梅北国兼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「梅北国兼」の項目を執筆しています。

梅北 国兼 (うめきた くにかね) とは、日本の戦国時代末期を生きた社畜。保守派の連中からはプロ市民扱いされている。島津氏の配下。

人物[編集]

島津のスネ夫こと肝付氏の出身。捨て奸など、社員を使い潰すえげつない人事で有名なブラック企業島津家の元でこき使われてきた。その島津家は豊臣秀吉のお仕置きを受け、ようやくブラックから解放されると思いきや、秀吉政権は島津に輪をかけたブラック企業であった。太閤検地という慣れない租税を無理矢理押し付けられた挙句、朝鮮出兵への参加を強引に要求された。無論軍事費、旅費は自己負担である。

もう社畜は嫌だ、とキレた梅北国兼は、愉快な仲間たちと一緒に謀反を起こし、加藤清正が保有していた城の一つを乗っ取り決起する。しかし多勢に無勢で、城内でヤケ酒を飲んで酩酊していたところを刺客に忍び込まれて首を取られた。合掌。

その後[編集]

その後、秀吉は必死になって国兼の妻をはじめとする梅北一族やこれに荷担した連中を片っ端から処刑していった。

国兼と一揆を起こした愉快な仲間たちはただの社畜だったのだが、秀吉はそうは思わなかった。煽動したプロ市民がいるに違いない、突っ込み役の弟豊臣秀長に先立たれ、この頃ボケ始めていた秀吉はそう断定した。そして国兼の上司である島津家を詮索してしつこいほどに追及した。

島津家の当主島津義久はひたすら土下座して平謝りした。これが奏功して島津家は免責されたが、秀吉は島津家の関与を疑わなかった。なんとしてでも島津家を罰してやりたい秀吉は格好の生贄羊を見つけた。弟の島津歳久である。

歳久は秀吉の九州征伐で後継ぎの島津忠隣を失っており、部下に命令して秀吉を狙撃させたというエピソードを持つ。九州征伐後は秀吉に従うことを嫌がり隠居していた。「こいつが犯人や!」そう断定した秀吉は義久に弟の首を差し出せと無理難題な要求をしてきた。しかし弟の首と島津家そのもの、二つを天秤にかければどちらが重いかは一目瞭然。義久は二つ返事ではいその通りにしますと承諾、歳久を切腹させて首を差し出した。

何故秀吉はここまで必死になったのか[編集]

実は朝鮮出兵に関しては、そんなに軍費出せねえよと悲鳴を上げている大名諸侯が大勢おり、不満が噴出していた。梅北一族に対して少しでも寛容な処置を見せると、そうした潜在的な不穏分子が便乗して一揆を起こす危険性があったため、徹底して皆殺しにして見せしめにする必要があったのである。

歳久の腹を切らせたのもその一環である。梅北国兼は全国的には「誰それ?」と言われるほどの田舎武士であったため、彼の首を晒し首にしても威圧の効果は発揮しないのである。 だが、島津家当主義久の弟ともあればその知名度は段違い、俺に逆らえばあの戦闘民族でさえこうなるんや!と社畜達に圧力をかけるために歳久の首が必要だったのである。

ちなみに似たようなことは遠く東北でも葛西・大崎一揆などが起こっており、九州でも梅北一揆から数年前に佐々成政が詰め腹を切らされた肥後の一揆などがある。 この梅北一揆以降さほど大規模な一揆は起こっていない。歳久を血祭に上げて全国の一揆を起こそうとしている社畜を威圧した秀吉の作戦は大成功だったのである。

プロ市民の可能性[編集]

梅北国兼はプロ市民ではないか、あるいは彼を煽動したプロ市民がいるのではないか、それは決して秀吉の被害妄想に留まらなかった。

火あぶりの刑に処された国兼の妻について、宣教師がその手記に「彼女はこれから処刑されると言うのに従容としていた」と、肯定的に書いている。どころか礼賛している。そのためキリスト教系のプロ市民団体が裏で糸を引いていたのではないかと言う陰謀論が絶えない。特にキリスト教が大嫌いな加藤清正はこの陰謀論を盲信しており、こういう事件が再発しないためにも耶蘇の連中は徹底して弾圧しなければいけないと肥後どころか九州全土でキリスト教を弾圧しまくり、島原の乱の一因をなしたとかなさないとか言われている。

清正は今でも熊本県で慕われているが、それがどういうことかというと、梅北国兼=キリスト教が裏で操ってるプロ市民という陰謀論を熊本県民の大半が信じているということである。

また、朝鮮出兵を察したや朝鮮の連中が、工作員を送り込み、国兼を洗脳、煽動した、いやそもそも梅北国兼自身が在日朝鮮人だったのではないかという陰謀論もある。近年中国韓国と日本の関係が悪化するに伴い、こちらの陰謀論は支持を伸ばしている。

梅北国兼は琉球王国のプロ市民、工作員だったという見解もある。この事件から数十年後、島津家は琉球を侵略してこれを征服するが、これを正当化する為に、DQNの島津忠恒が、「梅北一揆は琉球の差し金、梅北に限らず島津の領土は琉球の工作員に荒らされている。先に手を出したのはあっちだ」という陰謀論を吹聴したのである。

その後の島津氏[編集]

関与を疑われ一族の重鎮島津歳久を切腹させられるなど酷過ぎる仕打ちを受けた島津氏。最上義光のように徳川家康へ接近して豊臣家と敵対するかと思いきや関ヶ原の合戦では西軍に所属している。

これは島津家が秀吉に従順だったというよりただたんに外交が致命的に下手糞だっただけである。

なお関ヶ原で西軍に所属したのは義久の弟の島津義弘の方だが義久は特に彼を支援しようとせずそれどころか敗戦して命からがら逃げかえってくる彼を見殺しにしようとしていたフシがあるが、いかに鬼島津と言えども天秤にかければ島津の家そのものには変えられないのである。梅北国兼が決起しても、島津家のブラック企業体質は変えられなかった。