植田佳奈

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「植田佳奈」の項目を執筆しています。

植田 佳奈(うえだ かな、佳奈様、1980年6月9日 - )は、日本の女性プロゲーマー、プロコスプレイヤー、「雀荘植田」経営者。副業として声優活動を行っている。声優引退後はプロ雀士に転身。アイムエンタープライズ所属。人気歌手高見沢愛人にして元親友

大阪府京都府神戸市育ちの奈良県出身。血液型はよく「A型じゃないか?」と言われているが真意は不明。公式発表での身長は156cmだが、実際は153cmくらいとのこと。

「元プロコスプレイヤー」「廃人」「雀士」「超人気美人声優」「佳奈様」「ノンノン」「社会的抹殺者」「抹殺仕事人」など多くの肩書を持つ。

特色[編集]

少女役が主で、関西出身ということで関西弁を話す役が多い。やはり関西出身者以外の声優が話す酷い関西弁[1]とは比べ物にならない。関西弁は関東人からすればチャームポイントのひとつになので、関東人のファンの割合が高い。一口に関西弁と言っても多種多様であるが、彼女は(学術分類でいう)奈良弁、河内弁、紀州弁、神戸弁の4つを自在に話す。が、関西在住者以外はそんなこと誰も気にしない

人物[編集]

  • 仮想世界で、農業をしたり狩猟をしたりするのが本業である。これに対して森永理科は「不健全である」として糾弾したが、植田は「お前の髪の色(ピンク髪)のほうが不健全だろ!」と反論。この発言は物議をかもした。2008年初頭のブログでは「こないだ理科ちゃんのライブに行ったらまたピンク色になってたよ」と遠回りに批判とも取れるような発言が見られた。
  • 農閑期には、現実世界で出稼ぎの副業として、声優業をしている。
  • 2006年、自宅の一室で開業した「雀荘植田」は、たちまち経営が軌道に乗り、数々の事業拡張や企業買収を経て、今日ではかつて東京都知事が目論んで挫折した日本で唯一のカジノとして経済特区の認定を受けている。カジノ事業は莫大な利益を上げており、植田の収入のほとんどを占めている。
  • その一方、言葉巧みに自宅の雀荘に誘い、そこでの麻雀の借金を返済できなくなった声優を競走馬もしくは性の奴隷として調教し、闇のネットオークションで売りさばいている。これまでその毒牙にかかった声優は数知れないが、その一部としては、堀江由衣伊藤静白石涼子等の名が挙げられる。これらの声優はいずれも高い人気を誇ったアイドル声優であったため、極めて高値で売買されているのが実情である。
  • 笑いの沸点が非常に低いことでも知られ、シゴフミマル秘日報では一行ネタを読み上げる側である自分だけが爆笑し、相方の浅野がドン引き、あるいは失笑している姿が多く見受けられる。
  • ウィキペディアについて、シゴフミマル秘日報内で「ねぇお姉さま、まだウィキペディアの私の愛称にノンノンが載ってないのぉ。」と不満をもらしている。ノンノンとは、シゴフミマル秘日報で相方から付けられたあだ名である。由来は、あるコーナーで植田が「ノンノン(Non, non)」と連呼したことによる。なお、あまり知られていないが、「ノンノン(Non, non)」と言うのはもともとは植田の口癖のひとつである。
  • 性的な発言など、最近では百合系声優ではないかと囁かれ、明らかにされていないその素質は未知数と言われる。
  • なぜか、半年に一度のペースで容姿が変改するため、初心者はお姉さんなのかおばさんなのかで困惑する。しかし、宣伝用の写真は統制によって永久保存がされている。
  • 標準語・大阪弁・神戸弁・京都弁を自在に操る語学力、独特かつ巧みな話術、多趣味から来るネタの豊富さなどを武器に、現在も彼女を「佳奈様」と呼ぶ信者の勧誘は広がり続けており、アンチを装った隠れファンをも含めたその勢力は声優業界有数の規模を誇る。
  • 27歳半ばにして2ランクのバストアップに成功したという。これには2chなど一部で「太っただけ」との批評があったが、本人は否定。一方、七城那波みたいな動画サイトでは、彼女のバストサイズ推定が日々話し合われており、その結果、Dカップ以上との見解が示された。
  • 2008年12月6日放送の「アニたまどっとコム standardまるなげ♪」で電車内でマナーの悪さを注意した男性の事を「悲鳴をあげてあのオヤジを抹殺しようと思ったと発言して物議を醸した。これは漫画「みつどもえ」からのパロディだが、そんなことは誰も気づかなかったことにキレ「雀荘植田の経営に専念する」と宣言したが、プロデューサーにお尻ペンペンされ謝罪...。雀荘植田の本当の旗揚げも近いであろう。なおウィキペディアに書こうものならお察し下さい

