横網

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

横網(4527)とは、東京都墨田区の地名。JR両国駅の界隈であり、東京都江戸東京博物館両国国技館の所在地である。近年はモンゴル人が自治会長を務めている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横網」の項目を執筆しています。

由来[編集]

両国国技館がこの地にあることからも分かるように、相撲の横綱(4527)から命名された地名である。「あれ?両国の前は蔵前に国技館があったんじゃなかったっけ?」と思ったそこのおじさん(22)おばさん(88)、その蔵前の更に前には両国の、やっぱり横網町に国技館があったんですよ、これホント。現在地とはちょっとだけ違うんだけどね。

関東大震災で甚大な被害を受けたこの地は、その後の復興の際に、横綱(4527)のように強くたくましく、どんな災害にも負けない町にしよう、ということで、縁起をかついで命名された。町の命名式には、相撲協会の役員や横綱審議委員、もちろん時の横綱(4527)も出席し、町民の前で奉納の土俵入りが行われたのである。

産業[編集]

もちろん最大の産業は大相撲関係を含む観光産業である。両国国技館は全国いや全世界の相撲ファンにとっての聖地であり、本場所開催中は多くの人がこの地を訪れる。また、江戸東京博物館も、古い江戸の風情を再現したものとして、欧米からの観光客にも人気がある。

アクセス[編集]

  • JR総武線両国駅:駅自体が横網町に所在している。

え?[編集]

よこづなじゃなくてよこあみ「綱」じゃなくて「網」? 
下手こいたーーorz...

関連項目[編集]