梅田地下街

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

梅田地下街(うめだちかがい)とは、大阪市北区梅田地区地下を利用した世界有数の都市型迷路である。増改築が繰り返されたことによって極めて複雑な構造となっており、遭難する者が後を絶たない。では近道を探して素早く目的地へ向かう競技であるオリエンテーリングをここで実施すれば、どうなるだろうか。

概要[編集]

通常のオリエンテーリングでは目視による地形と地図との照合が重要であるが、この施設は地下にあるため目標物が存在せず、目視による判別は困難を極める。どの道も微妙に曲がっているために先が見通せず、さらに難易度を上げている。その上多数の競技参加者および遭難者に加え、大阪人を模した動く障害物が大量に配置されているため、立ち止まることさえ困難である。一旦自分の位置を見失ったら、再確認に多大な時間を要する。樹海に匹敵するとも言われる所以である。地下一階から地下一階に移動するために一回地上に上がってから別の階段で降りないとたどり着けないなど、現地民以外には厳しすぎるコースが多い。というかなぜ現地民がすらすらと歩けるのかが不思議なほどである。

地下街と称されているが、実態は地下街と地下鉄駅と地下通路と雑居ビルの地下階からなる複合施設である。このことを理解していなければ攻略はまず不可能だろう。

入場口[編集]

地上から入る
主要道路沿いやバスターミナルなどに多数入場口が設置されているので、入場はきわめて容易である。
鉄道を利用する
市営地下鉄谷町線東梅田駅、四つ橋線西梅田駅、阪神梅田駅、JR北新地駅からは、改札を出れば既に施設内である。市営地下鉄御堂筋線梅田駅に至っては、電車を下りた時点からゲーム開始である。JR大阪駅、阪急梅田駅も、地上にあるにも関わらず、電車を降りた時点からゲーム開始である。JR福島駅・新福島駅、京阪大江橋駅・淀屋橋駅・渡辺橋駅、御堂筋線中津駅、四ツ橋線肥後橋駅などからも歩いて行ける距離である。

遊び方[編集]

地図[編集]

オリエンテーリングでは地図が必須だが、梅田地下街の競技用全体図はない

正確に言うと作れないのである。これは、公道下の地下街の深さが場所によって異なり、ビル地下の地下1階、地下2階、あるいはその中間に位置するケースがあるため、1枚で簡潔に表現する事が出来ないためである。もちろん局所的な地図は作れる。どんな複雑な2次元多様体も、局所的には紙の地図を作成出来る。これらは地下街各所に配置してある。しかし、つなぎ合わせて1枚にする事は不可能である。

ゴール[編集]

特にゴールは決まっていない。自分で決めた目標地点に行く(行って帰ってくる)だけである。たとえば「阪急梅田駅から入り、堂島のジュンク堂へ行って帰ってくる」、「西梅田駅から入り、東梅田駅へ乗り換えて天六に行く」。これでゲームが始まる。それだけなのだが、非常に難しい。

ケーススタディ[編集]

「阪急梅田→ジュンク堂大阪本店」のケース

まず阪急梅田駅を出る際に2階改札から出るか3階改札から出るかが問題となる。エスカレータで降りる先が違ってくるからである。ここで勘違いをしたら、まだ地上なのに遭難してしまう。次に通常は阪神梅田駅東口に向かうが、阪急百貨店内を横切るコースを含めて何通りもある。歩道橋経由で大阪駅に向かうという手もある。さらにドージマ地下センターに向かうが、大阪駅前→西梅田というコースと、阪神百貨店横の見えにくい脇道に入りディアモールを通って、駅前第一ビルを突き抜けるコースがある。どの選択肢も見通しが利かないので、一度迷ったら本当の「迷宮入り」になってしまう。

「西梅田駅→東梅田駅」のケース

一見ただの「市営地下鉄の乗り継ぎ」にしか見えない。実際、乗車券は通しで利用できる。しかしこのケースの最適解は「駅前第一ビルの地下2階、ディアモール、駅前第四ビルを突き抜ける」である。ビル地下をいくつも通り抜けるのがミソである。西梅田駅の改札階は、駅前第一ビルの地下1階と地下2階の間に位置するため、間違って地下1階に上がる可能性があるが、だからといって途中で「ディアモールへの出口が見つからない!」とか「足元の窓のそのまた下に地下道が見える!」と狼狽していては施設設計者の思う壺である。駅前第二ビル、第三ビル、駅前第四ビルの地下1階を経由すれば大差はない。間違っても公共地下道だけで行こうとしてはいけない。とんでもない遠回りになる上に、全国の土産物やいか焼きの臭いに釣られること必至である。ちなみに乗車券が通しで利用できるのは改札を出てからたった30分間だけという制限時間付きである。

