桂元澄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「桂元澄」の項目を執筆しています。

桂 元澄(かつら もとずみ)は、戦国大名毛利元就に仕えた武将。元就の家督相続から晩年まで臣従して元就を支え、毛利家の発展に貢献したのだが、当の元就からは「正直な性格が頭の悪さを相殺しているので辛うじて使える手下」という、辛辣にしても酷すぎる評価を受けている。

出自[編集]

桂氏はもともと坂氏という氏族の出で、元澄の父である広澄の代から桂氏を名乗った。広澄は桂家の嫡男であったが、わざわざ桂氏を名乗って別の家を建てた理由は、広澄が自他共に認める美男子であったため、主君毛利弘元(酒乱で有名な元就の親父)から、イケメンはそれだけで家を興す価値があると煽てられて調子に乗り、「桂男(美男子の意)」から名前を取って桂氏と名乗っている。広澄が美男子であったのは史料からも確認できる史実であり、大河ドラマでイケメンの草刈正雄が演じたのは史実に忠実な配役だったのである。

ところで、その広澄の息子の元澄も親父の美顔を遺伝したイケメンだったのかと言うと、元就から「正直な性格しかとりえが無い」と評価されていることからお察し下さいとしか言いようがない。

経歴[編集]

美男であった父親の広澄だが、最後は切腹に追い込まれた。一族の坂広秀やお友達の渡辺勝が元就を排斥して弟の相合元綱を擁立しようと謀反をたくらんだからである。広澄は全く関与していないのだが、「一族や友人が皆謀反に加担したなら、俺も連座で死ぬしかないじゃない!」と発狂して、勝手に腹を切って果ててしまった。悪い言い方をすれば自意識過剰であり、犬死としか言えない最期であった。

これで済めばまだ良かったのだが、この自意識過剰さは息子の元澄にも遺伝していたようで、元澄は弟の元忠と一緒に武装して屋敷に立てこもってしまう。謀反の気がないのに、一族が謀反に加担したから俺達もしなければならないという動機で蜂起してしまうとは、親子揃ってなんとも主体性の無い行動である。

結局、元就が必死に説得したため、元澄は武装を蜂起して元就に忠誠を誓うようになる。その時、元就の口からペラペラと垂れ流された巧言令色に感動してしまい、滂沱の涙を流しながら死ぬまで忠誠を誓いますと宣言、完全に元就に洗脳された。後に元就は元澄は正直者で脳みそ空っぽだから篭絡するの楽チンだったと餅を頬張りながら妙玖夫人の前で自慢したという。

なお、永井路子は、桂親子が切腹したり立てこもった理由に関して、「自分に瑕疵がなくとも、一族や親しい者達が謀反の首謀者になったのだから、元就は自分を絶対に許さないと判断し、恐慌状態に陥ったからではないか」と指摘し、桂親子の元就に対する恐怖心が動機だったと提唱している。信長の野望では敵将を暗殺しまくり、戦国BASARAでは兵士は捨て駒と公言する元就さんの驚きの黒さは、決してサブカルチャーにおける誇張ではなかったのだ。

その後、元澄は児玉就忠赤川元保とともに、元就にこきつかわれる毛利家の三馬鹿として身をすり減らして活躍する。一番の功績と言えば、厳島の戦いで、わざと陶晴賢に寝返ったように見せかけて晴賢を油断させたことである。晴賢を欺くことが出来たのだから、元澄はかなりの知恵者だったのではないかとも考えられるが、元澄は一字一句元就に言われたとおりにやっただけで、元就のお人形さんだったに過ぎない。ついでに言うと、陶晴賢は絵に描いたような脳筋武将だったので、簡単に引っかかってくれたというメリットもある。

評価[編集]

そんな元澄に対しての主君元就の評価が「頭は悲しいほどに悪いけど正直者なので辛うじて使える男」という評価である。自分の生んだ子供ですら四男以下をムシケラ扱いする元就さんの評価なので、これでも充分すぎるほど評価していると言えよう。さらにいえば、元就の場合、有能すぎる家臣は赤川元保のように切腹を命じられたり、本城常光井上元兼のように危険視されて粛清されることもあるので、ちょっと馬鹿なぐらいがちょうどいいのかもしれない。

子孫[編集]

明治の元勲である木戸孝允(桂小五郎)や、総理大臣桂太郎は、元澄の子孫だと言われている。しかし、木戸も桂太郎も、元澄のことはどうでも良い存在だと思っていたようで、地位のある立場にあったにも拘らず顕彰活動に銭を費やさなかった。おかげで元澄は未だにマイナー武将のままで、不細工な娘が吉川元春の嫁になったというちょっとばかし有名な出来事だけで熊谷信直にすら認知度で抜かされてしまう始末である。