植民地

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「植民地」の項目を執筆しています。

植民地(しょくみんち)とは、呼んで字の如く人民を植えるための土地である。農地に準ずる。

概要[編集]

植民地は、地面を耕した後に、人民の膝から下を土に植え、日光肥料灌漑に拠るとにより、生育させるための土地である。このため日照量に乏しい緯度の高い地域よりも、より赤道に近い温暖な地域が好まれる。

かつてヨーロッパ白人は、自分たちの土地の日照量不足からより日当たりの良い植民地を渇望していた。このため大航海時代にはアフリカ東南アジアなどにこぞって進出して植民地を獲得、大規模プランテーションによる人民の栽培を行った。

この際、現地の人間を人民を植える労働力として雇用する上で、言葉の壁によりうまく人民の栽培方法が伝えられなかったと言う教訓から、現地に学校などの施設を建築、現地人の子弟を受け入れて植民地としての便宜を図った。しかしこの教育は後に現地文化を衰退させる一因ともなったため、20世紀に入っては現地文化振興の機運もあって、植民地政策は否定されていくこととなる。

この植民地の存廃に絡み、かつてはと言う概念に乏しかったことから国家としての行政システムを宗主国に依存していた植民地地域は、独自政治システムの発足と共に、国家として独立していった。しかし植民地時代に植えられた人民が雑草となって地域に根付いてしまったため、人種的には旧宗主国に属する人民が現地に一部残っている。

植民地政策[編集]

植民地政策は、いかに効率よく人民を栽培するかの、農地経営を含んだ政策である。この過程ではブロイラー飼育による人民の栽培も試され、南アフリカではアパルトヘイトと呼ばれる白人人民を先住民族である黒人交雑させないよう、白人居住区にのみ留め置き、その閉鎖された環境で栽培しようとした。しかし現地の日差しは殊のほか強く、白人が次第に黒人化して、黒人としてのアイデンティティを確立してしまったため、南アフリカに於ける植民地政策は失敗した。

フランスタヒチに於いて島国と言う環境を利用して植民地に於ける閉鎖性を実現しようとしたが、現地があまりに風光明媚であったために、人民以外に知識人や芸術家などまでもが勝手に現地に植わりに行ってしまい、ゴーギャンに至っては自身の作品諸共現地に骨を埋めようとするなどの文化大国としての沽券に関わる事態も発生、早々に植民地政策を縮小せざるを得なくなっている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

日本[編集]

日本の殆どの地域では日照量が十分足りていたため、被支配地域にわざわざ植わりに行く必要が無かった。むしろ被支配地の大部分が日本の平均より日照時間が短かったことから、植民地という形ではなく、日本に完全に併合するか息のかかった国家建設によりこの替わりとした。それでも太平洋地域や東南アジアといった日本より明らかに温暖で植わりに行く必要性のある地域では、植民地という扱いとなるケースが殆どであった。

ただ実際にはをより多く含むといった、本土より土壌が肥沃であるとの理由から、植民地とならなかった地域でも植わりに行く本土の住民が続出したため、実質的には植民地とされることの方が多い。このため、本土の日照に問題が無いのにもかかわらず植民地を設けた日本は欲深く、傲慢であるとされることも多い。

関連項目[編集]