来歴[編集]

奈良県生駒市に生まれ、大阪府東大阪市で育つ。なお、祖母京都府にいることや、和歌山県兵庫県出身の友人と会話をすることで、関西弁の各流派を習得、現在の彼女ならではの関西弁を編み出すにいたった。

小学生のときにコスプレに興味を持ち、コスプレイヤーとしてデビューした後は、地元の同人誌即売会やコミケを巡業。この頃、ヲタク人としての道を歩むことを決意し、文化の知識を深める。しかし、中学生の頃にコスプレからの引退を表明して、大阪府立市岡高等学校に進学。高校卒業後、神戸女学院大学に入学。一方で、大学に籍を置きながら日本ナレーション演技研究所の大阪校にも通う。また、当時は新幹線通学で東京都に出稼ぎ修行もしていた。そのため、彼女は「電車の中で居眠りをして1、2か所の山々を越えて、知らない駅に降り立った」といったエピソードを持つようになったのだから、なんか可哀そうに思える。

大学卒業後、父親から社会人としての事実上の戦力外通告を受けて、上京することを決意。上京後は、「みっくすJUICE」という黒歴史以外はまったく記憶のない空白の3年間を過しながら、一方でアーツビジョンに所属するも、エロ社長の謀略によって知らない間にアイムエンタープライズに移籍させられる。そのショックは大きかったようで、「ネットゲームにハマりだした結果、ヲタク文化への帰還に成功した」ほどである。一時はファーイースト・アミューズメント・リサーチ(F.E.A.R.)に客分として草鞋を預けており、現在もF.E.A.R.に何かあった時には助っ人として駆けつける事がある。

しかし、彼女の売りである「本場の独特な関西弁」は、関東人の間では斬新であったことから、いつしか絶大な支持を得るようになった。また、関東地方では、彼女を崇めて「佳奈様」と呼ぶ宗教団体が櫻井孝宏の支援を受けて発足した。このとき、文化放送の支援も受けたが、後に後輩の小清水亜美に座を譲ることになったのは、拡大した彼女の支援団体を恐れたのではないかと思われる。

2004年より「学園アリス」や「マリア様がみてる」シリーズなどで主役を演じる一方、廃人化の道を歩む。2005年ブログに「魔法少女に憧れている」と書いたところ、その年の秋から放送された「魔法少女リリカルなのはA's」ではやてちゃんを演じ、その人気は拡大する。2006年には、「聖杯戦争」に参加して、魔法少女+関西弁のコンビネーションでその人気を確固たるものとする。

しかし… 2007年、再び、八神はやて愛沢咲夜を演じたり、経営降下中のアストラルに派遣入社。しかし、はやてハヤテではともに出番が少なく、後者に至っては3ヶ月出番なしという事態に。また、倒産寸前の会社に入社する無謀さ、さらにはイメチェンの失敗からやりなげ姿勢になり、ファンの間に波紋が走る。さらに、「まるなげ♪」と「シモフミ」の2つのラジオ番組でフルスロットルで過激な発言を繰り返して、遂には「イメージ崩壊」を引き起こす。これにより、彼女にアイドル声優みたいな万能な幻想を抱いていたファンの多くがログアウト。しかし、逆に従順な佳奈様信者の連携や信仰をより強固たるものとし、また、いつの間にか新境地開拓して新たなファンを獲得していたりなど、未だその勢いはベクトルを変えても衰えは見せていない。

