機智

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

機智(きち)とは、たぶん以下のようなものである。

概要[編集]

機智とは、キチガイの尊称の一種でありながら、約50ボルトで駆動する脱穀機のようなものである。この脱穀機は、平均時速48kmで過去へと移動できる気の利いたタイムマシンで、主にエメット・ブラウンが騎乗する。

概ねこの脱穀機を使って、約22kgの大麦脱穀した場合、内6gが天使の取り分として消費され、残りの半分をジョージ・ブッシュのために納税して、更にその残り24オンスをフランシスコ・ザビエルを称えるために神棚に納め、そこに残った分でエジプト式のパンを焼く。この場合、パンには大日本帝国の刻印が刻まれなければ成らない。

そしてこの脱穀機は、週に一度のメンテナンスを必要とし、蜂蜜2ガロン瓶と引き換えに手に入るバターと同量のチューインガムをその表面に貼り付けて、ビールを塗る。こうして手入れを行う事で、常にご機嫌な状態が維持できるとオジー・オズボーンは言うかもしれないが、それは真っ赤な嘘である。このため常に電熱器で沸騰させたコカコーラで、清潔にしなければいけない。

この時に注意すべきは、周りでジェーン・フォンダ物真似をしないことである。うっかり真似ようものなら、7人のケリー・ワトソンに袋叩きに合う可能性がある。このため用心に付けヒゲをつけてピザを乗せ、ついで指には黄色いペンキを付けるべきである。こうして2週間分の洗濯物が片付けられる。


…というアホなを見ても、寝起きに同じベッドで寝ていた連れ添いを叩き起こして一々話して聞かせたりなんかしないで、黙ってモーニングコーヒーを淹れ、トーストを焼き始めること…それが機智というものである。

関連項目[編集]