武田信廣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「武田信廣」の項目を執筆しています。

武田信廣(たけだのぶひろ)は福井県守護大名の家に生まれ、幼い頃に改造手術を受けたサイボーグである。後に蝦夷に渡ってアイヌと戦いアイヌの英雄であったコシャマインを殺ってしまったため北海道での評判は悪い。

「武田信広」の表記の方が一般的だが、「夜露死苦」などの文字を好む珍走団気質だった彼は信広などと言う平凡な名前を使いたくなかったので信廣の字に改めた。

生涯[編集]

青年期[編集]

若狭国の守護、武田信賢の長男として生まれた。幼い頃から素行が悪かった為問題児扱いされて監獄にぶち込まれること100回を軽く越えたが、腕っ節だけはやたら強かったため、何度も脱獄した。そしてある日、取り押さえようとした家臣達を逆上して殴り殺してしまったため父と叔父武田国信の怒りを買い、さらになおも抵抗を続け父や叔父にも刃を振りかざした為槍でメッタ突きにされて死亡した。しかしその強さを世のため人のために生かしたかった考えた父信賢がどこぞやのマッドサイエンティストに言葉巧みに乗せられ、瀕死の信廣は改造手術を受けさせられ、サイボーグとして生まれ変わった。しかし生まれ変わった信廣は兵器として生まれ変わった自分にショックを受け、自分を戦闘兵器として利用しようとしていると父の非道を糾弾し、部下二人を連れて盗んだバイクで逐電した。

その後はしばらく鎌倉公方足利成氏の元に食客として身を寄せていたが、当時関東管領上杉氏との対立が激しくなっていた成氏は戦闘力の高い信廣を手駒として使い、上杉氏との戦いを有利に進めようと目論んでいた。これを察知した信廣はその月の内に陸奥南部光政の元へと更に逃亡した。その途中、上杉氏の館などを襲撃して金銀パールなどを強奪する強盗行為をして旅費を稼いだ。これは自分を匿ってくれた成氏に対する信廣なりの恩返しであったと思われる。無論犯罪であることに代わりはないが。

蝦夷へ[編集]

信廣はさらに蝦夷へ渡り、蠣崎季繁の元へ身を寄せた。蠣崎季繁も信廣と同じ若狭の出身であり、厄介払いを押し付けられて蝦夷に左遷された窓際族であったため信廣とは意気投合し、信廣は季繁の養子となった。

1457年、アイヌ人の少年が刀鍛冶に口論の末斬り殺されてしまう事件が発生した。しかしこの理由は表向きのものであり、実際は北海道を観光地化しようと倭人達がもくろんでいるとの噂を聞きつけた少年が真相を尋ねにいったところ「秘密を知られてはしょうがない、君には消えてもらおう」と抹殺されたのである。真相を知ったコシャマインは激怒し、アイヌの民を率いて武装発起した。このことから信廣はみちのくの武士を集めてこれを鎮圧し、コシャマインを討ち取った。

ちなみにコシャマインとはナコルルをめぐって三角関係であったとも言われている。

人物・逸話[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]