檜枝岐村

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
日本領檜枝岐
日本国檜枝岐特別行政区
[[File:|125px]] [[File:|100px]]
(国旗) (国章)
国の標語 : ならぬものはなりません
[[Image:|250px|檜枝岐村の位置]]
公用語 檜枝岐語
首都 檜枝岐
最大の都市 檜枝岐
指導者 不明
総督 星 光祥
面積
 - 総計
 - 水面積率
世界第位
390.54平方km
人口
 - 総計(
 - 人口密度
世界第位
10人
世界第xx位
0人/平方km
政府 檜枝岐政府
国民的な英雄 不明
通貨 日本円またはヒノエ (JPY)
時間帯 UTC +9 (DST: 不明)
国歌 ならぬものはなりません
宗教 日本神道・仏教他
国際電話番号 167 

檜枝岐(ひのえまた)村とは、福島県にあった。現在は、日本国から自治権を与えられ、日本領檜枝岐(または檜枝岐・檜枝岐特別行政区)となり海外領土扱いとなっている。しかし実際は「檜枝岐村」といっても何ら問題はない。

概要[編集]

かつて日本で最も人口密度の少ない市町村の一つに数えられた。その最大の理由が村民の多くは指折りの大富豪かつ大変な不動産好きであり多くの土地を買いあさって自分専用の土地を広げていったからである。しかしその実態はもとから住んでいた村民を追い出す結果となり、この地区の黒歴史の一つである。
しかし大富豪たちは追い出された村民に大量の資金援助をしたためか、それほど問題は大きくならずに済んだ。まさに外道

一人当たりの面積があまりにも広い為、自分専用のベッドがテニスコートぐらいの広さになっているのが当たり前となっている。

歴史[編集]

独立宣言[編集]

莫大な財を築いた村民たちは、外部から傭兵を雇い独立宣言すると発表。独立宣言をし、「檜枝岐人民共和国」を建国した。しかし、土地が広いことにすっかり慣れた彼らは、兵士一人当たりの警備区域を1キロ平方メートルとあまりにも広く設定してしまった。このためなにもできず日本の自衛隊にあっけなく包囲されわずか1週間で独立は撤回された。しかし、外交防衛を除いた自治権は認められ、海外領土として残すこととなった。

地理[編集]

ほとんどが山林。尾瀬があるが残念ながらおいしいところは全部むれうま町に持ってかれてしまっている。このため域民は金で片品を買ってやろうと考えたが群馬県がゆるはずはなくそんなことしたら会津遺恨全体主義狂恨国レベルになってしまうのは明白である。

政治[編集]

檜枝岐政府が置かれ、本国から派遣された総督を元首とする。現在の総督は、親から何億円も子供手当をもらう人である。
政府機関で働く者は10人ほどであり、この人数で立法・行政・司法全てを担当している。もし万が一のことがあれば本国から臨時に人員を派遣し、必要であれば一時的に本国へ政府機能を移譲することになっている。

議会[編集]

  • 檜枝岐最高人民会議

実際は民宿同盟の独占状態。檜枝岐の最大の金蔵であり収入源の観光産業の中心である為、ここだけは総督も逆らえない聖域である。

裁判所[編集]

  • 檜枝岐裁判所

檜枝岐唯一の裁判機関。域内で起こった全ての事件判決・司法判断を担当。

防衛・治安維持[編集]

  • 本国である日本国の自衛隊が防衛を担当し、檜枝岐警察として治安維持も担当している。檜枝岐の法律では通常時でも軍事組織が治安を担当することが認められている。だが実際はまわりがすべて日本なので特に防衛任務は意味がないので全く行われていない。実際の活動は、独立勢力の残党監視である。

また、近くにできたされた会津遺恨全体主義狂に地理的に近い為、有事の際の前線基地になる。

域民[編集]

100パーセント資産100兆円以上のクソ金持ちかつ田舎マニアかつ不動産好きの大和民族。もともと日本だったのだから当然である。だがなぜ100兆円もの富を得たのかは全くの謎であったが最近になってその理由は検閲により削除だったことと実はなんと検閲により削除のためである。

経済[編集]

通貨はヒノーエ。第二通貨として日本円。ちなみに1ヒノーエ=1000000円。ふつう住民は1万円札を風呂の燃料として使っている。さらに最近ではお察しください。としても使用。
一人当たりのGDPは、1498万6318.32ドル

宗教[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「檜枝岐村」の項目を執筆しています。