横須賀線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横須賀線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「横須賀線」の項目を執筆しています。

横須賀線(よこすかせん、スカ線)とは、JR東日本が所有する鉄道路線。帝都軍都を結ぶ重要な軍事路線であり、軍人労働者いざ、鎌倉へ向かう人を運んでいる。

概要[編集]

帝都から品川横浜鎌倉逗子軍都を通り、予備軍港である久里浜までを結んでいる。

以前は東京~横浜~大船の間で東海道本線の線路を借りていたが、東海道本線の電車本数が異常に多く、横須賀線の軍事列車増発が出来なかった。そこで以下の対応が採られた。

帝都~品川間を地下化
敵の空爆を受けても安全な地下深くのトンネルとした。
品川~横浜間の線路を内陸側へ迂回
工業都市として敵の標的になる川崎を迂回し、安全性を向上。この駅の代わりに新川崎駅に停車。のちに武蔵小杉駅なんて半端な駅も追加されることになった。
横浜~大船間に専用線設置
大衆列車が異常に多い東海道本線と軍事列車専用線を分離。東海道本線側は快速線、横須賀線は各駅停車と役割分担を行うこととした。なお、軍事列車線側を各駅停車用とした理由は、保土ヶ谷、東戸塚といった地域に武器弾薬庫が点在しているためである。

以上の対策により電車増発、横須賀線は軍事輸送力の飛躍的向上が図られた。その後さらなる防衛力強化策として、品川駅・横浜駅の海側には高層ビル街を仮装した要塞が建設され、横須賀線に対する海からの攻撃に備えている。

また、実は軍事用ということなので各駅間の速度は東海道線とは比べ物にならない早さであり、大船駅を出発し戸塚駅につく頃には1分前に出発した東海道線に追いつく程の速度である。また、上である通り横須賀線は各駅停車としての役割分担を行ってるがその速さゆえに戸塚駅を同時刻に出発した東海道線と2駅多い横須賀線はほぼ1分差程度で到着できる速度レベルなのだ。これは軍事列車という特別な存在ゆえに与えられた特権なのである。 さらに今日私は見てしまった、新川崎、西大井区間でなんと新幹線のぞみにきれいに並んで走行してるではないか! さすが軍事用、恐るべしである。

歴史[編集]

19世紀末に、かの大日本帝国の策により、他のあらゆる鉄道路線よりも優先的に建設された。かれこれ120年の歴史があり、軍事路線としての歴史を紐解くと、検閲により削除

開業当初の区間は横須賀までだったが、1944年には、予備軍港として整備された久里浜まで延伸された。当時は第二次世界大戦の戦況が非常にやばく、鉄などの資材が入手できなかったため、複線だった御殿場線の片方の線路を剥がして横須賀~久里浜間に敷設したと言われている。尤も、折角の延伸も空しく、翌1945年には戦争は終わってしまったのだが。
しかし、この延伸が無ければ現在の衣笠駅周辺の発展は無かっただろうし、また、かつて交通の要衝として栄えた山北町が現在のように寂れることも無かっただろう。そう考えれば、延伸区間は戦争の役には立たなかったものの、地域の発展には一定の貢献をしたとして評価することができる。

1976年には、帝都の地下トンネル開通と同時に、総武本線を通り房総半島方面への乗り入れを開始した。それぞれ総武本線は成東、鹿島線は鹿島神宮、内房線木更津を通り君津外房線は上総一ノ宮まで乗り入れている。これは、東京湾沿岸及び太平洋方面への国防網構築の為のもので、軍都~帝都~千葉~東京湾側(内房)・太平洋側(外房)を結び、有事の際、軍人の移動を容易とする事に一役買っている[1]

21世紀初頭には、湘南新宿ライン軍からの侵略を受け、西大井横須賀間を占拠されたが、現在は逗子久里浜間に湘南新宿ラインの姿はない。しかし、これは必ずしも横須賀線にプラスとなるわけでもない。なぜなら、この区間は軍事関係者を除きほとんどの住民があっちを利用しているため、湘南新宿ラインが来ようと来まいと利用客数にさしたる変化は無かったからである。

車両[編集]

横須賀線を利用する軍人

車両は、4ドアロングシートが基本の通勤電車E217系が使用されている。 以前は、3ドアセミクロスシート(ボックス席つき)の観光向け電車が使われていたが これは他国の目を欺くためで、軍事路線である横須賀線を、あたかも古都鎌倉や湘南を結ぶ優雅な観光路線に見せかける事に成功した。 しかし、横須賀線に多大な影響力を持つ検閲により削除の教祖が旧世代から新世代に交代した際、「隠すのメンドイ」という一言でこの工作を原則廃止することが決定。軍事詰め込み輸送に有利な通勤型電車への交換が行われた。ただし東京寄りの一部車両には4ドア車にもかかわらず一部クロスシート(ボックス席)を設けるという今までにないギミックを施しており、一応はいざというときのために備えている

