横浜市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
横浜から転送)
移動: 案内検索

横浜市(よこはまし)とは、神奈川県、もしくは横浜国の都であり、カッペの都会化を目的とする国。中心部はほぼ全域が埋立地だけど、海を離れると坂だらけ丘だらけの田舎。

隣接する神奈川県の県庁所在地は小田原市であり、横浜県に属する市町村は他に川崎市しかない。しかし、場合によっては三浦半島のある鎌倉市逗子市葉山町三浦市横須賀市東京都町田市本厚木駅周辺、山梨県道志村なども含む場合がある。

東京と横浜の違いは、総合的にいろいろな人間が集中している東京と違い、横浜は全世界からカッペが殺到しているところである。昨年度は、新たに38人が横浜国民の認定を受け、国民の総数はのべ127億3608万人あまりとなった。

しかし、真性横浜人かどうか判断する基準は横浜市歌を歌えるかどうかで横浜育ちか判断できんべ? この横浜では市内に5096校ある全公立小学校で入学初日から強制的に横浜市歌を叩き込まれる。よって成りすましハマっ子は歌えず偽市民である事を見抜かれ赤っ恥をかく。 なお横浜市では横浜市歌を国歌と称し公国として独立しており、正式には横浜市公国と呼ばれる。

概要[編集]

暗雲漂う横浜のシンボル、魔塔ランドマーク。頂上付近は霞んで見える。

横浜が、「青いを灰色の大地に生まれ変わらせること」の代名詞であるように、中心部はほぼ全域が埋立地である。海の埋め立ては縄文時代には既に行なわれており、江戸時代にはお三という女性が難工事のために人柱となり、南区のお三の宮という地名はこの事件に由来している。やがて2000年以上の時間をかけ現在の海岸線に到達した。市内の区数は一般的なゴルフコースの数(18)と同じであるため、横浜市民の間では横浜市の各地でゴルフをする横浜ゴルフが流行っている。なお、中区は誰しもが認めるザ・横浜であるが、そのすぐ北部である神奈川区、港北区、鶴見区と、すぐ南部の南区、港南区、磯子区と、すぐ西部の西区、保土ヶ谷区、旭区は同じ横浜の市街地でもかなり雰囲気が違い、それぞれが準・横浜を名乗って譲らない。戸塚区及び旧戸塚区は湘南の気風が混じり横浜市民の気持ちを持たない人もいれば両方を庭と言う人もいる。

田園ヒルサイド(南東京地区)[編集]

東京志向の2級市民が多く住み着き、東急沿線住民としての独特な神田うの的セレブ意識もある(さすが神田うの級のナルシストぶりだべ)。

一年戦争の最終決戦場として有名。戦後はものすごい勢いで人口が増え、トゥルーラブストーリーの舞台である青葉台や、ときメモ3の舞台であるもえぎ野を擁し、ToHeartの舞台である町田に隣接するなど、ギャルゲーの街として栄えた。他にも全体的にそれっぽい地名(ひらがなor季語+~台、~ヶ丘など)が多い。市民ホールである『フィリアホール』は、直訳で娘穴。ちなみに青葉区のインターネット普及率とニート輩出率は日本一。またTBS系列で放送されるサスケの緑山スタジオは、三歩歩けば町田に行ける青葉区の物凄い僻地に存在し、TBS系列で放送された「金曜日の妻たちへ」は、青葉区の物凄い奥様たちを追ったドキュメンタリーである。さらに僻地の鴨志田に行くと、もう一種異様な雰囲気をかもしだしている。東京に対する憧れと劣等感が最も強い地域であり、横浜南部や湘南地区が自らの在り様に独自の誇りを持っているのに比べて青葉区民は事大主義的であることは区歌の一節「♪ナンバーワンにならなくてもいい、もともと大好きナンバー2」というフレーズからも見て取れる。
  • 緑区
文字通り汚らわしい学校が広がる恐喝地帯。横浜らしいものは何もないが、横浜線の駅数は市内で最も多い。かつては大部分を長津田一族が支配していたが、地上げによって大部分が削られ、今では見る影もながったりする。
農家と工業地帯で大部分を構成されるも、港北ニュータウンという巨大なオーパーツを持つ。センター地区は五大副都心の一角。地味に先進都市。プリキュア5の舞台である可能性がある。

港北ミッドタウン(北部臨海地区)[編集]

