森喜朗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「森喜朗」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ゴルフ」の項目を執筆しています。
「ゴルフのルールは複雑怪奇。」
森喜朗 について、平沼騏一郎

森喜朗(しんきろう)とは、サメみそとゴリラの体の政治家。通称お弁当箱。趣味は仕事中に熱心にゴルフをすること。あだ名はゴルフ。また、「仕事<ゴルフ」の不等式は森の代名詞。そのため、彼が総理大臣のときはゴルフ総理またはゴルフ総理大臣という役職に変更された。

森喜朗
あの元総理、大事な時には必ず失言する。
ただいま居眠り中…

略歴[編集]

御尊影

キャッチコピー[編集]

  • サメの脳みそ、ノミの心臓、オットセイの下半身
  • 霞が関の蜃気楼
  • 首相執務室「水槽」
  • 側近の中川秀直自民党幹事長代理と町村信孝首相補佐官「小判ザメ」
  • 青木官房長官「オットセイの調教師」
  • 首相が夜の会合にいくつも顔を出したとき「サメの回遊」
  • ゴルフの、ゴルフによる、ゴルフのためだけの政治

生態[編集]

大柄なゴルフ体格で知られる。そのため周囲からは「さすがラガーマンらしいがっしりしたゴルフ体格ですね」と言われることが多い。しかし大学ではわずか4ヶ月しかラグビー部に在籍しておらず、このようなお世辞は実際にはお世辞にもならない。

ノミのゴルフ心臓を持つと言われている。小さな心臓で大きなゴルフ体の血液循環をまかなっていることから、そのゴルフ心臓の効率のよさが注目を集めている。いっぽうで、生きているノミから心臓を移植したことが倫理的にゴルフ問題となっている。

ゴルフ総理大臣のゴルフ[編集]

ゴルフ首相就任のいきさつ[編集]

2000年4月5日、3日前に脳梗塞で倒れ緊急入院した小渕恵三首相の後をゴルフする形で内閣総理大臣に就任した。その際もゴルフをし続けたため、ゴルフ総理と呼ばれるようになる。

ゴルフ森のゴルフ首相就任は、当時のゴルフ自民党の有力議員五人組がゴルフで決めたのではないかと疑惑を持たれている。実際、4月4日に密かにゴルフコンペが行われ、森が優勝し、「ゴルフ森さんでいいじゃないか」の発言があったとされる。五人組の1人は後に週刊新潮に発表したゴルフ日記で5人でゴルフ勝負したら森さんに決まってしまう、きちんとゴルフ党内のゴルフ手続きを踏んでゴルフ自民党両院議員総ゴルフ大会にかけてゴルフ総裁を選出した方がいいのではないかと反論している。

加藤の乱ゴルフ[編集]

2000年11月、加藤茶がドリフ連合軍を率いてゴルフ永田町を占拠し、ゴルフ国会とゴルフ森内閣のゴルフ解散および加藤の臨時政府樹立を求めるクーデターを起こした(加藤の乱)。これに対してゴルフ森はただ黙ってゴルフで傍観するという優れた戦法をとった。さらに勇将松浪健四郎が放水攻撃を行い、見事加藤を撃退し、加藤と同派だった谷垣禎一が「加藤先生、あなたは大将なんだから! 独りで突撃なんてダメですよ! 加藤先生が動く時は俺たちだって動くんだから!」と言って加藤の暴走を見事に止めた。この事件でゴルフ指導力を発揮したゴルフ森内閣は、ゴルフ支持率が5.7%から5.9%へと大幅にゴルフアップした。

2000円札ゴルフ発行[編集]

ゴルフ2000年を記念して、ゴルフ銀行より「2000円札」を発行。しかし、小渕恵三首相の事業の後を継ぐ形でしかなく、ゴルフ森が行ったとは言いがたい。また、現在ではほとんど流通しておらず、その希少価値により2000円以上の値がついてしまっている。しかしながら、これによってゴルフ骨董品業界を活気づけたゴルフ森はゴルフ骨董品業界から支持を集め、ゴルフ支持率がゴルフ史上初のマイナスに突入するのを防いだばかりか、2000札をこの世に残すことによって、ゴルフ歴史に名を刻んだも同然である。

ゴルフ的低支持率[編集]

ゴルフ史上まれに見る低支持率を記録した。次の総理大臣であるマシリト小泉よりもおよそ84%低い値であった。ゴルフ史上最も支持されなかったゴルフ首相として、ギネスブック登録も画策されたが、ギネス社にも人気がないゴルフ森は結局掲載されなかった。一説によれば、点数が低いほうが評価が高いゴルフのやりすぎで、支持率も低くなるのを狙っていたとのこと。

現職であるぽっぽには「ゴルフ消費税並みの支持率ゴルフ」といわれた。

えひめ丸沈没ゴルフ事件[編集]

毎日のようにゴルフをしていたゴルフ森。ある日彼に襲った異変は、その後の彼を予見していたのかもしれない。いつになく快調な調子でゴルフを続けていると、豪快なスイングでえひめ丸が沈没。しかし、何事もなかったかのようにゴルフを続けたゴルフ森は、そのどんなに大きな物事にも動じない腹の座った人間として、国内だけでなく世界中の注目を集めた。しかしながら、ナイフや拳銃、自衛隊によって殺人を行う日本において、ゴルフ人を多数殺したゴルフ森は、日本殺人協会から批判を浴び、ゴルフ支持率を大きく下げ、ゴルフ総理大臣を引退した。引退後森はゴルフをしながら事件が発生した後もゴルフを続けた理由をこう言い訳した。

