檀君

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「朝鮮古記」に掲載されている檀君[要出典]。慈愛に満ちた表情が印象的。
ダンくん。

檀君[要出典](ダンくん/단군/)は朝鮮神話に出てくる実在した人物。人類史上、最初で最後の地球統治者。 漫画バンブーブレードに登場するキャラクター「ダンくん」のモデルとしても有名。


すでに『三国遺事』「朝鮮古記」に人が熊を獣姦して生まれたという信憑性の高い記述がなされてあるが、1993年朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)国内の発掘調査で骨が見つかり、その存在の揺るぎがたい証拠となった。また、この世の全ての起源は朝鮮半島だということは世界中に認知されている常識であるが、この発見により、より全人類の民族のルーツが身近となり、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)を中心とした世界国家建設が促進されている。


出生[編集]

神話によると、壇君[要出典]の父は、ネズミーランドへ行く途中に白頭山へ降臨し、半島の民に「正しい歴史史観」「キジの屠殺方法」、「犬スープの作り方」などを教えたという。 このとき檀君の持病がクシャミと共に半島中へ広がり、これが半島における火病の原因とされる。

そんなある日、洞窟で同棲していた一頭のオス虎といやらしいメス熊が「人間のようになりたい」と壇君の父に祈りを捧げた。 父は「日光を浴びないで、ひたすら聖なる検閲により削除検閲により削除を貪るように」と指示をした。 オス虎はあまりの馬鹿馬鹿しさに穴を出てしまったが、いやらしいメス熊は20日を堪えたあげく21日目に、とてもいやらしいメス熊にスキルアップした。

とてもいやらしいメス熊は虎にフラれた腹いせに、檀君[要出典]の父に対して色目を使い「検閲により削除」とせがんだ。とてもいやらしいメス熊の気持ちに心を打たれた壇君[要出典]の父は祭壇の上で激しい検閲により削除行為にふけった。そしてその結果、不気味な子供が生まれた。父は彼を『とてもいやらしいメス熊と祭検閲により削除した結果、が生まれたんだよ』という意味をもつ『檀君[要出典]』と名づけた。

熊の生態[編集]

なお、一般的な熊の生態を知っている人間にとっては、この神話はトンデモナイ意味を持つ。

なぜなら、母熊が成長した子供と別れる際、マタギたちの間では2つの光景があることが知られているからである。もし、子供がメスだった場合は、通称、野いちご落としと呼ばれる木の実がたくさんなった場所に小熊を呼び、そこで小熊が木の実に夢中になっている中で、親熊がそっと姿を消すという、感動的な話が伝わっているのだけれど、それがオス熊だった場合。

母熊は子供と近親相姦して、妊娠してから別れる。

というわけで、以上のような熊の生態を考慮しつつ、再度、神話をご確認ください。てゆうか、正直なところ、熊の生態を知らずにこの神話を真実のように語られてしまうと、いろんな意味でたまらない。

偉大なる指導者として[編集]

壇君朝鮮[要出典]の最大版図。
壇君陵。その偉大なる生涯を今に伝えてくれる。

檀君[要出典]は賢明な指導者として育ち、B.C.2333年、平壌へ向けてテポドンを発射、そして瞬く間に軍を率いて占領。みごと朝鮮王朝(壇君朝鮮[要出典])を打ち立てた。 このとき、初の従軍慰安婦を考案し、隣国の国に対して謝罪と賠償を求めた。(「朝鮮古記」)


その後、万景峰号でベーリング海を渡り、アステカ文明インカ文明の礎を築いた。(このような理由により、後のこれらの文明も正確には「朝鮮文明」であることは疑いの余地もない) その一方でユーラシア全域を統治下に置き、各地で善政を敷いたとされる。中東諸国には核兵器の技術を惜しみなく与え、ヨーロッパ各地には優れた航海技術をもたらした。これが後の大航海時代と深く結びついていることは言うまでもない。コロンブスの乗ったサンタマリア号も、元を正せば万景峰号であり、今日のアメリカがあるのも壇君[要出典]の功績であると言える。ただし、壇君朝鮮[要出典]は紀元前においてアメリカ大陸をも支配しており、この時期にモンゴロイドがアメリカ大陸に渡り、それらの人々は後に「インディアン/ネイティブ・アメリカン」と呼称されるようになる。(最近の研究では彼らの崇拝対象が壇君[要出典]であることも証明されている)


また、壇君[要出典]はその世界統一過程において、建築や福祉、芸術の面でも偉大なる功績を残している。世界中の王家や首長たちが平壌に滞在するための施設として柳京ホテル(世界遺産)が建築されたのもこの頃である。 これは現在においても世界最大にして一流のホテルである。そして、「世界の人民が笑顔で溢れますように」との意味で結成された世界最古の福祉組織「喜び組」や、当時の音楽の世界水準を大きく上回る世界最古のオペラ、革命オペラは現在も朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)において継承されている。

晩年、地球のすべての領土を手にした壇君[要出典]は朝鮮半島へ戻る。(この凱旋時に建設された凱旋門(世界遺産)は今も平壌市内に残る。) そして、白頭山へ登り、オンラインゲームを作り続け、生涯山を降りることは無かったという。

当時としては長齢の1908才まで生き、現在は檀君陵(世界遺産)に眠っている。

文献[編集]

これほど偉大な指導力と広大な勢力を持った君主は古今東西確認されていないにも関わらず、 壇君[要出典]の功績の全てを正しく記載した文献はほぼ皆無である。これは後世の君主が自らの実績を過小評価されないがために証拠隠滅を計った、というのが原因とされている。 朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)及び大韓民国(以下、ニダ国)政府を始め、多くの歴史学者の間では『三国遺事』の引用した「朝鮮古記」、『東國通鑑』などの資料では世界各地での壇君[要出典]の活躍の詳細が記述されておらず、 当時編纂した人間がなんらかの意思を持って故意に「歴史を歪曲した」として、編纂者の子孫に謝罪と賠償を求める方針でいる。 しかし、アレクサンドロス3世チンギス・ハーンなど、架空の人物にその功績を重ねた物語は世界各国で確認されている。

壇君[要出典]の聡明さや指導力は現在も尚、世界の人々に影響を与え続け、『検閲により削除』と呼ばれ続けている。

また、壇君[要出典]の直系の子孫である朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の偉大なる統治者、金正日総書記はその善政を讃えられ、世界各地で『壇君[要出典]の再来』と呼ばれている。 そして、その幾千年もの歴史が紡いできた英知が今日の「世界最大の大国」であり、「地上の楽園」と呼ばれる朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)の発展に繋がっていると言える。

現在の平壌の夜景。

壇君への各界からのコメント[編集]

天皇家が壇君[要出典]の子孫であると『続日本紀』に記録されている事実に、壇君[要出典]との縁を感じております。」
檀君 について、今上天皇
「私は『まるで壇君[要出典]だ』といわれた。その壇君[要出典]がいなければドイツはどうなっていたか。」
檀君 について、アドルフ・ヒトラー
「行動することです。そうすれば壇君[要出典]も行動されます。」
檀君 について、ジャンヌ・ダルク
「人間1908年、下天の内を比ぶれば 夢幻の如くなり」
檀君 について、織田信長
「それだけ綺麗だとさ、手入れに凄く手間かかるんじゃない?」
檀君 について、森下くるみ
検閲により削除
檀君 について、麻生太郎

関連項目[編集]