正当防衛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「正当防衛」の項目を執筆しています。

正当防衛(せいとうぼうえい)とは合法的に殺人を行う手段の一つである。

概要[編集]

相手が自分のことを殺そうとしてきたため、やむなく殺したように見せかけることができた場合に正当防衛となったりならなかったり色々である。

必要性[編集]

法を犯した場合には人生終了となるが、その数少ない例外の一つが正当防衛であり、人を殺すときはこの正当防衛を活用するのが好ましい。

合法的に殺人を行うには正当防衛以外には死刑戦争リング上での殺人などがある。

しかし、死刑を実行する立場になるにはよりも恐ろしい利権争いに勝つことが必要とされ、一般人には至難の業である。リング上での殺人はとらのあなで死に者狂いの修行をしたり過酷な減量をしたりして先にこちらが命を落としかねない。

よって、どうしても殺人を行いたい者は法律を犯すか、正当防衛を行う必要がある。

方法[編集]

まずは殺したい相手に嫌がらせを行う。手っ取り早いのは悪いを流すことである。なおその際、出所が自分であることをはっきりと示すことである。相手が自分に殺意を持ち、殺そうとしてくるように仕向けるためである。

ほかにも、相手の恋人を寝取る、仕事上トラブルを起こすなどの方法が思いつく。

相手が殺意を持ったと実感したら、相手を殺害する道具を持ち歩く。その際には、持っていて不自然でないものであることが必要である。文鎮、カッターナイフなどがよいだろう。拳銃日本刀などはもってのほか、包丁金槌なども避けたほうがよいだろう。

リスク[編集]

合法的に人を殺せるのであるから当然リスクを背負うことになる。

まず、真っ先に思い浮かぶのは自分が殺されることであろう。こちらはカッターナイフしか持っていないため、相手が拳銃等を使ってきた場合にはあきらめて殺されるしかない。

次に、相手が殺人を実行しない場合が考えられる。相手が何もしてこない場合はまだよいが、裁判等の合法的手段を講じてきた場合には多大な損害をこうむる可能性がある。

さらに、相手に殺意を持たせる時点での嫌がらせが第三者に嫌われ思いもよらぬ相手からも恨みを買う可能性もある。

結論[編集]

リスクを考えると正当防衛は勧められない。むしろ、殺人を犯してからの隠蔽を考えるほうが得策である。

関連項目[編集]


軍隊の兵士による兵隊のための軍事スタブ この正当防衛は、敵軍によって占領されています!!
このページを開放するには、アンサイクロペディア軍の意地という物を証明してみてください!
健闘を祈っております!敬礼!! (Portal:スタブ)