「大阪駅前第3ビル→ブリーゼタワー」のケース

地図上、あるいは地上から見れば、ほぼ1本道に沿って歩くだけで到達できるのだが、そこは梅田迷宮。そう簡単に事は運ばない。ブリーゼタワーは地下で繋がってはいるものの、南側に直結する地下道が無い為、北回り(ハービスやヒルトンプラザ周辺)のルートを取る必要がある。つまり正解は、「第三ビル→第二ビル→第一ビル→西梅田駅→大阪ガーデンシティ地下道→ハービスプラザ→ブリーゼブリーゼ」となる。また、夏場は大阪ガーデンシティ地下道が非常に蒸し暑くなるため、そこを回避しようとした場合「西梅田駅→ヒルトンプラザウエスト地下1階→1階→ハービスent→ハービスプラザ」と移動することでも到達できる。なお、この場合地上を移動したほうが確実に速い。精々傘を忘れた時くらいしか使い道のないルートであるが、何せ迷路なのでそんな事を気にしてはいけない。

期間限定サービス[編集]

話題性の高かったものを挙げれば、地下街の利用を促すため阪急梅田駅とJR大阪駅間の地上通路が工事中の建前での封鎖だろうか。多くのプレイヤーが普段と全く違う経路・迂回路を探すこととなった。悪質隔絶魔境ヨドバシカメラは、地下一階に冒険者の宿まで設置される盛況であったが、地上部分が変更され惜しまれつつイベント終了となった。その他にも阪急・大丸百貨店の改築・増床など沢山の限定サービスが行われており、サービス終了後新しい構造のダンジョンのスタートも予定している。このようなリターン客を飽きさせない仕組みは「梅田利用暦10年のベテランを自負していたが、迂回路を探しているうちに迷子になった」などと概ね好評である。

ゲーム終了[編集]

家に帰りつくまでがゲームです。

しかしこのゲームで一番難しいのは、地下から地上に出る事である。公道下の地下街とビル地下の区別が曖昧なために、地上との対応がつきにくい。しかも見つけやすい出口はどれも似ていて見分けがつかない。自分が思っていた出口とひとつふたつずれている事など当たり前である。むしろ見つけにくい出口(=特徴がある出口)が、地上でも一風変わった場所に出るので、慣れてしまえば分かりやすいが、当然見つけにくい。何回か来場したことのある者でも見つけられない。初めての人が目的地にたどり着ける保証はない。遭難者が多数出る要因である。

もし家・ホテルが梅田界隈でなければ、適当に地下鉄に乗るという手が残されている。複数回乗り換えれば西梅田から東梅田に行く事だって出来る(四ツ橋線・西梅田駅→四ツ橋線・本町駅→(乗り換え)中央線・本町駅→中央線・堺筋本町駅→(乗り換え)堺筋線・堺筋本町駅→堺筋線・天神橋筋六丁目駅→(乗り換え)谷町線天神橋筋六丁目駅→谷町線・東梅田駅)。大阪地下鉄の路線はほぼ格子状に示されるため判りやすい。大阪地下鉄路線図は駅周辺の定期券販売コーナーなどで無償配布、大阪以外であっても日本全国の100円ショップの手帳コーナーなどで入手可能となっている。本来は東梅田から乗るべき谷町線北方面の運賃は、梅田駅・西梅田駅の運賃表に乗っていないが、最低運賃を買って地下鉄に乗り、出口で清算するなり駅員と口論するなりすれば良い。

ただし、同じ地下駅でもJR北新地駅は少々難題である。尼崎と京橋以外の他線への乗り換え駅は、駅名が異なるのである。JR福島、JR新福島、阪神福島は「だまされた」と思って歩けばいい距離だが、JR海老江、阪神野田、野田阪神、JR野田、玉川、この五者の関係は複雑である。もっとも北新地から行ける大阪市内の駅でホテルが多そうなのは京橋と大阪天満宮(南森町)くらいだが。 また大阪駅と北新地駅の乗り換えの難易度の高い上、JRのみで大阪駅から乗り換え繰り返しで回り道しようとすると、大阪環状線大阪駅→大阪環状線京橋駅→東西線京橋駅と一見単純だが、関西人視点で見ても環状線の難易度が東京の山手線の様にわかりやすくないため、おすすめしない。

梅田ダンジョンに慣れてない人間は「西梅田,御堂筋線梅田,東梅田を同じ改札内にしろ!」「大阪駅と北新地駅を同じ改札内にしろ!」と考えがちだが、「遠い」「JR西日本に予算がない」「地下1F地下2Fは店舗が邪魔」「地下3Fを掘れるほど地盤が強くない」と物理的にも予算的にも不可能である。

各種施設[編集]

広大な施設であり、遭難者も多いため、内部に多様なサービス施設がある。飲食店、食料品店、衣料品店、薬局、書店、ATM、靴磨き、合鍵、金券、全国の土産物、漫画専門書店、たこ焼き、いか焼きなど。かつては、疲労した参加者の体力を回復させるための銭湯も存在したが、現在は廃止されている。宝くじ売場もある。当選した場合に当選金を受け取る銀行もある。ただし銀行までたどり着ける保証はない。

