橿原市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「橿原市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「橿原市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「橿原市」の項目を執筆しています。

橿原市(かしはらし)は、奈良県の都市の一つ。天皇教の発祥地でもある。

概要[編集]

奈良斑鳩よりも前に神武天皇によってが置かれた(とされている)畿内の都市。その後、都はちょっと離れた大和飛鳥や河内飛鳥を転々としたが、最終的に藤原京として平城京遷都まで日本の都であった。

神武天皇すら禁則事項です(あの時代で享年が90歳以上なんてありえないって!)なのに、神話歴史を混同[1]した奴らが神宮を建てた。その神宮の所在地が橿原である。神話が町興しをして終った典型例である。

大昔は、日本の首都であった由緒ある場所である。

縁者[編集]

橿原は神武様のお膝元なので、熊野三山(熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社)や伊勢志摩(伊勢神宮伊雑宮)との繋がりが非常に深い。熊野三山や伊勢志摩は台風銀座としても有名だが、吉野の山々を控える橿原も台風銀座である。

台風を恐れた天皇たちは、熊野三山と伊勢志摩以外にも、国の鎮めと海難の防止を祈願して、更に紀伊半島を北東に進んで椿大社を建てて、紀伊半島の双方の付け根に熱田神宮(太平洋岸)と住吉大社(瀬戸内海岸)を建てた。天皇の一族である倭姫命を祭ってる神社は伊勢神宮と熱田神宮だが、これら2社は三種の神器の所在地でもある。

紀伊半島の中央に橿原神宮が鎮座し、紀伊半島の双方の付け根に熱田神宮住吉大社が鎮座するが、これら3社を結んでいる鉄路が近畿日本鉄道である。

勿論、橿原市民から見れば、これらの神社の所在地が橿原の家来である事は言うまでもない。

住民[編集]

紀元節(神武が王位に就いた日)には橿原神宮を遥拝し、紀元節の歌を歌うのが、橿原市民の決まり事である。天皇に関する都市には伊勢奈良京都などもあるが、伊勢市民や奈良市民や京都市民は「俺たちよりもずっと時間が止まっとる!!」って嘲っている。又、橿原神宮周辺には右翼の黒い街宣車が徘徊している為、余りの無気味さで、市民や観光客は「長崎の歴代市長みたいに、右翼暴漢に銃殺されるんじゃないの?」ってビクビクしているか、その日橿原神宮周辺で行われるパレードのバトンクラブの女子校生にハァハァしている。

このように、余りに天皇教に染まり過ぎてるが故に、観光地としては奈良や伊勢の足元にも及ばないのが橿原の実態である。

脚注[編集]

  1. ^ 所詮どちらも「伝言ゲーム」に過ぎず、神話も歴史も本質は同じであり、何ら変わることはない。

関連項目[編集]


この項目「橿原市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)