桶狭間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桶狭間」の項目を執筆しています。
「点茶とサッカーにしか能のないお歯黒さんには、ここで消えてもらおうか。」
桶狭間 について、織田信長
「急に信長が来たので」
桶狭間 について、今川義元


桶狭間(おけはざま)は、愛知県の尾張地方と西三河地方の境に位置する歴史的名所である。

位置[編集]

桶狭間は猫の額のような狭い所であり、織田信長がここで桶の間に挟まって今川焼きを食べた所として知られる。近くには田楽狭間(でんがくはざま)があり、ここで信長はおでんの田楽を食べたと言われる。

尾張国(名古屋清洲など)と西三河(岡崎豊田市など)の境である事から判る通り、桶狭間から東は徳川家康の地盤でもあったのに対して、桶狭間から西は完全に織田信長と豊臣秀吉の地盤であった。

桶狭間は、正確には豊明市に位置するが、この豊明は西三河地方から尾張地方に入ってすぐの場所にある。太平洋と日本海が最も接近する名古屋(尾張地方)と敦賀(若狭地方)を線で結ぶと、名古屋のちょい東に当たる豊明に桶狭間が位置し、敦賀のすぐ北に木ノ芽峠が位置する。信長と秀吉の勢力圏を見ても判る通り、木ノ芽峠以南と桶狭間以西の地域は、完全に「畿内」「京都の家来」「琵琶湖交流圏」の地域である。現在でも、畿内に当たる三重県民(含東牟婁郡)と滋賀県民(含若狭)は、桶狭間以東なんて眼中に無い。

それを示すように、尾張国を地盤とした信長は、領土が侵犯されるのを待ってただちに義元を伐ち取った。「先制攻撃はしないが、自国の利益は全力で挙げて守る」という、近代国家でもなかなかできない対応をしたようである。

名古屋鉄道の「有松駅」か「一周は短いよ競馬場前駅」で下車すれば徒歩観光も可能である、多分。周囲はやたら池が多く、古来より多くの武将が一斉に首を洗うことができたと言われている。

民謡「桶狭間」[編集]

歴史的名所ではあるが、それ以上に尾張地方や西三河地方で有名なのは、「桶狭間」と呼ばれる民謡によるところが大きい。これは桶狭間の戦いを比喩的に謡ったものである。

アーエ宮の熱田の 先陣切ってエー
アー尾張清洲さんが馬をかけ 東西南北見渡して 両の桶に挟まれて
誰が今川のヨーホホ アー餅を喰うエー トコドッコイドッコイショ

アーエ田んぼの畦に 腰掛けてエー
アー尾張清洲さんが八丁の 味噌を塗りた田楽喰う 濃尾平野の泰平は
いまに保たれヨーホホ アー保たれたエー トコドッコイドッコイショ
信長が食べた味噌田楽はおでんではなく、八丁味噌をより堪能できる串であった可能性もある。

歌詞は二編からなり、一番は清洲さん(信長)が桶に挟まって今川焼きを食べた、二番は清洲さんが田の畦で味噌田楽を食べた、という内容となっている。ここで「今川焼き」とは今川義元を指し、戦いによって義元を討ち取ったことを謡っている。また「味噌田楽」とは岡崎市八丁味噌田楽を指し、つまり岡崎の徳川家康に勝利したことを表している。

家康は義元の露払いとしてやむを得ず織田方の砦を攻略していたため歌詞に登場することになった。とはいえ信長と家康は幼少時から懇意であり、信長が実際に家康を粉砕したという史実はない。おそらくもともと存在した桶狭間、田楽狭間という語を強引に歌詞に結びつけたために、過分な脚色が生じたものと考えられている。

そしてもっとも気になるのは「信長が桶に挟まって」の部分であろう。これは信長が少年時代によく、天秤棒に桶を2つ提げて歩いていたことに由来する。信長は平民の遊びが好きで、とりわけ泥鰌獲りや鮒釣りを好んだ。桶狭間の戦いが起こった5月は、そうした川魚を獲るのに絶好の季節であり、毎日のように天秤棒に2つの桶を提げては川に行っていたという。つまり民謡では、川に遊びに行った信長が一休みして天秤棒を置き、その傍らで今川焼きをほおばる往年の情景を謡っているのである。また「桶に挟まって」とは、1つの桶に嵌まり込んでいるのではなく、2つの桶の間に座っているという意味である。

語源[編集]

ところで上の民謡は江戸時代に作られたものであり、これをもって桶狭間の語源とするには無理がある。長らく歴史学者たちは桶を棺桶と解釈してきた。つまり桶狭間の戦いを命名した織田方が、今川が死期に至った様子を桶に挟まれたと表現して名づけたというものである。

大々的に銃砲を使った当時としては斬新な戦闘であったが、現代の祭りではそれを再現できないため、槍や刀を使っている。豊明市桶狭間古戦場祭りの、なんとも皮肉な一場面。

ところが棺入という表現はあっても、(棺)桶に挟間れるという表現は日本語として甚だ不自然である。そこで言語学者の銀田二冬彦は専門雑誌『言語』に「桶狭間の語源についての考察」という論文を寄稿している。それによると、桶狭間は「大砲の狭間」のことであるという。狭間(ざま)とは城や大寺社の壁に穿たれた穴であり、矢や鉄砲を撃つためのものである。普通は径数センチ程度だが、大砲のための狭間は桶のように大きい。そのため桶の狭間、つまり桶狭間と呼ばれるようになったのだという。

こうした説が出されたことを受け、桶狭間の戦いの様子が再度検討された。それによると、桶狭間には大砲を用意し、田楽狭間にも鉄砲を並べ、織田方はかなり周到な準備をしていた可能性が高いとされる。つまり決して奇襲ではなく、長篠の戦い以上の大掛かりな火力戦であった可能性もあるという。

ちなみにあまり知られていないが田楽狭間のあたりに田楽坪という地名もある。これは矢を入れる「壷やなぐい」に由来し、合戦時には織田方の弓隊が並んでいたものと思われる。

周辺施設[編集]

近くには今日でもお馬さんが季節によってデットヒートしている「名古屋共和国立 一周は短いよ競馬場」がある。この競馬場は馬術に長けた織田信長を記念して造られた。名前のとおりコースはかなり短くなっているが、これも長いレースを見ていられない短気の信長を記念しての造りになっている。また平坦なコースに特徴があるが、これは馬が鉄砲玉のように真っ直ぐ走るようにとの意味合いがある。

競馬場付近は有松と言い、有松絞りが特産品となっている。絞りとは散弾銃の弾の拡散を調節する部品であり、桶狭間は今でも銃火器とゆかりの深い土地となっている。

Uncyclo letter u2.png この記事は第一回拡張王コンテストに参加しました。