武蔵野市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この武蔵野市は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武蔵野市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「武蔵野市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「武蔵野市」の項目を執筆しています。

吉祥寺区武蔵野市きちじょうじくむさしのし)とは、東京都に位置し、住みたい街ナンバーワンの座から滑落した吉祥寺を統治するために設けられた市である。武蔵境?武蔵関の間違いじゃない?

概要[編集]

街中には「武蔵野市」との表記がみられるが、住みたい街ナンバーワンの吉祥寺が23区外の都下などということは断じてあり得ないのであり、天敵である都下住民による妨害工作であるため、騙されてはならない。

地域性[編集]

プロ市民の保育園粉砕闘争[編集]

「ましゅまろ保育園」と青森県の某エロゲ小学校みたいな名前だが、それが原因では…

プロ市民による世代間闘争「内ゲバ」が活発となっている。それは地域エゴという形になって革命的な保育園粉砕闘争へと発展した。保育園不足を解消しようと吉祥寺に保育園を設置する運びとなったが、もはや住みたい街ナンバーワンでも何でもない吉祥寺からあえて若者を遠ざけ既存の住民による村社会を形成することを試みたのである。これにて若者の街を限界集落へと変貌させる原始共産制革命が達成されたのだ…
と、思われたがなんとその半年後、闘争の先陣を切っていた地元住民が「保育園開設」を求める陳情書を提出したことが発覚した。「地域エゴだと思われることが嫌だった」そうだが、当初の保育園粉砕闘争は何だったのだろうか…

政治面[編集]

武蔵野市民からの支持は絶大で、路面にもポスターが貼られている。

地方交付税交付金をもらっていないほどの裕福自治体であり住民もVIPであるが、プロ市民の多い土地柄となっており、政治運動がVIPな武蔵野市民のたしなみとなっている。この地域を代表する有名人としてカイワレ菅直人がいる。 しかし近年では、民主党下野によって菅直人が左派衰退の戦犯となり、プロ市民の内ゲバ攻撃の矛先が向いている。これが功を奏し、近年では選挙のラスト1議席争う最下位レース常連という不安定な選挙区となっている。

計画停電[編集]

そんなカイワレ総理大臣の地元である武蔵野市だが、彼の首相在任中に東日本大震災が発生した。震災の影響により電力不足となり、日本中の多くの人が電力不足の影響を受けた。計画停電の対象外となるのは被災地及び都心部とその周辺の区のみであるというはずだったが、なんと総理大臣の地元選挙区である武蔵野市が計画停電の対象地域から外されていることが発覚した。しかも菅直人の随行秘書である武蔵野市議会議員が東京電力に武蔵野市を対象地域から除外するように要請していたという。これは「震災の発生によって内閣支持率が落ちる菅首相こそが一番の被災者であるため、武蔵野市は被災地である」という東京電力と市議会議員の寛大な配慮によるものである。

まことちゃんハウス事件[編集]

頂上に鎮座するまことちゃんが武蔵野市民を監視している

武蔵野市の新名所として楳図かずおの自宅である「まことちゃんハウス」がある。非常に毒々しくセンスのないダサい特徴的な外観となっているが、これがセレブリティな武蔵野市民の逆鱗に触れ、「色彩の暴力であり形の暴力」との理由で近隣住民による訴訟にまで発展した。しかし、「撤去するまでの期間、毎月10万円を原告に支払い続けること。」などなんだかプロ市民以上に怖い人達のみかじめ料的な要求をしたため、全国からのドン引きの声が寄せられるとともに、ガラの悪い地域の称号をほしいままにした。

吉祥寺[編集]

武蔵野市民の精神的支柱であり、名誉「東京23区」の称号を得ている。しかし、住みたいまちランキングが下落していることや、「吉祥寺というお寺がない」などの不祥事が発覚し、その座が危うくなっている。 また、意外にもアニメ産業に関係する会社が多く、多摩地域における第2秋葉原的ポジションでもあるため、メイドカフェが出店していたが、武蔵野市民のガラ的にアーン♥♥なお店だと勘違いしてしまったのか閉店に追い込まれている。ちなみにアニメイトは従来、駅北口の雑居ビルに入居していたが、リア充店舗であるPARCOに入居させることによって周りの冷たい目線にさらされるオタクの被害が拡大しているとのことである。