京浜工業地帯の中核をなす非常に地味な地帯。

かつては海老名市と見間違うほどの超水田地区だったが、現在では市内最大人口を抱える区に成長している。というか日本の政令指定都市の区の中で一番人口が多い区である。しかし、それでも東京と比べると一番マイナーな北区にさえ敵わない。日吉には慶應義塾大学、とらひげ、日能研などの有名校もあり、放射状の道路は田園調布パリそのものである。えっ?大和市の南林間駅も放射状?どこだそれ。綱島には小規模ながら温泉ラブホテル街もある。菊名に関してはKI☆KU☆NA。副都心(ラブホテル街)である新横浜地区もこの地域にある。第二都心があったり人口が多かったりと横浜のもう一つの中心用に思われているが、新横浜周辺以外は思いっきり昭和な町。
ほぼ川崎市といっても過言ではないが、ゴミは分別しなければならない。鶴見線という鉄道ヲタクと現実逃避をしたい人が羨望する特異な超ローカル線が縦横に走っている。国鉄から払い下げられた大きな緑地があるが、花の万博が開かたりはしていない。石原裕次郎が眠る総持寺は石原軍団の要塞。 現在、横浜駅から奪い取った駅ビル「CIAL」を鶴見駅にドヤ顔でぶっ建てた
神奈川県の発祥の地であり、その証拠に住所をフルで書くと「神奈川」を3回書かされる地区がある。横浜市立神奈川中学校は4回、神奈川県立神奈川工業高校と神奈川県立神奈川総合高校の場合は5回。ゲシュタルト崩壊。中心駅は当然神奈川駅。地方の人間には勘違いされがちだが、神奈川大学の神奈川は神奈川県の神奈川ではなく、神奈川区の神奈川である。横浜の資料では何故か中区や西区と並んでベイエリア都心三区と位置づけられているが、実は足手まといでしかないのではないか?がしかし、ここに西神奈川1丁目3Dエロゲインスティチューションがあることを考えれば、その見方が馬鹿げていることはすぐ分かる。最東部はみなとみらいの一部、最西部は畑地帯と、ある意味その名のとおり神奈川県の縮図のような区である。

横浜ベイエリア(横浜駅周辺・関内・旧市街地区)[編集]

市の中心部。永遠に続く駅改良工事で有名。

  • 西区
もともと砂利置き場だった横浜駅西口を相模鉄道バラのデパートメントストアの力を借りて大開発した。路面店は皆無に等しいが、商業施設のハコモノはかなりの規模でそれなりにある。野毛山動物園やJRA場外馬券売場など、動物好きには嬉しい施設も多い。南部の久保山には、幻想郷への出入り口がどこかにある。根岸線から山の方は・・・。

なお神社で初めて破産となった横浜の精神的支柱「伊勢山皇大神宮」もこの西区に存在している。

  • みなとみらい区
海洋都市(ウォーターフロント)。空き地と超高層ビルの織り成す近未来的な殺風景は、規模は劣るが上海の浦東地区と似ている。海中都市「みなとみらい21地区」(横浜国参照)ができてからは「みなとみらい20地区」と揶揄されている。幻の19番目の区
南神葉静州(神奈川県千葉県静岡県)の州都が設置される。ライバルは臨海副都心。
発祥の碑がやたら多いのが特徴だが横浜駅を筆頭に、ランドマークタワー、インターコンチネンタルホテル、クィーンズスクエア、パシフィコ、日本丸、日産本社そして横浜人の心のよりどころである横浜銀行の本社まで全て西区に取られた。市庁舎や横浜スタジアムはかろうじてここにある。休日になると山下公園の駐車場は他県ナンバーの車で朝から満杯になる。中華街やテレビドラマのロケ地、日本3大ビバリーリルズの一つである寿町があることでも有名。しかし伊勢佐木町などの一部旧市街地ではみなとみらい地区に追われ衰退化しているのも事実。良くも悪くも古き横浜の顔の部分である。そして博物館の数が異常で、かってはカレーの博物館もあった。山手地区は昔ながらの古い横浜の町並みが広がり、お嬢様学園や歴史的建物、教会・墓地、さらには米軍基地も一つや二つではない。住宅街の中にある山手駅は、周囲に特殊な磁場でもあるんじゃないかと思うほど辿りつくのが困難であり、ましてや初見で発見するのは事実上不可能。ミラージュステーションの異名を欲しいままにしている。スペイン風の中心街と巨大な埠頭がある本牧は一見最も横浜らしい街。だが駅がないのがネックとなり、外観の美しさと裏腹に非常に寂れている。超人ヤンキーや詩人レーサーたちが出没するので注意すること。それでも、本牧はいつの時代も輝いている。

相鉄グリーンフィールド(相鉄沿線)[編集]

横浜ならどこでもいいから住みたいだけという目的の人か、「横浜市」という言葉に騙されて引っ越してきたか、相鉄で採用されている直角カルダン台車に魅了された鉄ヲタなどが住む地域。ズーラシアと運転免許試験場、横浜国立大学以外は本当に何も無い地域。横浜駅から徒歩圏内でも一面田畑地帯とか平気である。各地区の頭にある太字の見出しは横浜公式資料からとったものであるが、ここだけ明らかに適当である。 高齢化により人口が少なく税収が少ないのにも関わらず大量の金がむしりとられるためそろそろ横浜市から追い出されて大和市に押し付けられる予定である。

