横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 (よこはましりつよこはま - こうこう) とは、横浜サイエンスフロンティア地区にあるフロンティアな高校である。略称はYSFHなど。

フロンティアな校章

概要[編集]

 横浜市が市民の血税を結集させ設立させた、フロンティアな全日制理数科高校。 日本で初めて文部科学省からSSHとSGHの両方の指定をうけた高校であり、各研究方面などでその名に恥じぬ活躍を見せている。  また、横浜サイエンスフロンティア高等学校(以下、YSFH)は生徒指導のキーワードとして「知の開拓」という言葉を掲げているが、漢字の読めない理系の性か、「恥の開拓」や「痴の開拓」だと勘違いしている生徒も多い。ちなみに、説明会などでしつこいほどよく耳にする「暗黙知」等の言葉は入学以降全く関係ない。

歴史[編集]

2009年 開校記念式典が行われる。YSFHが産声を上げた瞬間である。
2010年 文部科学省によってSSHに指定される。
2014年 文部科学省によってSGHに指定される。
2017年 附属中学校開校

設備[編集]

横浜サイエンスフロンティア高校には特徴的なおもしろ設備がたくさんある。

理科実験設備[編集]

96億円もの潤沢すぎる予算を使ってフロンティアな理科実験設備が購入されたため、サイエンスの名に恥じぬ実験機器がワンサカある。

遠心分離機
ものすごい遠心力により内部での重力は地球の0.1倍から156倍まで自由自在に変えられるものすごい機械。

パソコン[編集]

420台あるが、OSはフロンティアなWindows 7である。 ただ、PCに予算のすべてを使ってしまったため搬入は生徒と教員の手によって行われた。無能。 また、セキュリティが非常に緩く、しばしばフロンティアな生徒たちによって情報が流出する。

アリーナ[編集]

「体育館」という名称の建物は1Fを含まなくてはならないらしく、多少鼻につくこの名称は止むを得ないらしい。決して横文字趣味ではない。

ホール[編集]

交流棟1F。200インチのスクリーン、まるで市民会館のようなふかふかな座席など高校としては贅沢な設備を備えた快眠ホールである。しかし計画性の無さが災いし、当然入学式などの大きな行事を行うほどの座席数はなく、その場合アリーナで代用する。文化祭時は主となる学習棟に比べて交流棟の客の入りが悪く、ここを利用してSL発表等を行う生徒達はなんだかやるせない気持ちになる。また、毎年生徒有志によってスクリーンを使った迫力満点のスマブラ大会や、一部の生徒たちに愛されているビデオの観賞会などが企画されている。

カフェテリア[編集]

これもよくある食堂だが「カフェテリア」というお洒落()な名前になっている。交流棟の1~2Fにあり、2F部分の座席は「リバービューラウンジ」と呼ばれていて、名の通り県北の川を眺めながら昼食をとることができる。このリバービューラウンジではありがたい先生と一対多でお話をしながら図々しく菓子を食う機会がある。 また、ここの学食はガチ。冷凍食品を使用しているのはなんと麺だけ。それも理由は調理師曰く「試食して普通の麺よりおいしかったから」 豚骨ラーメンは朝早くから本物の豚骨で出汁をとっていたり、カレーは継ぎ足し継ぎ足しで作っていたり、もう気が狂うほど美味しいんじゃ。 なお、高校生向けのハイカロリーなメニューになっているため、カフェテリアを利用しすぎて体脂肪率が増加してしまった教師が後を絶たない。

エレベーター[編集]

バリアフリーって感じで。一見するとただのエレベーターだが、乗ってみるとすごく臭い。ある法則に従ってボタンを押すことで地下室に行けるといううわさがあるが、いまだ検証がなされていない。

トイレ[編集]

毎日清掃員の清掃が入っているため寝ころべるほど非常に綺麗であり、トイレの綺麗さで入学を決めた生徒も多い。照明にセンサーライトを使ったはいいが、便座に座って数分経つと勝手に消える。もし消えたときはセンサーに向かって手を振ってあげよう。

グラウンド[編集]

非常に狭い。運動部ですらろくに使えない有様である。何を思ったかナイターが付いているが、めったに使用する機会がないうえに天文部員の天敵となっている。奥にはささやかながらテニスコートもある。

