森本稀哲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
視力の衰えを招く光源の閲覧にご注意ください。
光害に注意!
この記事には太陽光をはるかに越える、照度総量156キロルクス以上の光源が含まれています!
閲覧にあたっては、紫外線カットレンズを有する眼鏡またはサングラスの着用や、SPF値80・PA値+++以上の日焼け止めクリームを処方することを強く求めます。
もしこの記事の閲覧によってあなたが松崎しげるそっくりさんコンテストに優勝しても、アンサイクロメディア財団は一切の賞金や祝金を授与しません!
森本稀哲である。
パフォーマンスに勤しむ森本。

森本 稀哲(もりもと ひちょり、1981年1月31日 - )とは、埼玉西武ライオンズに所属する僧侶。劇団ひとりの仲間(類似品)である。

概要[編集]

東京都荒川区西日暮里生まれ。実家は焼肉店をしている。南朝鮮出身の父親と日本出身の母親を持つ。

因みに実家は日暮里駅前歩いて5分の一等地とされているが、大人の男性の足でなければ5分で着くのは厳しかろう。(場合によっては、国道を横断歩道でない所を横切って渡る必要あり。)

よく誤解されるが、下の名前は『ひとり』では無く『ひちょり』である。

『ひちょり』という言葉は非常に発音しにくいため、実況アナにも『ひとり』と呼ばれてしまうが、くれぐれも森本ひとりでは無いので注意。というか、どこの劇団とは関わりはないらしい。

2006年頃から表舞台に登場、新庄劇場の劇団員として活躍、時にはベジータの変装もしたりしながら、好守備と以前に比べたらだいぶ改善されたバッティングで日ハムの日本一(アジア一にも)に貢献。新庄引退後は、ダルビッシュ有と並ぶ看板選手になりうる。・・・はずだったが、まさかのFA移籍。しかも移籍先が身売りしかけた球団って、ある意味さすが森本である。

2011年は、日ハム時代から知られていたスペ癖とチャンスでの弱さ(2010年得点圏打率パリーグ最下位)を見せつけ二軍の座を獲得。トレードで横浜に来た江尻の方が活躍している有様である。

小谷野栄一と乱闘して全治5分の重傷を負ったことがある。

選手としての能力[編集]

守備は新庄剛志に負けず劣らない能力を持つ…と言われることが多いが、実はそこまで(過大)評価されてる程、新庄ほどはうまくないとされる。

ただし、守備を使ったマジックをすることが出来る。

そのマジックとは、何でもない外野フライを、少しスタートするタイミングを遅らせて、あたかも難しい打球であるかのように捕ってみせ、ファインプレーのように見せかけチームを盛り上げるというもの。

打撃はまあ…お察し下さい状態だったが、最近は確変により打率も上昇している。

パフォーマーとしての能力[編集]

変装したり体を張って盛り上げようとするが大抵はお察し下さいあげく、『TDNと婚約』という発言で同性愛団体からオフは裁判ラッシュ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森本稀哲」の項目を執筆しています。