横浜を通過する車なら一度は目にするきらびやかなネオンから明らかなように、ラブホテル数市内第二位を誇るエッチ区。地形も山あり谷ありで、立体地図を見るとどことなくエッチっぽい。地名の由来からして「ホト(女陰)に似た形の谷」という説もある。国道しか通らない人間は気づきにくいが、かつての工業地帯やオンボロ団地を無理矢理高級住宅街につくり変えた天王町・星川周辺は、一歩裏道に入れば町田レベルの渋滞プレイスポットである。和田町はマッドシティ並の凶悪都市だった歴史があるが、とある小学生の鮮烈なデビューによって平和を取り戻した。
二俣川・鶴ヶ峰地区は五大副都心の中でも弱小に分類されるが、市外の人間とDQNにとっては最も知名度が高く、相撲ナンバーが多く、厚木や海老名に近い。同じ市内でも交通の面は不便なのに、なぜか県内唯一の運転免許試験場があるためである。保土ヶ谷バイパスという巨大なオーパーツの大部分をこの区が占める代わりに、国道16号線が片側1車線になっている。厚木街道、中原街道が交互に現れ、ズーラシアもあったりと、地味ながら人口は多い。帷子川流域はDQN、山間部は農民とすみわけられており西部はのどかな農村であり、まるで愛甲郡。ハートキャッチプリキュアの舞台である可能性が高い。
大和市の色合いが濃い、紛れもない横浜の僻地。しかし大和市と一緒に欲しくしていないと町田市っぽいところもある。だが町田東部は実に青葉区っぽい上に、瀬谷区はちっとも青葉区っぽくない。保土ヶ谷バイパスを下り、ようやく町田まで来たかと思いきやそこはまだ瀬谷区である。栄区と横浜市最下位の座を譲り合っており、人口はわずかに勝っている。
  • 泉区
区内の実に三分の一を和泉氏の私有地が占め、「和泉一族にあらずんば泉区民にあらず」と嘯かれるほどの勢力を誇っている。これに対抗できる勢力はフェリス女学院生徒を中心とした緑園都市セレブズか、いちょう団地・上飯田団地の多国籍連合のみである。その他の地域においては後述の戸塚市構想における新戸塚地域の一部に組み入れられてしまっている。

南部シーサイド(京急(南部地域限定)及び根岸線沿線)[編集]

プチ湘南のイメージが先行してる住宅地。

横浜駅に近い日の出町黄金町地域はかつては環境が悪い繁華街で有名であったが、近年僅かではあるが改善されているかも知れない。人口密度は西区をも上回り県内最強。港北区の人口と同じく、政令指定都市の中では人口密度一番。けどやっぱり東京と比べるとそれほどでもない。横浜市立大学附属市民総合医療センター(旧浦舟病院)というドクターヘリも完備のどでけぇ(大学)病院がある。でも地下鉄駅と京急の一般駅だけで中心となる駅がない。区内を流れる大岡川沿いは桜の名所なので、区のキャラクターはみなっちという男性器の擬人化妖怪、もとい、サクラの妖精である。桂歌丸が住んでいる
山手駅以南は、古い住宅街と新しい住宅街が混在している。磯子美空ひばりゆずの出身地でもある。丘の上にあった横浜プリンスホテル(←消滅した。)からは、美しい千葉県と埋立地の石油コンビナート群や造船所が眺望できたが破壊され倒産。水道管破裂による間欠泉が、ごく稀に見られる。さあ、きみも磯子へLet's Harry up!いそごー (杉田は過ぎた)。江戸時代は杉田梅林が広がり、杉田梅は最高級のブランド梅として江戸市民がら重宝されたが、アホの神奈川県教育委員会ちと史跡破壊容認大好き横浜市教育委員会が保護しなかったので日本一の梅林は昭和の高度経済成長期に完全消滅した。他には美空ひばりが名物だったが現在の名物はゆず、食べる方じゃないくて歌う方。
横須賀市の印象が強く、地理的にも三浦半島に属する。金沢八景駅前には、日本の伝統的家屋である藁葺き屋根が奇跡的に保存され、その付近はかつて日本最古の武家文庫である金沢文庫もあったが、臨海地区テロ組織シーサイ・ドラインの引き起こした八景島クライシスの際に木っ端微塵に破壊されてしまった。学級文庫管理委員がこの近辺を乗っ取ってしまい、復興のめどはたっていない。鳥浜や幸浦などの小規模な工場が密集する臨海工業地帯、並木など小奇麗な高層住宅が立ち並ぶ臨海住宅地域、能見台など海が見える新興住宅地域、富岡など昔ながらの坂の町、柴町など潮の香りのする漁港、八景島シーパラダイスに海の公園など、夢見がちな中学生やアニオタが好きそうな景色があちこちで見られる。本当に綺麗な街だから一度来てみなよ。そのため、金沢区民や横須賀市民が東京の高級住宅地を訪れても、「なんでこんな何もないところが高級なの?」という感想しかもたない。もし鎌倉が世界遺産になった場合、金沢区にある金沢文庫(の横の寺)も自動的に含まれるため横浜市内唯一の世界遺産保持区となる。横浜の端っこなのに横浜高校、横浜私立大学、横浜商業工業高校(当時)と、横浜を冠する学校が三つもある。小学生には「かなざわ○んこ」で有名。さあ、口を「い」の形に指で広げて「かなざわぶんこ」と言ってみよう!