それどころか、「現実世界は出稼ぎ、ネット社会が現実」という名言を発表して以来、2006年に「ネットの世界に旦那がいて、普段はBBSなどで自分の事を見守っている」、2008年には「息をするのと同じくらいコントローラーをにぎっていたいの」「私の指はゲーム・コントローラーを握るためにあります」といった、後世に残したくなるような画期的かつ哲学的な名言を発表し続けている。これらにより、アイムの声優としての存在感を拡大し、現在では群雄割拠するアイムエンタープライズにおいて、ファンから「アイム三本柱」「アイム四天王」さらには「アイム五なんとか」「アイム六なんやら」と呼ばれるに至った。

ラジオで、意外と発想が古いことが判明(「ローゼン」と聞いて「ローゼンリッター」とコメント)した一方で、木村拓哉の影響と時事ネタにあやかって行った総裁選への出馬表明により、極所的に「植田総理」待望論が噴出したが、彼女自身がもはや一種のカオスなのでどこまでが真意かは不明。

2011年東京ゲームショーで行われたぶるらじWの公開録音にて、久しぶりのガチコスプレ姿を披露。来場した多数の観客が病院に運ばれるという痛ましい事件の発端となってしまった。

2012年、プロ雀士として主人公をはっていた咲-Saki-の続編アニメが発表されたが...先のおやじ殺し発言の余波は未だに酷く主人公を追い出され、おっぱいが大きい原村和が主人公の阿知賀編という作品にすり替えられてしまった。一応公式にはキャスティングされているが出番は禁則事項です...これについて本人は「今度は小林立先生を抹殺してやる!」とコメントし小林立は阿知賀編では作画から逃走し、無理矢理主人公にされた和の中の人は植田の逆鱗禁則事項です「この作品....ノーコメントでお願いします」というコメントを残すという余波を生んでいる。

佳奈様[編集]

声優個人の信仰集団としてはそれなりの規模を誇る。また、17歳教ツンデレ女王能登教などとは、友好的な関係にあり、潜在的な勢力だけなら林原めぐみにも匹敵するのではと執筆者は分析する。

なぜか、彼女の出身地である関西よりも関東に支持者が多いのが特徴である。

この宗教集団の聖歌「Over the FANTASY」は、かつて、歌手活動をしていた植田佳奈の隠れた名曲とされている。

ノンノン[編集]

2008年1月に始まったラジオ番組「シゴフミ マル秘日報」を拠点に急速に規模を拡大しつつある派閥。同年4月には関西へも進出した。なお、同番組は同年6月を以って終了したが、「ニコニコ」や「まるなげ♪」などで勢力を拡大中。

"かな"集結現象[編集]

2008年夏の出演作「セキレイ(正式名称:鳥の名前を冠した108種類のオッパイが登場する深夜アニメ」には彼女の他に花澤香菜阿澄佳奈ゆかななども出演しており、"声優界のかなが一挙に集結する"という現象が発生した。

家族[編集]

ネットの一部では、父親は電通の大幹部であると設定されている。また妹は旧財閥系商社に勤務し、母親は宝塚音楽学校出身であると設定されている。もはや中二設定と言わざるを得ない家族環境であるが、自称インターネット上の百科事典ことウィキペディア2ちゃんねるで広く流布されていた。この件に関して本人は、とあるスタッフから「植田さんのお父様って電通の・・・」と尋ねられたことに触れ、「いやいやお前はまず何を見てんだよ。人の情報仕入れんのはいいけどさぁ、鵜呑みにすんじゃねーよ!」と発言している。但し、この設定に関して否定も肯定もしていない。

植田と黒魔法[編集]