詳細は吉祥寺を参照。

武蔵境[編集]

吉祥寺に引けを取らないほどに発達した武蔵境駅前

唯一、吉祥寺に頼らずに武蔵野市として独自性を発揮できている街である。練馬区武蔵関駅とのキャラ被りが深刻であるという大問題を抱えている。東京メトロ東西線が直前の三鷹駅で終点となってしまうあたり、武蔵野市が都下の一都市に過ぎないという実態を表している。駅利用者曰く「武蔵関駅の西武新宿線は地下鉄に直通していないけど、中央線は直通しているから俺らの勝ち」ということらしい。実は西武新宿線の地下鉄直通構想に内心かなりヒヤヒヤしている面もある。北口に関しては23区郊外の駅前に見えなくもないが、南口に関してはもはや地方都市のような光景が広がっている。 自動車教習所が近くにあるため、免許を取ってカマしたい若者もあふれており、マイルドヤンキーな田舎タウンとなっているため治安も非常に悪い。

三鷹駅北口[編集]

武蔵野市から見た三鷹市駅付近の市境、境界線を跨ぐと三鷹市軍により射殺される

実は吉祥寺を除いた場合、武蔵野市において最も栄えている場所はあろうことか三鷹市の名を冠した三鷹駅の駅前であるという大スキャンダルが発覚している。この件に関して武蔵野市は「三鷹駅北口は本当は"三鷹駅武蔵野口"に改名する予定だったんだ。だからセーフ」などとコメントしている。なおこの構想は盛大に頓挫しており、さっそく武蔵野市民からは忘れたい黒歴史として葬り去られている。 三鷹駅北口にあるチェーン店などは「三鷹店」を名乗っているが実際の住所は武蔵野市であるため神奈川県町田市のような状態となっており、この問題は「未回収の三鷹」とされ紛争の火種となっている。 なお三鷹駅舎や駅ビルはバッチリ境界線上にあり、「駅ビル自体の住所が三鷹市だから、武蔵野市側にあるけど住所は三鷹市でいいよね!」という理由から、住所詐称が公然と行われている無法地帯と化している。

武蔵野市民チェック[編集]

  • 住まい
    • 武蔵野市出身者は「武蔵野市です!」と答え、相手の「…?」というリアクションから察し「吉祥寺の辺り[1]です」と答えるのが常である。
    • 「武蔵〇〇市」という地名のせいで、武蔵村山市と混同されるが、東村山市東大和市と並んだ埼玉もどき北多摩三兄弟と一緒にされることに物凄く抵抗があるらしい。
    • NTT研究開発センターがあるなど、電話への貢献度は高いはずなのだが、市外局番が東京郊外レベルの4桁であり、内心かなり気にしているので『なんで23区ズラしているのに市外局番が4桁なの?』と聞いてみよう、絶対
    • 地方から来た人は「吉祥寺」のブランドにひかれるが「武蔵野市」というクソダサい住所で「(東京って〇〇区じゃないのかよ)」と内心ドン引きしており、武蔵野市民としての自覚はあまりない。

トロピカルな市内交通[編集]

武蔵野市内には上記のような拠点があるが、実は東西方向ばかりで、南北の移動はマイカー必須の地方都市状態であり、なんとも都下らしい状態となっている。そこで活躍するのがバスである。ゆえに中央線各駅前はバスのメッカとなっており、混雑する街中を「バスが通ります」の機械音声を炸裂させて爆走するトロピカル連合の神風運転が名物となっている。特に吉祥寺駅南口の幅6m生活道路程度の駅前路地を歩行者を蹴散らしてひっきりなしにバスが行きかう様は完全に世紀末である。

関連項目[編集]

この項目「武蔵野市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ 実際にはバスで15分近くかかり、西武線のほうが若干近かったりする