鎌倉郡久良岐郡のハーフ地域[編集]

鎌倉でも久良岐郡でもない中途半端な田舎と町が混在する区域。

区域の東は旧久良岐郡、西側は旧鎌倉郡で2つの文化が合わさったハイブリッド地域なのに、あんまり鎌倉みたいにオシャレじゃない。戦国時代には北条家臣間宮康俊北条綱成付家老として活躍し、豊臣秀吉の小田原城攻めの際は箱根の山中城で秀吉本隊8万の内、26000の大軍を戦国時代の港南区民手勢200で痛撃した程の武闘派な区民の性質。港南区民に喧嘩を売ると、納得いくまで間宮魂で食ってかかってくるので先に謝るかちゃんとデータを纏めた資料を持ち出してプレゼンしないといけないため対立しない方が良い。江戸時代初期には間宮直元但馬奉行佐渡奉行徳川家康の命令で歴任し港南区は兵庫県朝来市新潟県佐渡市植民地にしていた。吉野町駅(南区)~上大岡駅港南台駅近辺の鎌倉街道は、横浜市営神奈川中央交通のバス同士が日々チキンレースを繰り広げていることで有名。ちなみに、五大副都心の一角である上大岡駅は谷底にあり、周囲はガガゼト山の256倍くらい高い天嶮。舐めてかかると痛い目にあうぞ。港南台にはそれぞれ鳥の名を持つバーズ十勇士がいるが、鶯はつい最近戦死した。だが東急の手でサイボーグ化してよみがえろうとしている。区内の繁華街である上大岡や上永谷との連結も難しく、地元住民は「港南台はどうしてこうなんだい!」などと言いつつも、郷土愛は市内でもずば抜けて高い。アニメ『ハム太郎』の舞台となっている。
栄えてない栄区鎌倉市の面影が強い、瀬谷区と並ぶ横浜の僻地。中心的な駅である大船駅は鎌倉市との市境の上にあるし、もはや鎌倉市である。住民達も、自分たちは鎌倉市民だと思っている。何せ冗談抜きで昭和後半まで市外局番が鎌倉市と一緒だったぐらいである。しかし、本郷台駅前には反政府組織である神奈川県警の養成学校や、ボウケンジャーの基地であるアースプラザ・リリスがあったり、市内最上位のお坊ちゃん高校があったり、一大ターミナルである大船地域の半分は栄区であったりと、施設の面で遥かにリードしている。未開発な地域を利用した「市民の森」はあるが、町中でいきなり田畑が出現することは大船以西を除いてほとんどなく、地方都市の様相はあっても瀬谷区や緑区のような田舎びた印象はない。パチンコ屋やCD,DVDレンタル屋を設置してはいけない条例があるらしいく、区内にはTSUTAYAが一件もない。そのくせに、パチンコ屋は多々存在する。かつては伝説の不良校が存在していたが統廃合により消滅した。港南区の港南台と栄区の関係は、規模は小さいながら池袋と埼玉県の関係に酷似しており、港南台にいる若者の三分の一は栄区民である。横浜公式資料ではここと戸塚も相鉄グリーンフィールドに含まれるが、どちらも相鉄線なんかかすりもしていない。区内の駅は本郷台駅のみで、それも帰宅ラッシュ時でも港南台⇒本郷台間は座れることが多々あるレベルだが、朝の本郷台駅前付近では我先にと駐輪場へ向かう自転車がデットヒートを繰り広げているくらいで決して田舎ではない。むしろ自虐的に「栄区は田舎だよ」という区民は本当の田舎を舐めている。西の方の人にあやまれ。大船駅は数メートルの差で鎌倉市に属しているが、ごく最近「笠間口」という栄区内の改札口が誕生した。仮に大船駅を栄区に含めるとすれば市内第三位の利用客数がある駅を区内に含めることになり、瀬谷区どころか緑区や泉区あたりも敵ではない。鎌倉の属領だっただけあって実は無駄に歴史が長い。金沢区とは仲が悪いのか、隣接している割に異常なほど行き来が不便。まずは区界の歩道がない恐怖のトンネルで歩行者と自転車を殺し、トンネルを抜けた後の異常な温度差で二輪車を殺し、環四の慢性的な渋滞で自動車を殺す。

戸塚[編集]

戸塚など箱根駅伝と、間違ってるけどヨットスクールで知られた平凡な住宅街。区の由来はかつての東海道の宿場であるが、そのさらに由来は、その昔ここで天下の大ドロボウがとっ捕まったことによる。戸塚駅周辺の町並みはというと、これが豚一匹通れるか否かほどクソ狭く、おまけにそこを300mの鉄の塊の大群が軍事パレードよろしく日夜爆走しているため、結果として開かずの踏切と化してしまっている。県内渋滞四天王の一角であり、最強最悪のプレイスポット原宿がある。東戸塚は近年巨大なショッピングモールが出現した典型的な片田舎。世界の中心。戸塚区はハマっ子にも湘南BOYにもなれる理想的な位置(だが、海に面していないためどちらにもなれないじゃん)にありながら、何を血迷ったか戸塚ブランドにこだわり、戸塚市なるものを設立しようと躍起になっていた(詳細は後述の戸塚市発足運動を参照だべ)。

大湊線沿線[編集]

  • 横浜町
陸奥湾に面し海産物が有名。

その他(準横浜地域)[編集]