ビオトープ[編集]

一部の生徒しか知らない幻の場所。本来は絶景が広がりここにしかいない生物が多く生息し、まさに桃源郷のような状態であったが、この場所を発見した生徒たちの無情なフロンティアスピリッツにより、かつての面影もなくなり、ただの草原と化してしまった。

防衛設備[編集]

YSFHはTNT火薬などの火薬類や毒ガス、生物兵器などを生産する能力を有しているため、近隣諸国による攻撃から自衛する必要がある。そのため「世界平和」という名のもとに複数の兵器を有している。制作に主にサイエンス系()部活動が関わったため部長の気まぐれで使われることもある。パイロットが必要なものは主に運動部から生徒が引き抜かれ、訓練させられる。管轄はYSFHSDF(Yokohama Science Frontier Highscool Self-Defense Forces)

F-35B[編集]

対空、対艦防衛のため20機保有する。もともとはとある場所からの横流し品をそのまま使ってたが細部の仕様変更に航空宇宙工学部が関わった。

飛行甲板[編集]

校門から鶴見川方面をみると校舎と校舎が大きく離れている事がわかる。有事の際にはここが左右に展開する事によって垂直離陸機能を有する本機の離発着を可能とする飛行甲板が現れる。着陸は近隣の騒音環境に配慮して鶴見川上空からの進入となる。

ハープーンSSM4連発射器[編集]

東京湾京浜工業地帯への敵対勢力の艦船による侵入を阻止するために屋上に装備されている。屋上にあるエアコンの室外機に見えるモノは全てハープーンである。屋上にあるためか天文部がよく遊んでいる。

アスロック対潜ミサイル[編集]

潜水艦による偵察活動から自衛するために鶴見川河口から約10kmの範囲をカバーしている。8連発射機の様なローテクではなく、フロンティアなVLSを使用して発射するため、普段は見ることが出来ない。

RIM-7 シースパロー[編集]

東京湾から発射されたミサイルを迎撃するために装備されている。鶴見川沿いの土手が展開する事によって発射が可能となる。

SM–3 BlockⅡB[編集]

某国から発射された弾道ミサイルを迎撃するため、VLS発射機に収められている。フロンティアな生徒達が改造し、地球に接近する隕石を大気圏外で迎撃できる能力をも備えていると言われる。

Mk15Mod2ファランクスCIWS[編集]

迎撃できなかったミサイルを食い止める最後の砦である。本来は主に艦船に使用される兵器であるが、本校はウォーターフロントに位置すること、今後本校をマクロスとして運用する事を含め、あえてこの機動性のある兵装を選んだものと思われる。屋上の天体ドームに偽装されて格納されている説もある。

白衣[編集]

入学時に購入する白衣はサイエンスフロンティアMachine-Tech部開発の光学迷彩である。

体操着[編集]

一見すると無駄にプリントの多い服ではあるが、航空宇宙工学部が秘密裏に開発したベルトを用いることで、適合者の運動能力を一時的に飛躍させることと重力を無視することが可能。ただし、いまだ生徒の中に適合者が見つかっておらず、現在期待されている体操着以外の用途としては蓄光を利用した疑似光るパジャマくらいである。

ラボラトリーノート[編集]

全サイエンス生が所持しており、カフェテリアで販売されている。建前上は研究内容から研究過程、研究結果までを書き記す、一般人は目を通すだけで脳が汚染される禁書である。が、実は表紙と裏表紙に情報工学部の最高傑作となる超薄型携帯端末が隠されており、それ単体で政府程度ならハッキング可能なスペックとプログラムを有する情報的兵器であるが、普段はたまにしかハッキングする機会がないので、封印されている。なお、新入生の最初の情報の授業は、この端末のセキュリティを解除することから始まる。

デュエルディスク[編集]

YSFH内の一部決闘者に無料で配布されている。放課後にはデュエルディスクを装着した決闘者たちが命を懸けた闇のデュエルを行うこともあり、近年では配布を禁止する動きが盛んである。

フチコマ[編集]

