橋下徹

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

橋下 徹はしもと とおる)は炎上マーケティングを得意とする日本では珍しいタイプの政治家である。

来歴[編集]

出生の経緯を解明しようと頑張った雑誌の一例

出生の経緯についてはこれまで何度か週刊誌記者やルポライターが解明しようと試みたが、いずれも本人の反撃に遭って失敗[1]。重度のテレビ出演依存症であることから「テレビから生まれたテレビの落とし子」「テレビがひり出した汚物」「実在の人物ではなくアニメのキャラクター」ではないかと識者は予想するが真偽は定かではない。

早稲田大学政治経済学部卒業後、野次馬弁護士として光市母子殺人事件をかき回して頭角を現し、売れっ子芸能人の仲間入りを果たす。彼を論破できたであろう上岡龍太郎引退以後の関西芸能界を席巻、たかじん行列のできる政治家推薦所の推薦を受けて大阪府知事選挙に出馬し、めでたく当選する。就任後は連日テレビのインタビューに応じ、高校生時代に発症したテレビ出演依存症[2]を悪化させる。

のちに府知事の権限の弱さに霹靂して大阪市と大阪府を統合する大阪都構想を発表し、自身のファンクラブ「大阪維新の会」を設立。2011年には独裁を目指して大阪市長に鞍替えする。仮想敵である公務員日本教職員組合朝日新聞などを定期的に攻撃してネット右翼から喝采を浴びる一方、マスコミとの関係は悪化。テレビ出演依存症は小康状態となったがTwitterでのつぶやき中毒を発症した[3]

2012年末に、共通の仮想敵を持つ石原慎太郎に弟子入り。自身のファンクラブと老人クラブを統合[4]して日本維新の会を設立するが、憲法における歴史認識の違いにより結局1年半で分裂。

2013年、従軍慰安婦を肯定し、米軍司令官に対し軍が風俗店を活用するよう申し入れた。極限状態にある男の集団には性的捌け口が必要とする橋下の開き直りは一種のアナキズムである。通常のアナキズムは極限状態を生み出す軍や国家をも否定するが、彼の場合は軍事力、政治権力といった権力至上主義と奇妙な融合を見せる。その結果、「ここまで極論を言える俺って凄い」という中二病の極致の様相を呈する。つまるところ、橋下徹とは、マキャヴェリズムの頭部、アナキズムの鞭毛、ポピュリズムのミトコンドリアを持った一個の精子である。

2015年、都構想の住民投票にこぎつける。積年の野望を実現するために公務をすべて投げ出し、テレビCMでは前田敦子の物真似まで披露するものの惨敗する。

趣味は論破・ケンカ・教育委員会の悪口を言うことである。なお、類は友を呼ぶという格言があるように、彼の挑発にひっかかって彼の元へと寄ってくる敵対者達(大木凡人似の眼鏡野郎など)も押しなべて彼と同じ程度の器量の人間であり、やかましく議論と言う名の罵詈雑言合戦を続けている。

人物と政策[編集]

以下のニュース記事をすべて読めば、その行動特性をおおむね把握できるだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 橋下市長が取材拒否を表明 週刊誌の前世報道で 虚構新聞 2012年10月19日
  2. ^ テレビに映るため、わざわざ全国高等学校クイズ選手権に出場している。
  3. ^ 橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化 Kyoko Shimbun 2012年5月14日
  4. ^ 日本創新党とも統合したが誰も気にしない

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「橋下徹」の項目を執筆しています。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!