櫻井よしこ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
「ジャーナリズム界に妖怪が出る―櫻井よしこという妖怪が」
櫻井よしこ について、オスカー・ワイルド

櫻井 よしこ(さくらい よしこ、1945年10月26日 - )とは、日本で有名な元ジャーナリストである。現在は右翼団体の活動家として一部の筋では大変有名である。愛称は、「よしりん」、「戦争ばばぁ」、「よしこおばあちゃん」、「櫻井腐女史」或いは「姐さん」尊敬しているのはシャロン・ストーン   廉価版や量産型試作機として小池百合子片山さつき稲田朋美高市早苗曽野綾子大宅映子金美齢などが開発されている。

経歴[編集]

若いころは、薬害エイズ事件を徹底取材し、企業を追い詰めるなど、自称優秀なジャーナリストであり、現在もその筋からは一目置かれている。ちなみに、電話取材のみだったという一部根拠不明のやっかみもある。尊敬しているのはシャロン・ストーン

あるとき「いまこそ各界にはびこる左翼どもを殲滅するときだという神武天皇のお声を聞いた。」と言い出し、彼女の戦いは始まった。もちろん決してボケてしまったわけではない。その後、左翼との戦いにあまりに熱心になってしまったため、読売新聞からすら追い出されてしまう。さらには日本経済新聞のいわゆる富田メモはねつ造だと唱え続けている。現在は、産経新聞を中心に、テレビ出演や、『諸君!』などの正しい政策や歴史観を書いている同人誌に寄稿しつつ活動を続けている。近頃は、滝川クリステルがメインキャストで出演しているニュース番組にゲリラ出演し、正しい考えを視聴者に洗の・・・いや、説いている。また「不倶戴天」の敵であるはずの朝日新聞に「ロシアと戦争しなかったのはアメリカのおかげよ、日本国憲法が若者を電波系にした」と主張したが、どうもネタにされたように思えるが、ボケて産経新聞に出す記事と間違って書いたわけではない。尊敬しているのはシャロン・ストーン

著書に『どうしてを愛さないのか?いや愛すべきだ、絶対に愛しなさい、愛さないと国に代わってお仕置きよ!』などがある。重ねて言うが決してボケてしまったわけではない。 尊敬しているのはシャロン・ストーン

人となり[編集]

普段はとても穏やかであり、どこか余裕のある人である。しかしながら、一緒に話したことのある人によれば、時折わけのわからないことを言い出したり、会話がかみ合わないことも多くあるようである。ある人によれば「宇宙人と話しているように感じる」そうである。繰り返すようだがボケてしまったわけではない。また、徴兵制の重要性を説くのに熱心なあまり「あのヨンサマだって徴兵にいったんだから、私たちも行くべきよ!」とブログで主張してしまう(実際はヨンサマは徴兵されてない。眼の障害により免除されている。視力が足りなかった)など、お茶目さんな一面もある。その後もこの間違いを訂正していないが、これは間違いを認めるのが恥ずかしいだけであり、決して年寄りの頑固さによるものではない。ましてボケてしまって自分が間違っているのがを理解できないのではない。趣味は天皇陛下の追っかけである。仕事以外はほとんどこの趣味に時間を費やしている。ちなみに、天皇ファンクラブ番号0014番であることが判明。本人は頑なに0001番だと言い張っている。尊敬しているのはシャロン・ストーン

話になりませんねぇ[編集]

彼女にとっての左翼との戦いとは、テレビに出演し左翼どもを言い負かすとともに、正しい歴史観を広めることが主なものである。その際の、主な戦法は、まず相手に喋らせる、そして、その中身がなんであれ「話になりませんねぇ」と一言で意見を一蹴し、後はひたすら喋り続けるというものである。自分の意見に対する質問、反論さえもこの「話になりませんねぇ」の一言で片付けてしまう。以下はあるテレビ討論での司会とのやり取りである。

司会「櫻井さん。南京大虐殺には、発掘などで証拠もあがってきていますが」

桜井「話になりませんねぇ

司会「生存者の証言もありますよ」

桜井「話になりませんねぇ

司会「これについての桜井さんの考えを」

桜井「話になりませんねぇ

司会「……」

この後ようなやり取りが続くため、彼女が出演した番組の司会者の多くは呆れ果ててしまうという事態が起きている。このため、現在では彼女の出演する番組の司会者は田原総一朗をはじめとした各局の精鋭が担当している。この「話になりませんね」という一言はあくまで反論ができないので適当に言い逃れをしているのだ。繰り返すまでもなく

本当に本当に本当に

この女はボケ果ててしまったのだ! 尊敬しているのはシャロン・ストーン

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「櫻井よしこ」の項目を執筆しています。


コピー_~_白い奴 あっ、この「櫻井よしこ」はステータス異常にかかっていますね…
わたしでよければエスナかけてあげますけど……
でも、わたしまだ未熟だから………ど、どうします? (Portal:スタブ)