陸上戦における唯一の戦闘手段であるが、人工知能を搭載しているため通常人が乗り込む必要はない。また日々の良き話し相手としての約割も果たす。

人造人間エヴァンゲリオン[編集]

サイエンスフロンティア高校地下のリリスとの接触を目論む使徒と呼ばれる巨大生命体への対抗手段としてフロンティアな技術で生み出された汎用人型決戦兵器である。 2015年6月22日には鶴見川より第三使徒検閲により削除。後述する艦娘による攻撃もA.Tフィールドの前では、フロンティアな提督たちの才能をもってしてもほぼ無意味であった。ご心配なく そのためのネルフです。パイロットは予備が届いたのでエヴァ初号機の作戦遂行により目標は撃破された。 パイロットとしてはやはり中学生のお察し下さいな精神状態が求められるため、サイエンスフロンティア高校はフロンティアなサイエンスフロンティア付属中学校の開発を委員会に提唱した。しかし、その実権を握っているのはテンプレート:ゼーレにより削除

艦娘[編集]

鶴見川を遡上してきた深海棲艦に対する唯一にして最強の生物兵器である。日々彼女らはサイエンスフロンティアな提督達の成績と単位を犠牲にしたフロンティアな訓練を受けており、練度は十分である。また、その高い練度を見込まれて大規模作戦が行われるたび、サイエンスフロンティアな提督たちが多数出撃をすることからもわかるように、アジア太平洋地域における深海棲艦に対する一大拠点となっている。また、哀れな生徒の嫁ぎ先としての機能も有する。

生徒[編集]

フロンティアな設備とフロンティアなコンセプトにおびき寄せられて受験するため、とてもフロンティアな学生が集まる。電子辞書に無理やりLinuxをインストールしてパソコン化する輩や円周率を100桁程度ならさらさら言える変人、原子番号を入力すると物質名を出力する歩く理化学辞典ともいえる人が普通に校内を闊歩しているという環境はある意味恵まれているのかもしれない。また、真面目で常識的であった人間も我が校の自由で解放的な校風に吹かれて、いつしか「ニンヒドリン君可愛い♪」「T-2ファージたん可愛い♪」「オゾニド可愛い」 などと意味不明な事を口にする事になるので、入学を希望する諸君で「私は特に”普通ではない”と言える特徴がない」などと悩んでいる者がいたら安心して入学されたし。ただし入学したら二度と一般人には戻れないと思え。 また、この学校においてその選ばれしフロンティアな学生たちは各年次ごとに238名と非常に中途半端な数だか、これには理由があり、240人中成績上位者2名を地下でのフロンティアな研究の実験体としている為、240人ではなく238人というまさにフロンティアな数である。 また、中庭に生息していた鶏はこの人体実験を受けた人間の成れの果てである。 さらに、フロンティアな学生が多いせいか、一般常識がかなり変化する「サイエンス・マジック」という症状を発症する場合がある。また女子が少ないため、同姓でのお察し下さい。だが、救済措置として一妻多夫制が採用されることがある。しかしながらその手の検閲により削除お察し下さいのため黒歴史として封印する男子が多く、広まらないため多くの子羊が生贄になる。その弊害として男子の目が死んだ魚のようになり、学校から気力が消えつつあるのは否めない(一部)。因みに、男女共にスラックスの着用が認められている為、性別詐欺を行う者もいる。男子がスカートを履いている姿も度々目撃されるが、品性高潔ではないという理由でお察し下さい。 また、受験期になると勉強のしすぎで更に頭がフロンティアする輩が続出し、赤本を積み上げたり柵を乗り越え屋根に登るなどの奇行が目立つようになる。

委員会[編集]

フロンティアな生徒たちによってフロンティアな委員会が組織されている。

教師[編集]

フロンティアな学校だけに、教師陣も生徒に負けず劣らずフロンティアなメンツが揃っている。これを毒をもって毒を制すとでも言うのだろうか。学校への忠誠心が強く、下手に反抗するとユーラシア大陸北東部への片道切符が贈呈されるので気を付けよう。

行事[編集]

フロンティアな学校なため一風変わったフロンティアな行事がある

入学式[編集]