東京と神奈川の境にある、神奈川寄りのグレーゾーンとして有名。神奈川度においては川崎より上かもしれない。というか歴史的にもお察し下さい。町田駅と青葉台駅は驚くほど近い。高台からはランドマークタワーもしっかり見える。神奈川であることはもうほぼ決定なのだが、さらにその中でも注目するべき部分は東名高速横浜町田インターの存在である。カーナビで「神奈川県に入りました」「東京都に入りました」と連呼される場所である。隣の横浜青葉インターが横浜市青葉区のインターであることから考えても、ここが横浜市町田区(あるいは神奈川県町田市)のインターだと考えるのは自然なことである。またテレビは東京の石原テレビより、神奈川のTVKテレビの方が映りがよい。町田の駅前は横浜銀行がどかんと居座り。バスは神奈川中央交通が殆ど。駅前の喫茶店も東京新聞でなく、神奈川新聞を置いている。スーパーも東急ストアより相鉄ローゼンの天下である。さらにインターは横浜町田、リニア誘致は相模町田が合言葉である。ほとんどの神奈川県道路地図には町田市が全域掲載されている。ところで町田の駅前のヨドバシカメラと町田駅の駅長室は、実は相模原市にあるのは公然の秘密である。
ちなみに、町田市が単独の市として神奈川に入っても、横須賀市、藤沢市と熾烈なナンバー4争いをするだけである。ちなみにナンバー5はたぶん厚木市。
  • 本厚木
駅前大都会。西へ十分歩けば地方都市。二十分歩けば工場地帯と田園地帯。三十分歩けば。ここを横浜だと言ってしまったら瀬谷区民どころか厚木市民も怒るが、特筆すべきは駅前の町名である。元町町、寿町町、町、町、町、幸町と、横浜市民ならどこかで聞いたことがあるような地名が本厚木駅周辺には無数にある。この中で一番大きいのが旭町なのは、やはり相鉄がらみだろうか(旭町は住宅街)。厚木町という地名も一応あるが、ほかと比べて極端に小さいあたりがわきまえている。ちなみに読み方はすべて○○ちょう。元町中華街駅を「もとちょうちゅうかがいえき」と読んでいる人間を見つけたらその人は厚木市民だからやさしく案内してあげよう。神奈川西部の集客を一手に引き受ける大都会、本厚木駅に来て「こんな西のほうにこんな栄えた町があったんだ」とものすごい上から目線で感心するのは神奈川東部住民共通の行動である。逆に考えれば、ここより西は検閲により削除。ここより西で栄えているのはせいぜい観光で栄えている小田原市箱根町ぐらいだろうか。
  • 道志村
山梨県である。横浜市民の水瓶として非常に横浜に貢献してくれているが、なんとリアルで横浜市と合併しようとした過去がある。飛び地かよ。もちろん、結果はお察し下さい
  • 三浦半島
いい国作ったつもりが教育委員会の陰謀で「いいやこの程度で」になってしまった鎌倉、未だに神奈川ナンバー2を自負する横須賀、その横須賀に一度は合併吸収されたもののまさかの独立を果たした逗子、御用邸があるから意地でも市に昇格しない葉山、大根とキャベツと湘南より美しい海が合い言葉の三崎。それぞれが個々のアイデンティティーを強く持っており、横浜とは一概に言えないがなぜか横浜ナンバー採用地域である。きっと横須賀ナンバーや鎌倉ナンバーでまとめて独立などしようものなら、個々のアイデンティティーが強いこの地域のこと、暴動が起きてしまうのだろう。ではなぜご当地ナンバー制度が導入されたときに横須賀ナンバーや鎌倉ナンバー、葉山ナンバーなどで応募しなかったのだろうかと思うが、ご当地ナンバー制度には非常に厳しい制約があるらしい(対象の地域で登録されている車の台数とか)。この地域は三浦半島地域で、横浜ではないかもしれないが決して湘南でもない。でも正直言って地方の人の想像する『湘南』のイメージ通りの風景なのは間違いなく藤沢や茅ヶ崎よりも鎌倉、逗子、葉山である。横浜ナンバーなのにね。
  • 相模原
政令都市になりました。だが、区名が南区、中央区、緑区。なぜ方位で統一しなかったのかはともかく、なぜ区の名前を二つも横浜とダブらせるのか。そして区名はまったくアイデンティティの確立されていない名前である。これは行政区画等審議会が無個性な名前を候補に入れたからである。いつまでたっても区界の看板を設置しないのは名称変更を議論しているからだと信じてますからほんとお願いしますよ相模原さん。

言語[編集]


特性[編集]

全ての市民は横浜ベイスターズの熱狂的なアンチであり、年間数回は横浜スタジアムへ野次を飛ばすために足を運ぶ。サッカーチームは横浜F・マリノスを支持しているけど、チームの統合前は横浜マリノス横浜フリューゲルスの二派に分かれて市内で紛争が絶えなかった。 横浜FC? 何だべ?

