森蘭丸

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「あいつ、二つの意味で役に立つわwww」
森蘭丸 について、織田信長

森 蘭丸(もり らんまる、1565年 - 1582年6月21日)は、安土桃山時代の武将。織田信長の小姓であり、大変な美少年だったため、当然信長とはアーン♥♥な関係にあった。蘭丸では無く「森乱丸」だったとか、「森成利」だったと言われたりとか、太田牛一の「信長公記」では「森長定」と呼ばれたりするとか様々な説が飛び交っている。資料にする価値も無い人物だったというのか。まあ、いつまでも幼名で呼ばれてしまう知名度が高い割に可哀想な人であることに変わりは無い。

生涯[編集]

1565年、尾張国で生まれる。父は、のちに浅井・朝倉の襲撃を受けてあえなく戦死することになる森可成であり、兄には「鬼武蔵」こと森長可、弟にはかの有名な川中島を治めた森忠政(但し地名と人名で知名度が同じかというとそうとは言い難い。さらに、川中島の領地は兄・長可から受け継いだだけに過ぎない)がいる。 1577年、織田信長に小姓として仕えるが、これが蘭丸の不幸の始まりであった。政務を執るのが面倒臭くなった信長に政治を任され、それでいてオッサンである信長とのアーン♥♥もこなし、あちこちに使者として派遣させられて疲れ果て、微妙な知名度のために後世では名前すらはっきりせず、といった燦々たる状況である。蘭丸についてはいろいろなエピソードがあるが、蘭丸をこき使っていることを天下に知られ人気が落ちるのを恐れた信長が勝手に作成しただけであろう。そして、蘭丸の不幸の極めつきは、本能寺の変に巻き込まれたことであろう。蘭丸に限らず、これに巻き込まれた人々からすれば、信長が勝手に光秀の恨みを買い、勝手に光秀に攻められ、自分には何の罪も無いのに信長のせいで明智勢に殺されたのだといえよう。それでも蘭丸は、最期まで主君・信長を恐れ、今すぐにでも女装して逃げ出したいのをぐっとこらえて戦ったものの、所詮は多勢に無勢で呆気なく死んだ。美少年は得をするという法則に、真っ向から逆らった人物であった。

容姿[編集]

現代人が思い浮かべる森蘭丸と言えば、可憐で物静かな風貌を持つ、「ショタ」を体現したような少年であろう。しかし実際のところはどうなのだろうか。彼の容姿についての史料は残っていないのだ。 父・可成、兄・長可が屈強な猛将であったことを考えると……。 まあいずれにせよ、信長とアーン♥♥な関係にあったのであれば美少年であったことは確かであろう。

一門[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森蘭丸」の項目を執筆しています。