武田騎馬軍団

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この武田騎馬軍団は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。

武田騎馬軍団(たけだきばぐんだん)とは、日本の戦国時代において、各地を荒らしまわった恐怖の騎馬軍団である。

ながらくその実在性に疑問符がうたれていたが、近年の研究の成果により、武田騎馬軍団の実存は疑いようのないものとなっている。

概要[編集]

   ∧ヽo)ヘ                       ∧(oノヘ 
  /(R゚一゚)ヽ < 右の武田久!  左の武田勝! > /(゚一゚L)\ 

            ┌────── 
            │ ふたりは! 
            └y────y─ 
           ∧ヽo)ヘ   ∧(oノヘ 
          /(R゚一゚)ヽ人/(゚一゚L)\ 

              .__ 
              |武| ┌────────── 
              |運|.. │ 武田騎馬軍団!! 
              |長| └─y────y──── 
             (゚久゚) 
      巛∧ ∧(oノヘ|          _∧∧(oノヘ 
     ./ ・ ヾ.(゚一゚ R\     (_・ |(゚一゚L\ 
    (_/\ ⊂ ヽ三||       |\Ю ⊂)_|√ヽ 
       冫´  | / ⌒ Y      (  ̄ ~∪ )^)ノ 
     ,/  | ,.し_ 丿       ||` || ( | ( | 
     \(/ /´ // /  ``) ::`)  '~ ~ '~ '~ 
       / /   //_/ ; ;; ;;; `)⌒`) 

騎馬隊は当初、甲斐国の在来馬である甲州馬で編成されようとしていたのである。しかし甲州馬は気性が荒く、言う事は聞かないわ、すぐ暴れるわ、すぐ噛み付くわで坂東武者同様、扱いづらくめんどくさい馬であった。そこで目を付けたのが木曾馬である。しかしながら、木曾馬はその名の通り信州木曾谷を領する木曾氏の専売であり、木曾氏は同じ信州の諏訪氏と懇意にし、武田とは着かず離れずの存在であった。

そこで武田信玄は、欲しければ奪うの戦国武将的論理に基づき木曾氏攻略へと踏み切る。とはいえ、速やかなる繁殖のためには降伏が最善であると考え、まずは諏訪氏を騙し討ちにより滅亡させた。言わば諏訪氏滅亡は行き掛けの駄賃程度のものだったのである。この効果は絶大であり、信玄の非情さに恐れを為した木曾氏当主の木曾義昌は武田への臣従を決めたのだった。

かくして木曾馬は武田氏の管轄に帰し、信玄は木曾馬をどんどん繁殖させ次々と臣下らへ支給、徐々に騎馬軍団を確立していった。一方で、用済みとなった甲州馬は食肉用に回した。現在、熊本県ほど有名ではないものの山梨県名物として馬刺しが存在するのはこのときの名残からである。

完成した武田騎馬軍団は、騎兵の集団運用による機動力と突撃力を活かした電撃突撃しかできないを得意とした恐怖の破壊集団として各地の戦場を荒らしまくった。しかし「長篠の戦い」では本来20列が必要で対歩兵特化の戦術である反転行進射撃(カウンターマーチ)をわずか三列程度で行った織田軍に壊滅させられるという失態を侵し、史上最弱の騎兵隊として歴史に名を残した。

実は、兵役や重税、新府城の造営などで武田にコキ使われ続けてきた木曾義昌が、裏で織田信長と通じて騎馬軍団の木曾馬を密かにロバと取り替えていた為であるのが、山本勘助の子が書き換える前の『甲陽軍鑑・ジ・オリジン』に書き残されていることが近年になり発覚している。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

戦術上の運用とその脅威について[編集]

騎兵は乗馬することで、他の兵種に対して高い機動力を誇った。その機動力を以って偵察・伝令・警戒、機動力と衝撃力を生かした包囲攻撃、迂回機動、突撃、戦果拡張などに用いられることが多く、軍隊編成において前衛から遊撃まで幅広くこなすことが多い。騎兵は多すぎると機動力を損なうが突撃と包囲には適している。少ないと遊撃兵としては有効だが同数以上の主力騎兵に対して負けるという欠点が生まれる。

騎兵の脅威については、世界史がそれを証明している。以下はその代表例である。

関連事項[編集]


歴史の渦に巻き込まれる! この項目「武田騎馬軍団」は、歴史に関連した書きかけ項目から歴史に残る記事進化しなければならない。
歴史は今作られている!君の名をこの記事(の履歴)に刻むのだ。 (Portal:スタブ)