遭難者同士で恋に落ちて結婚を決意した人達のために、結婚式場の紹介所まである。なおポケモンセンターオーサカは地上に設置されているため、傷付いたポケモンの回復には「あなぬけのヒモ」が必要になるだろう。

曽根崎警察署[編集]

警察は、天下の曽根崎警察署が直々に配置されている。ちゃんと地下階もある。ただの広報施設なので大して役に立たないが、「曽根崎はこっち」という目印になる点で重要である。その他にも交番が地下街やJR大阪駅に配置されている。ただし、競技に伴う遭難と心中に関しては生温かく見守ることになっている。

大阪駅前第1~第4ビル[編集]

梅田地下街の南側に当たる地区に建つ4つのビル群である。昭和50年前後に建てられた。JR西日本や阪急の贅を尽くした空間が広がる北側に比べると、かなりボロくて薄暗い雰囲気である。ビルの敷地が正しい長方形ではないため、通路も複雑である。その上に地下階は金券屋やマッサージ店、パチンコ店、ゲームセンターなどが乱立している。

だから初めての人がぱっと見て「出来れば入りたくない」と思うのも当然であろう。しかしケーススタディで述べた通り、東梅田・西梅田・北新地の間の近道であるため、ここを攻略できないと梅田地下街を攻略した事にはならない。

また、ビルの地上階は休日になると休業日で閉まってる事務所が多く、ここも「出来れば入りたくない」と思うだろう。

それでも、慣れてしまうと変な店が楽しく思えてくるものである。ただし地下街北側もデフレ状態なので、相対的に安いとは言えなくなった。複雑な通路はなかなか慣れないだろうが、各ビルはそれほど広くないので、ぐるぐる回っていればそのうちにたどり着ける。今はディアモールが出来たので、迷ったら適当な所からディアモールに出ればよい。だが、階を間違えたら致命的である。「おっかしいなー、確か4ビルだと思ったけど、3ビルだったか2ビルだったか。1ビルじゃないよな。いやもしかしたら」と見当違いな推測をしながら、似た光景が続く通路を延々と回り続けるのである。

上にはオフィスフロアもあり、自分の勤めてる会社がこのオフィスフロアの20階とかに借りやがると殺意を覚える(たまにしかいかない場合特に迷う)。

かつては4ビル→御堂筋間の地下通路に麻薬の売人の中東の方が良く居たらしい。ちなみにここから淀屋橋はさほど遠くなく、超絶上級者に「梅田淀屋橋最短徒歩ルート」を案内して貰った初心者が「梅田淀屋橋ってすぐじゃん」と思って歩くと最短距離で行けず地獄を見る。でも梅田淀屋橋を地下鉄で行くと最難関の御堂筋線梅田駅を必ず通る必要があるので、初心者はどっちにしても徒歩圏内の距離に地獄を見るハメになる。

紀伊国屋書店梅田本店[編集]

阪急梅田駅の1階、地下街入場口のすぐ前に紀伊国屋書店梅田本店がある。厳密に言えば、ここは施設の外である。

しかし、地下街でビル地下を堂々と通り抜ける事に慣れた大阪人は、紀伊国屋書店の中も堂々と通り抜ける。本棚が並ぶ狭苦しい書店の中、皆そこを通り抜けていく。加えて紀伊国屋書店南側入口の上には BIGMANという目立つモノがあり、この前が梅田随一の待ち合わせ場所であり、その辺をうろついている連中も暇つぶしに参入してくる。本来の客も合わせて、満員電車並の混雑である。特に西側がひどい。

こんなんで本来の客は逃げるだろうとお思いだろうが、場所の良さに加えて、1階の広大なフロアに全てがあるために上り下りの必要が一切無く便利であり、ここでしかお目にかかれない本も多い(ただしオタ向け漫画など一部ジャンルは隔離されている別のビルに分けて店舗がある)。もっとも、広大な1フロアに本棚を並べまくっているので、ここも十分に迷宮である。イヤラシイ本を探しているのに、いつの間にか子供向け絵本売場に入ってしまう事もあるので心臓に悪い。

紀伊国屋の東西にちゃんと通路はある。しかし今ひとつ目立たず、特に西側は薄暗いので、初心者は気付いても歩きたくないかもしれない。紀伊国屋を通り抜けた先はどっち道薄暗いのだが。

攻略本[編集]

  • 梅田地下オデッセイ[1](Ditch Sunshine、堀晃。1980)非常に特殊な状況での行動および生存シミュレーションであるため通常行動の参考にはあまりならない。
  • 「地下道」(小松左京(ショートショート。『小松左京ショートショート全集』などに収録))超伝導リニア計画すらひっくり返しかねない、ある重大な秘密が書かれている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ホワイティうめだ」の項目を執筆しています。