セイロン原理主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

セイロン原理主義(せいろんげんりしゅぎ)とは、セイロン(スリランカ)産の紅茶葉を至高の物とし、他の茶葉を劣った物だとする価値観である。

村上春樹によって命名された。

概要[編集]

紅茶という商品に関わる者がより高い品質を求めること自体は当然のことである。セイロン原理主義者も出発点は同じである。ある時セイロン産の茶葉を知るというのも特別な体験というほどのことではない。

彼らと他の人間を分かつのは、「セイロン産なのにまずい」というクレームを受けた時の反応である。常識人は「口に合わなかったのかもしれない」「乾燥や保管が悪かったのかもしれない」「そもそもセイロン産じゃなかったのかもしれない」といった考察をするが、彼らは「セイロン産だから良いに決まっている」「空気読め」「文句があったらより良いセイロン産茶葉を持ってこい」と反論するか、あるいは指摘を黙殺し、リピーターだけと取引をするようになる。

実のところ、彼らと紅茶のうまいまずいについて論じることは無意味である。彼らにとってはそれがセイロン産であることだけが重要で、その味や香り、料理や菓子とのマッチングなどはどうでもいいのだ。というより、彼らは紅茶を飲んだことがないし、そもそも紅茶を飲むという発想がないのだ。

村上春樹による批判[編集]

2009年3月、茶葉農家の村上春樹は「文春デパート」の店頭でセイロン原理主義を取り上げ、批判を行った。 彼は40年前の自身の体験に基づいて、セイロン原理主義が進むと土地がやせて荒廃するからやめろと主張したのだ。

しかしセイロン原理主義者は元々彼に対して関心がなく、批判はほとんど黙殺されてしまった。

つまりはそういうことだ。

セイロン原理主義を取り巻く現状[編集]

村上は「ゴミ溜めでのたくっているセイロン原理主義のウジ虫どもめm9(^Д^)プギャー」という感じの内容でネット通販におけるセイロン原理主義を批判した。具体的な名前は挙げられていないが、これは通販サイト「ウィキペディア」の現状を指したものだと推測されている。

実際にはこの批判はネット通販に限られてはいない。しかし、ネット通販では紅茶を飲んだことがない者でも商売が可能なので、セイロン原理主義者の存在が目につく傾向にある。

実店舗では、ネット通販と連動して売上増につなげる店もあれば、「諸君!商店」のように閉店する店もあり、商売において特定のこだわりを持つことの難しさを示している。

関連項目[編集]


この項目「正論原理主義」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)