特に、1999年(平成11年)に両チームの合併問題が持ち上がった際には、ファン同士の諍いが暴動に発展し、横浜駅周辺は火の海と化したべ(火の七日間)。当時の神奈川県知事であった岡崎洋の要請を受け、小渕恵三首相と小倉優子が自衛隊と指定暴力団神奈川県警に治安出動を指示するも、暴動の鎮圧には63日間を要した。

ベイスターズ優勝時には、横浜駅前の帷子川に1人飛び込み溺死している。これは道頓堀のように救命ゴムボートのようなサポート体制が皆無だったためでもあるべ。この川は例の西区民アザラシでも有名になったべ。

また、この市を称える楽曲も多数存在し、その代表とも言えるいしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」が第2市歌となっているじゃん。駅の発射ミュージックにも使われている。「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」は横須賀と合同で祭典を行うときに声高らかにみんなで歌うべ。

人口は大阪市よりは多いけど、面積は大阪よりもはるかに大きい。そのためどこどこは横浜じゃないという会話は市民にとって日常会話である。ただ、そういう会話をする人はほとんど港の見えない丘に住んでいる。横浜市歌の内容が実質的に橫浜港歌、あるいは中区歌であることにはもちろん目を瞑っている。

発祥大好き[編集]

日本人、特に横浜市民は発祥と言う言葉が異常に大好きなので、捏造ということで他都市から嫉妬や嘲笑、罵倒や賞賛、応援や喝采を浴びることが多い。しかし、近代文明において「発祥」「オリジナル」「本舗」「元祖」に強く粘着固執するのは、非常に大胆かつ斬新

例えばリニアモーターカーの発祥は、日本最初の実験地である宮崎と、日本最初の営業運転を開始した横浜と、日本最初に営業実用化された愛知と、日本最初の携帯ストラップ化した山梨とで共有されている。

鉄道の発祥は営業一番列車が発車した東京品川)に横浜と、人間が運べる実物大の模型の鉄道を博覧会で動かした長崎と、各種の鉄道オタクが自然発生した愛知が共有している。

ビールの製造やガス灯、新聞発行や牛歩戦術、無口キャラやツンデレ同級生も実験的レベルで行った都市と、大規模レベルで市場を形成した横浜とが共有している。

何でも発祥が多い横浜であるけど、不思議とカツライスの発祥だけは、横浜以外の都市で大紛争を起こしているのは異様。

また横浜の名称も、青森県横浜町の方が先だという説もあり、予断を許さぬ状況。ていうか稀少苗字だけど横浜さんって苗字の人もいる。 つまり横浜はナルシスト。ん?こんな時に訪問客か?ああぁぁぁっ!!!

広大になりすぎた横浜市。たぶん市民もほとんど知らないと思うけど、横浜発祥の地(横浜港開港前の元々の横浜村)は現在の元町あたりである。江戸初期まで大岡川と中村川の間は全部海だった。

いわゆるアザミネーゼについて [編集]

アザミネーゼとは、東急無計画に開発した多摩田園都市の一部の区域、東京からの愛の流刑地で、田園都市線市営地下鉄の駅があるあざみ野周辺住民の蔑称だ。横浜文化とは縁を切り、田園都市線つながりで世田谷区民と同等を謳う。川崎(溝の口・宮前平)よりも渋谷から遠いという事実は、村の掟で人に話してはいけない。

もちろんその発祥は、東京都港区白金周辺の原住民であるシロガネーゼや、東京都北区赤羽を支配するアカバネーゼとのコラボであることは、明白じゃん。

隣のたまプラーザも、テレビドラマの金曜の妻たちのロケ地としても一躍有名になった。もはや青葉区が「横浜のチベットタウン」と呼ばれていたことは忘れ去られ、田園都市線に乱立する「東京のベッドタウン」「高級住宅街」の一つに生まれ変わっているっちゃね。

2ちゃんねる学歴板の住人が多く、東京に対するファナティックな愛情を持つ2級市民が多いっちゃね。青葉区は家庭にインターネットが日本で一番普及している自治体なんだ。日々、発泡酒や大五郎の梅割りを飲んでは、旧市街地に市庁舎がある横浜市の政策を関内主義(カンナイズム)と罵倒して憂さを晴らしている。この一帯が独立すれば、横浜も昼夜間人口比が札幌神戸福岡並になるので、市役所から派遣された独立運動工作員も多く潜伏しているっちゃね。

また、クリスマス時には、豆電球で家を一晩中照射して、ランバダやマカレナなどの全米トップチャート急上昇曲を大音量でかけ続けないと、悪霊や疫病、外国人窃盗団やモンスターペアレントが襲ってくるという迷信がある。この迷信を信じない住民は村八分にされるなど、悪しき慣行も形成されつつあり、深刻な問題となっているんだがねー。

戸塚市発足運動 [編集]

埋め立てと横浜市の無駄な税金だけで出来ているみなとみらいはアンチが多いが特に南西部の住民からの嫌われっぷりは異常なほどであり、自分達が汗水たらして働いた金がこんな未来も何も無いところに費やされていることに怒りを覚えた住民たちが横浜県横浜市から離脱しようと盛んに運動を行っている。日立やニコンの大工場を抱えている戸塚区を中心に泉区、瀬谷区、栄区が戸塚市になることを希望していた(ただし合併に反対する地域もあった。後述)。

これに対し横浜市は地下鉄を全て上永谷止まりにして市バスをなくすと脅したが地下鉄は高いから廃線になっても構わないらしくバスも三ツ境以外通ってないため横浜市の脅しはかえるの面に小便状態。元々横浜市長も市計画のあらゆる幹線道路が戸塚区内の用地買収の遅れのせいで悉く計画が止まっていたり、町中で普通に未開発の森林が現れるという橫浜市としての自覚が足りない戸塚を横浜のチベットと呼んでいたほど見捨てていたため、行政サービスがあまりなく発足した暁には横浜市内において更なる制裁を加えるとしているがここにきてどうして必死になっているのか分からない。ただこの4区が離脱したところで横浜市が政令指定都市であることに変わりはなく戸塚市が発足したとしても人口は80万人ほどであり相模原と同じ中堅都市に成り下がることになるが、全国のもてない男たちと協力しみなとみらいアンチ会を立ち上げ運動は激化。戸塚市が完成すれば全国のみなとみらいアンチの喪男が集いあい政令指定都市となることが確実である。「まあ恐らく喪男が移住しすぎて横浜が寂れるのが怖いんだろうね」などと戸塚側は平静を装っていたが、ある議員は横浜浄化などと発言しており、戸塚内部に横浜市のスパイがいた可能性もある。