そんなネットをこよなく愛してしまった植田であるが、いつしか現実社会での正しい付き合い方を拒んでしまったばかりに、感情論に訴えいつしか禁断の呪文を覚えようと黒魔道士の洗礼を受けネット上に有害な電波が漏洩してしまった。もし、貴女たちが思わずネット上で卑猥でぴーな文字を目にしてしまい、「何考えてんのよ、こいつ!」と思わず異性を社会的抹殺したくなる衝動に駆られた時、それはネット上の黒魔道士となったUEDAから電波が貴方の脳裏に送られてきていることに気付き、それを実社会では遮断するよう心がけないといけないだろう。無論、こういう社会を作ってしまった男も反省せねばならぬ。

人はこう言った。二次元の性はエロく、三次元の性はグロい、と。

アイムされる植田[編集]

フェイブルの発売を予知的に感じ取った脳内厨プレイ中のエロ社長により悪人プレイをアイムエンタープライズで行う声優として密かに移籍させられる。「明日からアイムだから」とマネージャーから連絡を受けた日、ショックを受け落ち込んだ植田であったが、その夜、夢のなかで神の山ホレブに登っていた。すると「植田よ、植田よ」と声が聞こえてきた。「私は、アーツに居る私の民の苦しみの叫びを聞き、植田をアイムに導く。植田よ、わが民MMOプレイヤーの人々をアーツビジョンから連れ出すのだ」とネットの神より使命を受け植田は敢えて抵抗をせずにアイムに下って行った。これにより後年のエロ社長エロ惨禍事件とアーツ社製枕騒動の難を避けることができた。

この故事から「アイムされる」という表現ができた。これは表層的にはアメリカで流行した、プルートされる、と似ている。けれども深層的には劉邦が項羽により漢中に左遷された後に項羽と戦争を行い勝利した歴史性をも含んでいる。この深層に宗教と十字軍要素が加えると理解になお役立つ。「アイムされる」の場合は降格を取り計らった人間達とは別に間接的な神と自己の契約と使命を帯びた誘い受け受動による降格であるが、「アイムする」は能動により積極性ある状態で降格させてきた者達への逆襲・逆信仰を含むので使用には注意されたい。

2008年、失言により2重にアイムされた植田は見事に悪人プレイの使命を終え大往生した。表向き謝罪したものの、この騒動の影響か植田の飼い猫の毛並みの良い年長の猫ちゃんにより親父は社会的に抹殺された、と猫社会ではもっぱらの噂である。前年にアイムされたエロ社長とアイムしたと考えられる植田と植田の飼い猫との関係は湾岸警察署が捜査中である。今後はウェルギリウス香里に導かれつつ至高の天を目指し、淑女處女たる伊藤ベアトリーチェかな恵に見守られ、超人気美人声優植田佳奈として宇宙創世の秘密を授かるべく善人プレイと恋愛本執筆とN±活動を開始している。

植田と恋愛[編集]

別れた男とも友人になれるサッパリとした男前な恋愛感を持つ、だから植田の前世は両性具有かもしれない。 例え9の悪いところがあっても1つ良いところがあれば男性を愛してしまうという恋愛の名伯楽でもあり、意外に慎ましい執着心と情に厚い女性らしい美点を見せる。だが仕事人間な事と趣味人間な事とNGラインが明確過ぎ、加えて未来のビジョンの読みと理性的な面を備え、男に与える自由が少ないために、逆に男の方が植田に併せて成長しなければいけない事態を招くために男達が我慢できなくなり、結果的に主に振られるのは植田側であるようだ。片思い中の伊藤かな恵についても、もしもそうなったらそれはダメ、とシビアな面を見せる。つまり否定するとき情に流されずばっさりと相手を切るため付き合った男性が耐え切れなくなる。 ゆえに大きな愛情と理性と経済性を兼ね備えた植田好みの男性、そしてこれまでの植田のキャリアへの理解と出産後の仕事復帰まで許してくれる奇跡的な男性の登場を待つばかりである。

関連項目[編集]

人物[編集]

作品等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ もう関西弁ですらなくなった野中弁(あいぽん語訳)とか etc...
Hayami.jpg この項目「植田佳奈」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)

外部リンク[編集]