また、全電車に2階建グリーン車が連結されている。これを利用するのは主に高位な軍人、またはVIPに限られている。昼夜問わずに一階席にはSP(セキュリティー・ポリス)や、一階席愛好家が居座っている。 ちなみに、新世代の教祖は必ず2階席に乗るが、これは高所から庶民こと信者を見下ろす事を至福の時と感じているからである。

なお、今後山手線と同じ電子レンジが導入されるが、そちらは一部のクロスシートも消え、グリーン車以外全車両4ドアロングシートとなる。側面の塗装はなぜか山手線のような縦縞ではなく、見た目はE233系とほとんど変わらない。

塗色[編集]

色見本 名称 解説
  スカ色 軍部お気に入りの高貴な色。観光路線を兼務する同路線の
品格を高めるのにも最適である。
ムスカ色の略でもヨコスカ色の略でもなく、横須賀色の略。
  みかん色 美味しそうなみかん色。
乗り入れてくる電車が付けていて、見るとミカンが食べたくなる。

各駅[編集]

久里浜駅

京急に完敗状態の終着駅。

衣笠駅

地味に難読駅名。

横須賀駅

ここから複線。京急の横須賀中央駅とは比べ物にならないほど都市部から離れているため、乗客はほとんどいない。

田浦駅

しーめーきーりー!!

東逗子駅

逗子海岸とは真逆の山の中。

逗子駅

ここからは15両対応。オレンジと緑のあいつはここまで来る。

鎌倉駅

江ノ電はお乗り換え。

北鎌倉駅

特記に困る駅。あ、なぜか臨時NEXが止まったよ。何もない駅なのに。

大船駅

東海道本線とここで合流。実は横須賀線はここで終わりだったりする。

戸塚駅

東海道本線と対面乗り換えが便利。

東戸塚駅

貨物がこのあたりで分岐する。

保土ヶ谷駅

東戸塚とここは東海道本線は止まらない。

横浜駅

この先、他路線とは全く違う方向へ向かいます。

新川崎駅

川崎駅までは電車で約25分(乗り換えあり)という便利かどうかは言うまでもないな駅。

武蔵小杉駅

別名・西向河原駅

西大井駅

遭難顰蹙ラインはここから新宿・大宮方面に遭難していき、東京駅に行きたかった人の顰蹙を買う。

品川駅

地上で山手線と対面できる唯一の駅。クソ遠いが。

新橋駅

新橋駅を通る路線を挙げていこうとすると、なぜかスカ線忘れられがち。

東京駅

乗り換えするには階段5階分上がらなければならない。なお、北有楽町駅にも改札内乗り換えはできるが、1度地上まで上がってから再び地下に入り地下道を長々と歩く必要があり、実際に乗り換える人のほとんどは品川から山手線に乗り、有楽町から徒歩連絡している。 (この先、総武快速線へ直通)

逗子久里浜戦争[編集]

逗子久里浜戦争とは、ハマの赤いあんちくしょうこと、京浜急行との客の奪い合いを意味する。

  • JR陣営

自民党99.1% 相鉄 1.23%

  • 京急陣営

非公開

脚注[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横須賀線電車爆破事件」の項目を執筆しています。
  1. ^ ところで、この地下トンネルができてからは、既に30年以上の年月が経過している。完成当時は軍事的にも有用なものだったのは間違いないが、しかし、現代において帝都の地下にこのような長大なトンネル(≒空洞)があるのは、テロ対策という観点からはどうなのだろうか、もしもテロリストが地下トンネルに爆発物などを仕掛けたら大変なことになるのではないか――などと、ご不審の方もおられるだろう。
    しかし、安心してほしい。帝都と軍都とを結ぶ路線に相応しく、横須賀線はなんと1968年に既に爆弾テロの被害に遭っているのだ。15名の死傷者を出したこのテロは、現在では何故か沿線地域では一切語り継がれていないが、ともあれ、その8年後に完成したトンネルには、きっとこのときの教訓が充分に生かされている筈だ。従って、乗客は何の心配もしなくて良いのである。どうか、心配しないでほしい。

    大丈夫だから、絶対に心配したりしないように。


    本当に、大丈夫だから。



    ……いや、大丈夫だって言ってるだろ。


    ………何だよ、その疑り深そうな目つきは。





関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「横須賀線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)