森昭雄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森昭雄」の項目を執筆しています。

森 昭雄(もり あきお、1947年 - )は、新感覚ライトノベル「ゲーム脳の恐怖」で一躍有名になった、北海道出身の小説家である。また、世界で始めて実用的なタイムマシンによる時間移動を行ったとされる人物として有名である。

概要[編集]

ゲーム脳ブームを象徴する代表作。これもゲームである。
森昭雄教授のブログ。やはりゲーム脳が諸悪の根源という体裁で書かれている。

《みんなの大好きなテレビゲームが諸悪の根源だったら?》という妄想にとりつかれた男の手記、という体裁をとった論説調のライトノベルである著書「ゲーム脳の恐怖」は、「科学のベールをまとった感情の恐ろしさ」という永遠のテーマを日本人に突きつけるその斬新で奇抜な内容や、短絡的な「論調」が醸し出す狂気によるスリルに満ちた展開、そして間違いだらけの本文から矛盾点を探していく「間違い探しゲーム的要素」が世の奥様や教育者達に大受けし、ライトノベルとしては異例の10万部を売り上げるベストセラーとなった。これにより、ゲーム脳という流行語を日本中に蔓延させた実績を持つ、とても偉大な作家である。

さらに、表の顔は小説家でありながら日本大学教授としても活躍しているらしいが、肩書きは体育学科の教授でありながら脳科学の研究を行っているなど、その正体は謎の黒いベールに包まれている。

タイムマシン研究の功績[編集]

ひとつ判明している大学における研究成果として、時空を歪ませることができる研究が挙げられる。

ある講演会で「2002年に私がゲーム会社に提案したことにより、ダンスダンスレボリューション1998年発売)や太鼓の達人2001年発売)が作られた」と発言し、彼の研究室で開発されたタイムマシンが実用段階であることを公表した。これは、まだ非公式な段階ではあるが、記録上では人類史上初の時間移動の成功である。このタイムマシンは一般には公開されていないが、現時点でおよそ数年程度、時空を歪ませてさかのぼること(タイムスリップ)ができるようになっていると推測される。

発言の内容から、実際に2~4年前にタイムスリップすることで、自身の思いついたゲームの早急な商品化に成功したことが判明しており、さらに研究が進めば、歴史を変えることにより、あくまで「ゲーム脳の恐怖」上のフィクションでしかなかった「ゲーム脳」が、そしてこの「ゲーム脳の恐怖」の主人公が望んでいた「テレビゲームが存在しない世界」が現実のものになるのではないか、という全世界の(うち、ある島国にいるごく一部の教育者たちの)期待を背負っている。しかしその一方で、空想上のフィクションを、歴史を変えることで現実のものにすることに対しては、「現実世界と仮想世界の区別がつかなくなるのではないか」と懸念する声も強く挙がっており、賛否両論といえる。

新しい語意発明の功績[編集]

その他、功績としてはロールプレイングゲーム(RPG)に新たな語意を与えたということである。ロールプレイングゲームといえばこれまで一般に使われる場合、「冒険・探索・戦闘などを行い、経験値を得ることで強くなりながらストーリーを進めていくゲーム」が主であった。それに対し彼は著書の中で「自分が敵に見つかって殺されないように敵陣に進入し、相手を威嚇しながら画面上で突き進んでいくというゲーム」という新たな解釈の語意を発明した(そこの君、「それはアクションゲームだろう!?」とか突っ込まないように!!)。これは、どっからどう見てもシューティングゲームなのにRPGを名乗った頭脳戦艦ガル以来、実に17年ぶりの功績であった。

外部リンク[編集]