を得た。これにより、当時4つの問題に直面していた自由民主党はそれらを煙に巻くことが出来たため、自由民主党の偉大なる救世主となった。
  • 地方の修学旅行生からは、「知らないおじさんに握手された」と、言われるほど知名度は低い。
  • ハロー・小泉純一郎の勇退とともに自らも幹事長の職を退いた。その後、日本の少子化を憂い「日本子づくり道場」を開き自ら塾長に就任した。
  • 堀江が武部氏の次男の口座へ金を振り込むよう指示したという偽メールが原因で永田に爆撃されたわけであるが、堀江と武部氏の次男は兄弟であり、叔父と甥の関係であるため、金の流れが問題となること自体疑問である。
  • 能なし武部と言われているが、実際はだけではなく、脳が所々無いのである。

略歴[編集]

  • 1941年:蝦夷地にてハロー・小泉純一郎に産み落とされる。
  • 1971年:北海道議会議員に当選。
  • 1983年:衆議院議員選挙に初出馬するも落馬。
  • 1986年:衆議院議員選挙に出馬。初当選。
  • 2001年:農林水産大臣に就任。
  • 2004年:自由民主党幹事長に就任。
  • 2006年:細木数子に自由民主党総裁選へとプッシュされるが、馬と能が無かったため出馬できず。この年の末に奥義「酔拳」、「ガラス割り」習得。
  • 2008年: 自民党を離党、「オホーツク武部党」を結成。

作品[編集]

  • 「堀江君を頼みます。我が弟です、息子です。皆さん方の仲間です。よろしくお願いします。ありがとうございます。」
  • 「最初はgoo、再闘犬」
  • NEETはまとめて人間国宝に指定すべき」
  • (自由民主党幹事長に抜擢されたことについて)「天地逆転」
  • 紀子様ご懐妊」の記者会見で「佳子様がご懐妊されました。」当時佳子様は中学生

関連記事[編集]


この項目「武部勤」は、記事というより味無し酢豚です。この味無し酢豚に味付けしてください。貴方なりに美味しくしてください。お願いします。 (Portal:スタブ)