森の番人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

森の番人(もり-ばんにん、Forest watcher)は、いつもを守っている。

概要[編集]

みんなともだち。

森の番人は、いつも森にいる。森の番をするために。森の番人は、いつも森を見ている。それが森の番だから。森の番人は、こよなく森を愛している。森と共に生きてきたから。森の番人は、森の生き物と仲良しだ。みんな森の仲間だから。森の番人は、森と共に生きている。もう何百年も、何千年も何万年も何億年も、ずっと森と一緒だった。

使命[編集]

森の番人は、森のすべてを見届ける。それが森の番であり、使命だから。森の番人は、あらゆると破壊と破滅を受け入れる。それが森の番であり、使命だから。人間木々を乱伐する(家を建てたり、家畜を放牧するために)。森の番人はそれをじっと見ている。人間が動物たちを密猟する(高価な毛皮や、麝香などのために)。森の番人はそれをじっと見ている。人間が鳥たちを撃ち殺す(肉や卵、あるいはただ娯楽のためだけに)。森の番人はそれをじっと見ている。人間が魚たちを乱獲する(高価な卵や珍味のために)。森の番人はそれをじっと見ている。人間が土壌を汚染する(ゴミや有害物質をなかったことにしたいために)。森の番人はそれをじっと見ている。人間が岩石を乱掘する(彼らにとって価値ある何かを取り出すために)。森の番人はそれをじっと見ている。それが森の番であり、使命だから。かくして森の番人は、森のすべてを見届ける。そして一粒のをこぼす。死んでいった同胞のために。荒れ果ててしまった故郷のために。

葛藤[編集]

森の番人は、あるいは戦うことも出来た(そして人間を容易く殺す力も持っている)。でも、戦わなかった。使命はすべて(たとえそれが、自分の意思と力によって避けられたことであろうと)を見届けることであり、戦うことではなかったから。

そして[編集]

森の番人はすべてを見届け、そっと一粒の涙をこぼす。流されたと、すべての不条理な死のために。その涙が、人のを潤すように。森の番人は、いつもあなたの心にいる。そして再び芽生えた心の森を、森の番人は見守っている。

関連項目[編集]