在任中のゴルフ[編集]

えひめ丸が沈没したときもゴルフを続け、さまざまな事件や事故にも動じずゴルフを続ける姿勢を国民に見せつけ、日本のゴルフ首相の落ち着き振りを内外に知らしめた。そのためゴルフ総理の支持率は低かったといえる。

退任後のゴルフ[編集]

盟友小泉純一郎ゴルフを行い、小泉が引退後は上皇二人でゴルフを続けている。ゴルフ首相のゴルフ姿勢は国民には理解されなかったようだが、政治家達の間ではゴルフ以上に良い事はなかったらしく、ゴルフ元総理は政界で栄華を極め最高の評価を受けている。また、えひめ丸をゴルフ沈没させた事によりアメリカからアメリカゴルフ栄誉賞を受け取っている。

2010年8月7日、ニュージーランドゴルフ中に長男の森祐喜酒気帯び運転してコンビニに突っ込んだ[1]。夏だったのが不幸中の幸い。これが冬だったら雪を食ってコカイ・・・もとい酒気を誤魔化そうとして顰蹙を買っていただろう。尤も雪を食った柿沢未途が衆議院議員になっているのだから、祐喜も余裕で父の跡を継いでゴルフ議員になれただろう。しかし森祐喜はこの事故からほぼ1年後に死去してしまった。満46歳没。死因は「急性膵炎」だったと言われている

2014年8月20日、山梨県安倍晋三首相とゴルフを開始する前に広島で土砂災害が発生。ゴルフを開始すると、豪快なスイングは健在で土砂災害の被害者が増え続ける。約1時間ゴルフをして満足した後、安倍に「あの時は大変なことになった。早く官邸に戻った方がいい」とアドバイスした。えひめ丸事件当時、安倍ゴルフ内閣の官房副長官を務めており、ゴルフ首相に代わり東京で対応に当たっていた。

発言[編集]

ゴルフ森の発言はさまざまな反響を呼んだ。その影響力はひろゆきにも匹敵する。

  • 「日本は天皇を中心とする神の国
  • 「日本はゴルフを中心とするゴルフの国
    • 当時、日本ではゴルフといえばゴルフ森であった。すなわち、ゴルフ森は日本は自分の国と発言したことになる。勘違いもいいとこである。
  • 共産党が政権をとって、ゴルフができるのか」
  • 「THIS IS IT(これはそれです)」
    • なにかにつけてイット(英語でイットとは「それ」の意味)と言ってものを指した。IT革命をイット革命と述べたことでマイケルジャクソンが影響されて遺作の映画のタイトルにもなった。
  • 「GOLF(ゴルフ)」
  • 「Who are you?」
    • アメリカビル・クリントン大統領との挨拶で。ビルは「ヒラリーの夫です」と答えた。彼は大統領とは名ばかりで、実際は妻のヒラリーのほうが圧倒的に知名度が高い。ゴルフ森がビルを知らなくても当然である。ビルの返答に対して森は「me too.(俺もだ)」と返答。
    • 「How are you?」の言い間違いという説もあるが、神の国の政治を背負って立った人物が英語を知らないはずはないので、素で誰だかわからなかった、というのが通説である。
      • ヒラリーを通じて穴兄弟の契りを結んでも良いというゴルフ森の態度に、クリントンが感動した事は言うまでもない。
  • 「第三国で発見されたことにすればよい」
  • 「大阪はたんつぼだ」
    • 大阪市大阪府の腐敗堕落、財政破綻の傾向を見抜いた発言であり、ゴルフ森の先見性を証明している。
  • 「大阪はゴルフ場だ」
  • 「大阪(春日歩)は幼児体系だ」
    • ロリコンであることをごまかすためにわざと言ったのだが、逆効果に。
  • 「無党派層は寝ていてくれればいい」
    • 政治に関心が無い人達が、見栄を張り無理をしてわけもわからぬ投票をすれば、衆愚政治を招くだけである。貴重な休日なのだから家で寝ていたほうが良いという、ゴルフ森の思いやりも感じられる。
  • 「女の方だなあ、やっぱり(視野が)狭いなあと思った」
    • 参院選前の講演会場にて。ゴルフにおける男性優位を主張し、選挙でのさくらパパ当選を予言。また、彼の存在自体が民主党圧勝に大きく貢献したとの見方もあり、その巨大な影響力には今でも注目が集まっている。
  • 「他人の悪口を言って人の上に立とうと思ってはいけない」
    • マナー最低のゴルファーに向けて。マナーが大切にされるゴルフにおいて、プレー中に人の悪口を言って勝とうとするのはもってのほかである。ところが、年長者であるゴルフ森に向かって「おまえは老害だから引退しろ」などと暴言を吐いたプレーヤーが出入り禁止にならず、支配人が寛容な態度を示している為、ゴルフ森自らがマナーの大切さを世に訴えることになった。
  • 「サッカー日本代表はアウェーで韓国に勝ったことが一度も無いんだよ」
    • 中田英寿に向けて。無論実際はあるのだが、これはゴルフのことしか知らないゴルフ森が何か会話をしようと思って無理に捻り出した放言なので、責めんでやってください。

ゴルフの腕前[編集]

ゴルフの腕前については自他ともに認めるほど素晴らしく、少なくとも200年ほど練習すればプロも夢のまた夢では無いと言われるほどである。

関連項目[編集]

Quqpacmanlogo3.png
森喜朗が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/政治家」へ収録されています。

脚注[編集]

  1. ^ 森元首相の長男 自民党県議の森祐喜容コンビに突入逮捕