ただし、横浜市立高等学校は横浜市に税金を納めているからというお金第一主義的な理由で横浜市民しか通うことができない(超難関試験の学区外受験をすればお隣の神奈川県民も通えるじゃん)ため、戸塚市民の市立高校生はかなりのとばっちりを受ける。 一方で、「市立戸塚高校があるからいいんじゃん?」と考える強硬派も存在している。

尚、戸塚市は神奈川県となるため昔の国境に戻るということで、郷土・歴史マニアからも注目を集めていた(正確には港南区の西部や港北区の一部も旧相模国であるけど、港北区も港南区は合併に対して一切関わりあおうとしていないじゃん)。


合併反対地域について[編集]

泉区・瀬谷区はかつての戸塚から分区したとはいえ、現在では「相鉄沿線の町」として栄えており(別に栄えてはいないべ)、交通の便も悪い戸塚に回帰するのに前向きではない。区民の税金が多少無駄に使われようが横浜のままでいる考えである。というか、県外の田舎者からかけられる「へぇ~、横浜市民なんだ、なんだかよくわからないけどオシャレーだべ!」という言葉が満更でもないようだ。

瀬谷区はそもそも戸塚から最も遠く、どうせ合併するなら沿線で、しかも戸塚と規模がほぼ同じで二俣川を擁する隣の旭区と、という声もある。戸塚から見ても瀬谷はもっともどうでもいい地域だが、弱小といえど旭区と合併(つまり横浜市に残留じゃん)してしまえば都市規模は戸塚を遙かに上回ってしまう。戸塚にとっては最も避けたい事柄である。 さらに、瀬谷区民にとって一番近い繁華街は大和市の大和駅であり、戸塚と合併しないならせめて大和市と、とも戸塚市側は思っている。だが逆に大和市民は「憧れの横浜市民」になりたいと思っているし、第一「例の団地周辺を俺達に押し付けようとしているのに何都合のいい事言ってんだべクズが」と大和市民は憤慨しており戸塚とは仲が悪いので戸塚の言いなりになって瀬谷区との合併は絶対にありえない。
追い打ちをかけるのは瀬谷区の高齢者である。横浜市は全国的にも福祉に力を入れているつまり税金の無駄遣い自治体であり、瀬谷区や泉区のような土地の余っている地区には老人ホームが乱立している。そのため、仮にも横浜市民でいれば充実した福祉サービスが受けられるため、金を持っているジジババたちは横浜市民という立場を離れたがらない。

また、泉区は区内でも反対する地域が複数ある。相鉄線ほぼ唯一のオシャレ駅、緑園都市周辺は横浜ブランドに固執しており、わざわざ喪に属したいとは考えていない。和泉一族率いる和泉地区は『泉区』の名前に拘っており、実質吸収とも言える合併そのものに反対している。特に特色のない地域だけが戸塚からの合併打診に応じている。例の団地周辺は逆に戸塚・横浜がドサクサにまぎれて大和市に押し付けようとここだけ意見が一致している。

栄区も区内で意見は三つに分かれている。本郷台周辺の港南区より、かつての南部学区所属地域は横浜市民意識が高く、合併に反対。金沢区にほど近い上郷および大船地域は「どうせ合併されるなら鎌倉市と」とやはり戸塚を拒否。「なら鎌倉と一緒に合併すれば区名で残るよ」と持ちかけたが交渉は難航中。というかもともとは鎌倉自体が戸塚の上位存在であるため(横浜に吸収される前は鎌倉郡戸塚町だったべ)、逆に吸収されるのを恐れたとも言われる。それどころか(その住民の年齢にもよるっちゃね)、「横浜市」よりも「鎌倉市」のほうが上位なブランドだと考えている住民も多い。サバ神社を持ち合いに出して前述の泉・瀬谷をも巻き込もうとするも、当の戸塚区には肝心の神社がないため本末転倒である。笠間以東のわずかな地域だけが戸塚回帰意識がある。

かつては大戸塚区の一部であった近隣三区も、中央から離れて久しい昨今では戸塚離れが進んでおり、政令都市を目指す大合併はやはり先の見通しが悪いといわざるを得ない。このまま合併に前向きな地域だけを吸収したとしても価値のある街は増えず、人口は精々四十万人強、江ノ島のない藤沢市と揶揄されるのが目に見えている。

夢の終わり[編集]

そんな戸塚市構想だが、2008年に転機を迎える。位置的にも規模的にも似ていると、戸塚を三国志の蜀になぞらえた副区長が自らを平成の孔明と位置づけ、戸塚市民軍を編成し積極的な北進を始める。

