桑田真澄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「無礼なこと言っちゃいかんよ。たかがホクロマンだろ」
ホクロマン について、渡辺恒雄
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桑田真澄」の項目を執筆しています。

桑田 真澄(くわた ますみ)とは、連続ドラマ小説「スターウォーズ」の登場人物。その風貌にも関わらず強力なフォースを操る。清原和博西武入団も、彼のフォースによるものである。マツイくんが目の敵。日本ではかつて星飛雄馬も在籍していた、あのナベツネが率いる東京読売巨人軍から多額の借金をした事で知られ、100万円借りる毎にマジックで顔にホクロを書かれた。ホクロの数から推定した借金総額は約20億円。弟はプロゴルファーの桑田泉。兄弟そろってオニャノコみたいな名前である。親御さんは女の子が欲しかったのかもしれない。

しかしその存在自体が架空ではないかとの説もあり、一部のニートからは「おそらくCG。間違いなくCG。そのモデルは薄汚れたホームベースに違いない」と言われている。

経歴[編集]

高校時代[編集]

清原和博とともに宇宙人最大のイベントである甲子園に1年の夏から出場。類い希な能力でダースベイダーを倒す。このときついたニックネームが、父である穴金スカイウォーカーにちなみマスミ・スカイウォーカーである。また浦安鉄筋家族の本田スカイウォーカーはこれにインスパイヤされ作り上げたキャラクターで、本家同様素晴らしい身体能力を見せる。

プロ野球時代[編集]

前半生  巨人での年季奉公[編集]

高校卒業後はプロ入り拒否をチラつかせつつ、裏で巨人に金を貸してやると甘い言葉で誘われたため入団。自身初めてプロ野球に対するツンデレを見せ付けたのも、フォースの影響に因るものだろう。なお、毎年ホクロが増えることから、国民は「ああ順調に借金を重ねているんだね」と微笑ましく見守ったものである。

しかし1995年に、投手らしからぬハッスルプレーの代償として靱帯断裂の重傷を負ってしまう。リハビリを重ねた末に1997年に復帰するも、その際にマウンドでプレートをなで回す仕草がキモかったため、その後一切放送禁止になった。そうなって改めて見てみると相当キモい顔でありエロ・グロの類であるとも言えよう。

ただ、リハビリから回復した影響は、清原へも伝播する。ところが晩年の清原は何を勘違いしたのか、リハビリを本業とし、野球を副業に位置づけたまま引退してしまうのである。

私生活では支那人の通称レイア姫と結婚させられ子供もできたりした。

晩年   球団とファンに対するツンデレ[編集]

選手としての晩年、登板機会も無いまま宙ぶらりんの待遇に珍しくバクハツ。球団との決別、ファンへの感謝を先走ってホームページで公表。日本における「最後っ屁」的ツンデレを炸裂させ、アメリカへ飛び去った。

メジャーリーグ時代[編集]

その後鬼畜米英の総本山であるメジャーリーグに殴り込み、審判と体当たりで戦うなど名勝負を見せた(この時はまたも靱帯断裂で審判の勝利)

エピソード[編集]

エピソード1
マウンドではボールに向かってぶつぶつ言う。内容はベギラマだのベホイミだの他愛の無い事が多いが、たまにルーラでいなくなってしまうので注意が必要である。
エピソード2
古武術をたしなむ。筋金入りの忍者好きで知られる桑田だが、その腕前はプロ級で分身の術を自由自在に使いこなし、ザ・タッチおすぎとピーコマナ・カナなどの分身に成功した。
エピソード3
かつて某ドームのバッティングセンターには、バーチャル桑田と対戦できるピッチングマシーンがあったが、桑田をあまりにも正確に再現したため、カミソリビーンボールを配給に含み、挑戦者はスリリングな体験ができた。
エピソード4
手術後、ボールが投げられない期間が続いたが「ボールは投げられなくても、下半身は鍛えられる」と豪語し」、「あそこでやりたい」柳沢と共に練習に明け暮れた。

関連項目[編集]