フロンティアな選抜試験に見事合格した新戦力たちが、期待と気体(おもに窒素)を胸に一堂に集う。 なおフカフカな座席に座れるフロンティアなホールでは席数が足りないため、パイプ椅子のフロンティアなアリーナで行われる。 来賓の方からサイエンス的でグローバルなお話をいただけ、新戦力の士気と眠気を高めてくださる。 一応横浜市立なのでわれらが森鴎外師が作詞された「横浜市歌」を歌わされるが、最近は市外通学者が多いので、歌わなかったものは不敬罪として検閲により削除。 またヒョロナガい同志に囲まれたちびっこ新戦力は、初日から戦意を失うこととなる。

体育祭[編集]

フロンティアな生徒の日ごろの運動不足を解消し、長期の実験に耐えられるよう鍛えるために行われる行事。 サイエンス体操は、体育祭においてもサイエンスの心を忘れず、無事心身を傷つけることなく終了するための一種のお祓いである。また「顕微鏡を覗くように前屈」など生徒達を笑わせるようなネタ体操である。 フロンティアな応援合戦では、フロンティアなダンスや、フロンティアな劇で大変盛り上がる。 特にサイエンス的な生徒は、徒競走前に相手の足の速さや天候状況、靴の摩擦力に弾性力、砂の粘土に空気抵抗などを計算するため、終わってみるとトラック内に計算あとがたくさん見られる。しかし、計算に頭を使いすぎたサイエンス的な生徒は、健全な運動部に大差をつけられて敗退に終わる。 体育祭の次の日に筋肉痛でお察し下さいになるのは、べ、別に運動音痴なわけじゃないんだからな!

サイエンスリテラシーⅠ[編集]

フロンティアな企業と結託し、生徒への販促を目的として用意された授業。 味の素の化学調味料によって味覚をいじられ、アサヒビールの工場見学で酒乱になるなど、品性高潔で高校生に相応しいプログラムである。

事件[編集]

やはりフロンティアな学校とだけあり、毎年フロンティアな事件が勃発する。二年次生が犯人となることが多いという。気になる方は先輩に聞くといいだろう。この際、誤って教師に聞いてしまうと数日後には君はお察し下さいとなってしまうので注意だ。

その他[編集]

  • こんなフロンティアな高校のため教室と廊下の間の壁はガラスである。それでも盛り会う生徒が多いのはなぜなのか。
  • 学校名を決める際には「科学技術高校」「フロンティアサイエンス高校」「予算のお察し下さい高校」「フロンティアな横浜市内のフロンティア横浜フロンティア地区にあるフロンティアな日本国内で最もフロンティアな横浜サイエンスフロンティア高校」等の名前の案があったが、結局この名前に落ち着いた。
  • 品性高潔ではあるが、いちおう思春期まっさかりな高校生、かつ知を開拓する好奇心旺盛なフロンティアな生徒のため検閲により削除
  • 洗脳への耐性は必須、フロンティアな学校のため科学的な洗脳が行えるため、宗教の布教が行われる。
  • カフェテリアや各教室の机、椅子はサンタクロースによる贈り物である。理由を知りたい者はそれぞれに貼ってあるラベルに記載された納入日を見る事をお勧めする。
  • 他校との交流も盛んであるが、サイエンスの深淵に触れた他校生徒はサイエンスの闇に葬られる
  • とあるR18なゲームメーカーの新作PVにフロンティアな校舎の外観が使われたところ、大人のお兄さんとなっていた卒業生が一早くそれを察知。聞きつけた現役の僕ちゃんたちを巻き込んだ大喜利合戦が繰り広げられたが、あまりに騒ぎすぎたためか数日後のPVでは別の後者の画像に差し替えられており、お兄さんたちは年甲斐もなく大粒の涙を流し悲しみに暮れた。

外部リンク[編集]

フロンティアなフラッシュが使われた公式サイト[1] フロンティアな生徒有志のフロンティアな非公式サイト [2]

関連リンク[編集]


この項目「横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校」は、ハマっ子執筆者自身は結構気に入っているけど、どう見ても名前が長いクソの山じゃん、本当にありがとうございました。速く訴えられないうちにさっさととりかえることをお勧めするべ。 (Portal:スタブ)

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!