副市長は戸塚市のテーマを『夢』と定め、戸塚市発足の暁には、全ての横浜市民に子供の頃の思い出と現実の厳しさを植えつけたドリームランドを復活させ、現泉区の下飯田を正式にゆめが丘と改名し頓挫していた大型複合施設Dream(関東の駅百選認定駅)に着手、戸塚駅に京急線を誘致しゆめとつかを設立するとの公約を発表した。

しかし、当のトップである戸塚区長は乗り気でなく、全戸塚区民が涙した「横浜と湘南、今また二つに分けられようとしている世界に、本市は余計な色なのかもしれません」で始まる出師の表を冷めた表情で聞いていた。蜀の二代皇帝劉禅は国のトップでありながら空気が読めなかったと言われるが、実際のところ三国志終盤の中国において空気が読めていなかったのは孔明をはじめとする蜀全体であるように、この時、戸塚市計画の行く末を朧に見据えていたのは区長ただ一人だったのかもしれない。

六度にわたる旧戸塚区を奪還する泉区出兵を繰り返した戸塚市民軍だったが、横浜市側の軍師はぶっちゃけ相手していられないと直接戦闘を拒否。平成五丈原の戦い(横浜市側の呼称は戸塚・二俣川暴動)で副区長が過労で倒れると、区長はただちに市民軍の解散を宣言。こうして戸塚市民戦争はたった7日で終結した。

しかし、僕らはまだ諦めていない。

夢を、夢で終わらせない。


すべてを壊すのではなく、何かを探したいだけ。

すべてに背くのではなく、自分で選びたいだけ。

僕たちの場所この手で掴むまで――get place to live ただ素直に生きるために。


副区長が灯した星火は、区民達の勇気になった!

そして僕らは立ち上がった――もう一度!

もう一度!

「ゆめとつかは滅びぬ。何度でも甦るさ!横浜の力こそ、市民の夢だからだ!!」
戸塚市 について、ムスカ

記録[編集]

このように横浜は東京に近い、海に近いという絶好のロケーションを持ち、マスコミによりブランドイメージをも付加された美しき街。東京からの流出移民により人口はべらぼうに増えたが、古くからの宿場町と少しの港町と京浜工業地帯とマンションだけの住宅地などが巧く融和し、市民が一丸となって創り上げた横浜ブランド(笑)で統一されている。借金だってひどかったけど、今の市長ががんばって回復してきてるっちゃね!

というか冗談抜きで人が多すぎ。だって人口で4つに分割したって、それ全部が政令指定都市になれるくらいの規模になるんだべ? でも意外と人口密度は低く、全国の市町村でも28位。東京都区部の半分強。県内では川崎よりも低く、なんと大和市よりも低い。というか、東京は単体の区で政令都市になれるところもある。

  • 誇れる記録 - 下水道整備率99.8%以上。これは政令指定都市でトップの成績であり、東京並みの完備率。あれだけ適当に開発されたのに、下水道だけは完備されているのが凄いじゃん。…それとは別に、スターライトFP型という絶滅危惧種のトイレなどがそのまま残っているのも見る物が新鮮な横浜らしいべ。
  • 誇れない記録 - 昼間人口90% 驚くなかれ、さいたま市より低い。でも、これは人間プレス列車の恐怖を知らずに東急ブランドに騙され、港北とか都築あたりの横浜市街に家を買った横浜都民があの辺りに200万ほど住み着いてる所為じゃん。だから、中区あたりは十分100%を超えているので、一応中枢都市の体裁は保っている。その都市規模は推して知るべし
  • 情けない記録 - 道路舗装率65.8% これは政令指定都市はおろか中核市を含めても最低クラスであり、いかに初心者のシムシティのごとく適当に街を作ったツケだ。そのため市民(特に内陸の都民)は悪路でも問題ない4WDを使って買い物をする。また、日産自動車のお膝元であることから、これを機に、市民に日産エックストレイルを購入するように呼びかけたが、「っていうかさあ、これってゴーンの陰謀?」と市民が訝ったため、買い控えが起こった。そしてその結果

とうとうシェアの2位をホンダに奪われた(ちなみに1位はお察ししたいじゃん)。数少ない本社様をもっと崇めなさい。さもないと幕張あたりに逃げられるべ。

神戸市やその付近の阪神地区の市からのライバル心[編集]

横浜市は、中華街や、港町として栄える神戸市や、市民の思想や雰囲気が似ている阪神地区の市(西宮市宝塚市芦屋市川西市伊丹市など)からライバル視されている。でも人口でも規模でも完全に勝ってる。というか横浜は関西とか眼中になし。神戸(ごうど)? どこそこ? 金沢区か栄区あたりにそんな交差点あったような……。ライバルは東京だけっちゃね。争う理由もねーし仲良くすりゃいいじゃん。ちなみに横浜市民(神奈川県民全体に共通だけど)の郷土愛はガチなので、関西などよく知らない人がネタにでもしようものならどん引きするレベルで全力の反論が来るので注意したい。逆に他県民が自虐ネタをしようものなら全力の上から目線で励まされてイラッとするよ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「横浜市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「横浜市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「横浜市」の項目を執筆しています。
この項目「横浜市」は、壮大なネタ振りじゃん。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けないじゃん。 (Portal:スタブ)