武術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

武術(ぶじゅつ)とは、のび太のような人種がのび太と同じ道を歩まないために生み出した暗殺術である。やがてエクストリームスポーツとして反映したのちに安全なルールを設けることで一般的なスポーツになり、最後はゲームになった。

最古の武術[編集]

人類が歴史上に現れて間もなく生まれた。当時の武術は現代のプロレスにも似ており、古代エジプトの時代には、「ナガタロック」、「マッケンロー」といった高度な技が開発されており、力系では「俺が田上だ」も使用されていた。また、集団戦では相手を押さえ込むものと攻撃するものとでコンビネーションするためのホールドわざとして、ラ・マヒストラルという技が開発されていた。また、「オリンピック予選スラム」は、オリンピックの名称の語源とも言われている。

エクストリームスポーツ時代[編集]

は生身の姿では貧弱な生き物である。そう気づいたのは、偉大な格闘家たちが、最強を誇示するためにに戦いを挑んで次々と倒れていったがゆえである。そのほかにも野生の虎にケンカを売るものなどもいたが敵うはずも無く、人は武器を使い始めた。

当時の武器はパイプイスや、空き缶、蛍光灯など。とくにパイプイスの形が変わるような攻撃を繰り出せたならば達人として人々に称えられた。 だがこれらは命の危険がおおいためにエクストリームスポーツとなった。

一般的なスポーツとしての武術[編集]

武術が流行するにつれて、人々は何千人単位のチームに分かれて競う武術のスタイルを生み出した。現代ではあまり行われなくなったが稀にイラクあたりで親しまれている。またこのスタイルは北朝鮮中国といった、ひたすら強さだけを追い求める国が愛好しており、見た目の割には強い日本を相手に様々な手段で挑戦しようとしている。

最新の武術[編集]

子供からオトナまでゲームとして親しむようになったのは終戦後間もなくである。今まで刀や拳銃、核ミサイルの使用を当然としてきたのをあえて素手で戦うことから空手と呼ぶようになった。また、無理なストレッチをお互いに競う柔道やチャンバラの根源となる剣道などが日本で考案された。

アメリカでは子供達の間でも、決闘が流行しており、お互いが背中をつけた状態から反対方向に10歩歩いて振り向きざまに拳銃を放つという遊びが後を絶たず、アメリカの葬儀屋は見事にアメリカンドリームを手中にしている。

中国では日本の地下に眠る燃料を爆発させて日本をまるまる沈没させるという奥義の開発に精をだしており、北朝鮮では、あからさまに毎日核実験を行って自らの土地を疲弊させている。自分達の土地が疲弊していることを知った北朝鮮人達は「この世にいても意味がない日本人を毒ガスの実験台にして土地は核の実験に使おう」として、日本人をさらったりもしている。

関連項目[編集]